2012年04月28日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、武雄記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。
号砲で一旦C牛山貴広が飛び出すも、A藤木裕が外を踏み上げてSを奪う。周回中の並びは、正攻法から藤木−マークのF内藤宣彦−茨栃3車−九州2車−埼京2車の順。青板2角から早くもB岡田征陽が上昇を見せると、九州ラインもこれに乗っかっていく。これを見て藤木が車を下げると、赤板HSで岡田が正攻法位置に入れ替わる。そして牛山は九州ライン後方に乗り換え、下げた藤木を抑え込む。ジャン前2角でD井上昌己が岡田を叩いて前に出ると、今度は牛山が一気に加速し、ジャン先行に入る。このタイミングで藤木が叩き返そうと外から踏み込んで行くも、牛山がさらにペースアップして出ていけず、藤木は6番手外で岡田と併走。最終1角、4番手位置から井上が捲り発進すると、藤木も追いかける形で発進。すると井上番手の@荒井崇博がやや踏み遅れ、藤木が追い上げマークの形で井上の番手にはまりこむ。井上は牛山番手のH宗景祐樹のブロックをかいくぐり、最終3角で先頭に立つ。藤木の動きに合わせて岡田−G尾崎剛も捲り上げる。直線に入って藤木が早めの差しに構えると、追撃する岡田を振りきり、嬉しい記念初優勝のVゴールを駆け抜ける。2着には岡田、3着には尾崎が流れ込みました。

<結果・払戻金>
 2車単 A→B 2650円
 3連単 A→B→G 17400円

先行の可能性高しと思われていた藤木が、見事な追い込みで記念初Vを決めました。牛山に先行を許し、ジャン過ぎで外に浮いてしまう絶体絶命の大ピンチも、最終HSからの早めの巻き返しが功を奏して、追い上げマークのような格好になりました。あとは井上の捲りを追走して、岡田の捲り追い込みにもしっかり対応できていました。レース後、練習仲間の村上博幸に「色々教えてもらっているのが、レースに生かされた」と感謝のコメントをしていました。村上博が追い込みに完全シフトする寸前、パワー自力だけではなく、今回のような器用な捌きを見せていましたが、アドバイスが効いたのでしょう。急所でもこういった捌きができるということがアピールできただけでも、今回の優勝は大きかったと思います。

さて今週の番組は、明日の「第28回共同通信社杯(GU)」準決勝の注目選手ピックアップをお送りします。そして当ブログへの9〜11R・準決勝3箇レースの見どころ&ヘボヘボ予想のアップは夜9時頃の予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55447307

この記事へのトラックバック