2012年03月17日

3/18 玉野記念GV・12R優秀競走「ももたろう賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(18日)和歌山競輪場で場外発売が行われる玉野記念(GV)の2日目12R・優秀競走「ももたろう賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●玉野記念GV・2日目

※明日は11Rで「ルーキーチャンピオンレース」が行われるため、S級優秀は12Rで行われます。前売り車券購入・電話投票の際は十分ご注意下さい。

《第12R S級優秀「ももたろう賞」》

本線 穴
◎   1 村上義弘(京都)
  ☆ 2 岩津裕介(岡山)
○ ◎ 3 海老根恵太(千葉)
    4 三宅 伸(岡山)
▲   5 南 修二(大阪)
  × 6 新田康仁(静岡)
☆ ○ 7 園田 匠(福岡)
    8 濱口高彰(岐阜)
× ▲ 9 佐々木則幸(高知)

並び ←@58 F H24 B6
※玉野競輪HPによる

好調選手が軒並み勝ち上がったが、叩き付けられた挑戦状を「魂の走り」が粉砕するか?
並びはほぼ想定された通り。ただ岡山勢の前後は、C三宅が「岩津の後ろ」とコメントし、番手を譲った形となった。F園田は「単騎で勝つレース」と話した。展開は、村上・佐々木のいずれかがハナを切る形になるだろうが、こういったメンバー構成の場合、先行意欲は何といっても@村上の方が高いだろう。そして村上が最終主導権を奪えば、かなりの確率で車券に絡んでくることを考えれば、当然、村上を本命視することになる。前回熊本ダービー決勝では最終2角4番手からの捲り発進だったが、岡田征に合わせられて万事休す。それまでの動きが良かっただけに、残念な結果に終わった。しかし今日の初日特選では、松川の打鍾ガマシを見事な捲りでねじ伏せた。明日はD南のガードを受けて、先行・捲り問わず持ち味全開の走りを見せてくれるだろう。
対抗・穴軸はB海老根を推す。前回熊本ダービーは、E・3・6・3と可もなく不可もなくといった着状況。ただ3場所前の西武園FTでは、メンバーが格落ちということもあって、A・1・@と十分主力級であるところを見せた。今日の初日特選は、最終BK7番手という絶体絶命の位置からの捲り追い込みで、なんとか2着に突っ込んだ。明日も佐々木が捲りに回れば、ワンチャンスにかける形になるが、今日と同様に切れ味鋭いスピードを見せればアタマ勝負まであるか。
村上番手から猛追のD南、切れ目から捲り追い込むF園田、パンチ力はメンバー中随一のH佐々木も主力勢との差はなく、ゴール前は玉野バンク名物の“横一線勝負”となるか。

<本線予想> 1=3 1=5 1→9 1→7
<穴予想> 3=7 3=9 3→6 3→2

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54495886

この記事へのトラックバック