2012年05月12日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、平塚記念(GV)の3日目9〜11R「準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【9R 準決勝】
号砲とともに@芦澤大輔・A林雄一・H栗原厚司の3車が飛び出すと、外バンクから駆け下りてきた栗原が正攻法に収まり、残りの南関2車を迎え入れる。正攻法以下の並びは、南関3車−D菅田壱道−マークの関東2車−中部・近畿3車の順。赤板HSを迎えてB中村一将が上昇すると、正攻法位置のF海老根恵太は下げ、中村が正攻法へ収まる。今度はそれを追走した菅田が、ジャン前2角から叩いて前に出る。ジャンを合図に、海老根が追い出しをかけたのか、カマシ先行なのか踏み上げていくと、菅田もペースアップして先行態勢に入る。この際に後方で、栗原が林の後輪にハウスして落車。そして空いたインをすくった中村が4番手にもぐり込んで中団を確保し、海老根は7番手に下げさせられる。中村は最終BKから捲り上げると、番手のC岩見潤が千切れてしまい、ブロックに行った芦澤が番手へ切り替える形となる。結局、中村は最終3角で先頭に立つと、芦澤の追撃を振り切って1着になる。2着には芦澤、3着には最終3角8番手から捲り追い込んだ海老根が飛び込みました。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 2070円
 3連単 B→@→F 7030円

【10R 準決勝】
@五十嵐力とD坂上忠克によるS取り合戦は、坂上が制してB小嶋敬二を正攻法に迎え入れる。周回中の隊列は、中部2車−南関3車−関東2車−西日本2車の順。レースは早くも青板3角から動き、H田中誠が上昇を見せる。小嶋が車を下げ田中が正攻法へ進み、田中の動きを追走したF岸澤賢太も合わせて3番手に収まる。ジャンでは誰も仕掛けず隊列一本棒となり、5番手に位置したC上野真吾は最終HSでも仕掛ける気配を見せないまま。正攻法の田中は後方の仕掛けが無いのにしびれを切らしたのか、そのままなりゆき先行。最終1センターから上野が捲り発進すると、これに併せて岸澤も発進。岸澤は番手追走のA小橋正義が千切れるなか、最終3角で先頭に立つ。しかし上野が渾身の力を振り絞って最終4角で先頭に立つと、そのまま後続を振り切って1着になる。上野後位を追走した五十嵐と、捲りきってから粘った岸澤が、長い長い写真判定の末、2着同着となる。

<結果・払戻金>
 2車単 C→@ 3860円  C→F 24110円
 3連単 C→@→F 52060円  C→F→@ 121050円

【11R 準決勝】
A武田豊樹が自らSを取り、そのまま正攻法に。周回中の隊列は、関東3車−@鈴木謙太郎−マークのC富永益生−神奈川2車−西日本2車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、G佐藤龍二が上昇を見せると、鈴木もこれを阻まんと併せて上昇。ジャン前BKで佐藤がハナを切ると、車間が開きながらも3番手位置を追走していたH園田匠が追い付くも、園田後位のE吉松直人が切れ、4番手位置に鈴木がはまりこむ。佐藤がジャン前からメイチの先行でタテ長の展開に。7番手位置に控えていた武田は、最終HS手前の4角から早めに捲り上げていく。そして最終2角で佐藤後位のB松坂洋平がイン番手捲りを放つも、武田は最終3角手前で松坂を捉えて先頭へ。ライン3番手のD佐藤悦夫まで出切ると、あとは武田が押し切るか、番手のF平原康多が差すのかが焦点に。結局武田が押し切って、関東ライン上位独占となった。

<結果・払戻金>
 2車単 A→F 340円
 3連単 A→F→D 1200円

準決勝3箇レースで、9Rの海老根、11Rの武田が結果を残した一方で、10Rの小嶋は「お約束の」8番手追走で何もできず、波乱の片棒を担ぐ結果となりました。
9Rは、海老根のジャンでの動きが中途半端で、カマシ先行も中団取りもできず、結局中村に有利な流れとなりました。最終BKから捲った中村のスピードは、自分のタイミングで捲っていることもあって、カカリも良かったように見えました。すかさず切り替えた芦澤もさすがでしたし、3着を確保した海老根の捲り追い込みも好回転でした。力上位の決着は納得でしたが、やはり海老根の動きが釈然としませんでした。
10Rは、岸澤・上野の頭脳プレーが波乱を呼びました。イン切り気味に前に出た田中が、しきりに後方の仕掛けを気にしていましたが、中団確保で岸澤も上野も、小嶋がスパートする前に先捲りを打つ作戦に切り替えました。岸澤の併せて出たタイミングもバッチリでしたが、それにもかかわらずさらに捲りきった上野の強さが目立ちました。小嶋の負け様には、コメントする言葉がありません…。
11Rは、佐藤が果敢に先行して「横綱」武田に挑んでいきましたが、それを力ではね返すところが「横綱」たるゆえんです。ほぼ1周1/4の長距離モガキで、平原も差し込みにいったにもかかわらず、その平原を全く寄せ付けませんでした。落車明け直後とは思えない動きでした。ただ決勝戦で五十嵐と絡んで落車したのが、若干気になります。この先も全プロ・別府GVと中数日で続き、西武園GV・高松宮記念杯も中およそ10日ペース。落車が続き、あっせんが過密になることで、体のバランスが崩れないか少し心配なところもあります。

さて今週の番組は、明日の前橋・全プロ記念競輪最終日の11R「スーパープロピストレーサー賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、午後8時半頃の予定です。
そして番組内容や予想・結果などについて、ご意見・ご感想などコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。お待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55771928

この記事へのトラックバック