2012年03月18日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 さよなら観音寺(そのC・最終回)

わたくし山本が直近に遠征した全国の競輪場を紹介する「山本ディレクターの自腹出張日記」。去る3月7日(水)に最後の本場レースが行われた香川県の観音寺競輪場への「自腹出張」リポート。今回が最終回です。

S級決勝戦の一つ前の11R「S級特選」には、地元香川県の選手3人がラインを組んでのレース。特に前日の準決勝で敗退して優出を逃した、観音寺がホームバンクの大西祐には、ひときわ大きな声援が。私も「オマエのためのレースやぞ! 大西、頑張れよ!」と、脚見せの段階から大声を張り上げました。
レースは、最終HS7番手から大西が捲り返すも、柴田竜史(静岡・96期)や大谷靖茂(愛知・93期)に併され最終3角で失速。大西後位の網谷竜次(香川・91期)が内に切り込み、直線伸びて1着になり、何とか地元勢が格好を付けた形になりました。
地元選手1着のグッズ投げ入れには、ラインの3選手に、そのレースの先頭誘導員を務めた船曳義之(香川・83期)も加わって、賑やかに行われました。

11R出走地元選手らによるグッズ投げ入れ

左からE近藤誠二(香川・80期)、H大西祐(香川・91期)、1着になった@網谷竜次(香川・91期)、一人おいて先頭誘導員を務めた船曳義之(香川・83期)の各選手

そして、いよいよ本場開催の“真の最終レース”、12R「S級決勝」が発走しました。レースは、大阪ラインが前受けするところを、松岡孔明(熊本・91期)が赤板HSから上昇して抑えます。そして最後のジャンが鳴り響く中、最終HSから踏み込んで先行勝負を挑んだのが松尾淳(岐阜・77期)。菊谷信一(大阪・90期)も早めに捲り返し、最終3コーナーで松尾の横まで来るも、そこで失速。結局、松尾が堂々の逃げ切りでVゴールを駆け抜け、「観音寺最後のウイナー」となりました。

S級優勝・松尾淳選手へのインタビュー

優勝インタビューに答える松尾選手

表彰式で松尾選手は「最近スランプが続いたが、それでも温かく見守ってくれた家族に感謝します」と涙ながらに話すと、観音寺最後のレースにひとつの隠されたドラマがあったことに、私も目頭が熱くなりました。

吉田実杯を受ける松尾選手

吉田実杯を受ける松尾選手

吉田実杯を吉田さん本人から渡されると、松尾選手は晴れやかな笑顔を見せていました。

そして表彰式の最後には、白川晴司・観音寺市長が挨拶しました。

挨拶する白川晴司・観音寺市長

挨拶する白川晴司・観音寺市長

白川市長は「忸怩たる思いで、廃止は苦渋の決断だった。批判があるのは承知しているが、地方の弱小競輪場が収益を上げていくのは、今の中央の方針では難しいのをご理解頂きたい」と述べました。
場内のファンからは「なんでやめるんや!」というヤジが飛び、挨拶の終わりで拍手する地元のファンに対して、関東方面から来たと思しき別のファンが「バカ野郎! 拍手なんかするんじゃねーよ!」と声を荒げる一幕もありましたが、セレモニーは総じて平穏に終了しました。

もうこれで、このバンクではレースが行われないのかと思うと、何ともいえない切ない気持ちになりました。それは、観音寺バンクで最終レースを観戦し、表彰式に立ち会った私以外の競輪ファンも同じことが言えるでしょう。3月30日まで場外発売が行われ、4月5日からは東スタンド(特観席)が「サテライト観音寺」として引き続き利用(車券発売)されるからか、場内のファンは淡々とレースを観戦しているように見えました。
しかし、その場所で競輪のレースが62年間開催されたという歴史と地域文化が、その時点で終焉の時を迎えたという確固たる事実は、決して消し去ることはできません。競輪ファン一人ひとりの記憶に観音寺バンクが永遠に残っていくことを願って、観音寺をあとにしました。

でも2日間トータルで10万円オーバーの負けは、やっぱり痛い!!

これは「観音寺へリベンジに行け!」という、やっぱり神の思し召しか?(大バカ!) 3月25日(日)に開かれる「さよならファン感謝デー」に行って、香典車券の払い戻しでもうひと勝負して来いということなんだろうと、帰りの南海フェリーの中で確信しました(ホンマ、大バカ!)。

さて観音寺を離れる際に、競輪仲間と「どうせここまで来たんやったら、やっぱり讃岐うどん食って行かな、もったいないわなぁ」という話が出てきました。ところが讃岐うどんの店って、営業は朝早くからせいぜい夕方前までで、うどん玉売り切れ次第閉店、という店がほとんど。
それでも「行くだけ行ってみよう」という結論が出て、今話題の「たべ○ぐ」携帯版で調べて向かったのが、坂出市役所北隣の「家康」というお店。PM7時閉店の案内で、店に着いたのがPM6時45分頃。ご主人が「もう今日はカンバン(閉店)にしようと思ってたんよ」と言うのに(当たり前だ!)、「じゃあ、のれんはしまっておくけど、ゆっくりしていってね」と無理を聞いて下さいました。大将、ありがとうございます!

坂出市役所脇「家康」のわかめうどん(2つ玉) かき揚げ&ちくわ天トッピング

「家康」のわかめうどん&かき揚げ&ちくわ天(食べている途中の写真で失礼!)

私はわかめうどん大(2コ玉)をオーダー。トッピングはかき揚げとちくわ天。コシが強くて、モチモチ感のある麺に感激。しかもご主人が「売れ残りのおかず小鉢、サービスしとくんで全部食べてって」という更に嬉しいお言葉。カボチャ煮や高野豆腐を頂きましたが、「おふくろの味」でホンマおいしかったです。ありがとうございました。「高松記念とかで来るようなことがあれば、今度はもっと早い時間に来ます」とご主人にお礼を言って、店をあとにしました。

ちなみに「手打ちうどん 家康」のHPがあります。こちらからご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.j-tradenet.com/ieyasu/


★プレゼントのおしらせ

「自腹出張日記 さよなら観音寺」篇を、最後までご覧頂きありがとうございました。ここで、観音寺土産をブログ愛読者の中から抽選で各1名、計3名にプレゼントします。

@さよなら観音寺競輪場記念Tシャツ(松尾淳選手のサイン入り)& 3/7当日の出走表
松尾淳選手直筆サイン入り 観音寺競輪さよなら記念Tシャツ(2Lサイズ)

観音寺「最後のウイナー」となった松尾淳選手の直筆サインが入った、観音寺競輪場さよなら記念Tシャツです。なおサイズは2Lです。3/7当日の出走表現物とセットでのプレゼントです。

Aさよなら観音寺競輪場記念Tシャツ(サイン無し)& 3/7当日の出走表
観音寺競輪さよなら記念Tシャツ(サイン無し、Mサイズ)

デザイン違いの「観音寺競輪場さよなら記念Tシャツ」です。サイズはMです。こちらも3/7当日の出走表現物とセットでプレゼントします。

B「銭形くん」スポーツタオル& 3/7当日の出走表
銭形くんスポーツタオル&最終日出走表

「銭形くん」がプリントされたスポーツタオルと、3/7当日の出走表現物(写真は3枚ですがプレゼントは1枚)をセットでプレゼントします。

【必要事項】
○希望賞品番号
○住所・氏名・年齢・電話番号
○番組「夕暮れわかちゃんCLUB」や当ブログに対するご意見・ご感想

【宛先】
○ハガキ…〒640−8577(住所不要)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係
○メール… keirin@wbs.co.jp (件名に「ブログプレゼント希望」と必ず記入)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係

【〆切】平成24年4月27日(金)必着

なお当選発表は、賞品の発送をもって代えさせて頂きます。皆様からのたくさんのご応募、お待ちしております。
posted by wbs at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54473981

この記事へのトラックバック