2012年06月09日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、西武園記念(GV)の2日目12R・優秀競走「ギャンブルレーサー関優勝牌」のヘボヘボ予想でした。

号砲とともに、F岩津裕介がSを取ってH吉本卓仁を迎え入れる。周回中の並びは、西日本2車−関東2車−A佐藤友和−マークの中部2車−埼玉2車の順。レースは早くも青板2角(残り2周半手前)から動き、最後方からB平原康多が上昇すると、佐藤もこの動きを追走する。青板2センターで吉本が下げて平原が正攻法に収まると、今度は佐藤が上昇し吉本を抑える。さらに赤板HSで@武田豊樹が前団まで車を上げると、佐藤がイン切り気味に叩いて出ようとする。ジャン前BKから、後方に下げていた吉本が叩き返して一気に先頭に出ると、吉本は全速先行態勢へ。吉本を追走した平原は最終HSで3番手に追い上げ、下げた佐藤は4番手位置で平原番手のD池田勇人と併走する。そして武田が最終HS過ぎから早めの捲り返しに出ると、平原も併せて出ようとする。これに対応するべく岩津が平原を一発持っていったものの、平原は車体故障でズルズルと後退(岩津は斜行妨害で失格)。このもつれに乗じて佐藤がインを突っ込み吉本を交わして先頭に躍り出ると、番手マークのG岩見潤を振り切って1着となる。2着には岩見が続き、3着にはアクシデントを避けて捲り追い込んだ武田が入りました。

<結果・払戻金>
 2車単 A→G 3860円
 3連単 A→G→@ 28050円

勝負事に「たら・れば」が禁物であることは重々承知していますが、「平原の車体故障がなければ…」という方が、このレースは多かったことでしょう。しかし調子落ち・評価落ちとされていても、アクシデントで生まれた一瞬のチャンスを俊敏なダッシュでモノにした佐藤の動きは、さすがSS班のものでした。イン切り気味にジャン前で叩いて出ると、今度は中団確保のために池田と捌きあい。それでもタテに踏み込める脚が残っているのですから、まさしくSS赤パンツの威力です。今年前半は今一つ目立った活躍ができていなかったように見える佐藤ですが、結局この西武園GVでは決勝進出しました。いよいよ巻き返しの機会到来といったところでしょうか。
あと目立ったのは、先行して4着の吉本です。武田の突っ込みで3着確保とはいきませんでしたが、ラストの粘り具合はトップ級と遜色はありませんでした。決勝にも進出したように、このシリーズ、脚勢は際立っていました。次回参戦の高松宮記念杯は注目したいと思います。

さて今週の番組は、明日の和歌山FU初日・11R「A級初日特選」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。同じく明日行われる、川崎競輪場の「花月園メモリアル(GV)」最終日11R・S級決勝の見どころ&ヘボヘボ予想と合わせて、夜9時頃アップする予定です。アップが遅くなりますが、何卒ご了承下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56307370

この記事へのトラックバック