2012年03月10日

3/11 松山記念GV・11R優秀競走「マドンナカップ」 予想

今週のブログ予想は、あす(11日)和歌山競輪場で場外発売が行われる松山記念(GV)の2日目11R・優秀競走「マドンナカップ」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●松山記念GV・2日目

《第11R S級優秀「マドンナカップ」》

本線 穴
☆ ◎ 1 小野俊之(大分)
▲   2 浅井康太(三重)
  ○ 3 佐藤友和(岩手)
  ☆ 4 西川親幸(熊本)
◎ × 5 小嶋敬二(石川)
    6 渡辺十夢(福井)
○   7 加藤慎平(岐阜)
    8 伊藤正樹(愛知)
× ▲ 9 稲垣裕之(京都)

並び ←AD78 H6 B14
※「KEIRIN.JP」前日開催情報による

ラインは変則3分戦。自力型が思い切って駆けると、そのまま決まりそうな構成だ。
中部勢の並びに注目が集まったが、D小嶋が「浅井の後ろ」とコメントしたことで、中部が一本にまとまることになった。九州勢は@小野が「佐藤マーク」を宣言して南北連携。4車対3車対2車の変則3分戦だ。
自力型は、いずれも捲りを得意とするタイプ。従って展開は、ギリギリまで相撲のごとく「見合って見合って」の状態になるだろうが、ライン構成の長さを活かしたA浅井が先行勝負を挑んでくるか。そして浅井の先制が決まれば、番手で有利にレースを運ぶD小嶋の出番と見て、小嶋を本命視する。前回の熊本ダービー決勝では、見せ場こそあったものの7着に終わり、結果には結びつけられなかった。しかし今日の初日特選では、上がり11秒5の切れ味鋭い捲りを繰り出して、貫禄の1着。明日は“苦手な”番手戦ではあるが、B佐藤に競りかけられる可能性はあるものの、ほぼ無風で回れる公算が大きく、連勝濃厚と見たい。対抗は3番手回りから伸びるF加藤に期待。腰痛持ちという、ある意味ハンディを抱えた加藤ではあるが、近歴は「腰痛は出ていない」という自己申告の通りなのか、GV・FTでは優参連発だ。前回ダービーは二予敗退だったが動きは悪くなく、今日の初日特選は、浅井康の捲りをしっかり追走して差し切ったのはさすがだ。明日は中部3番手から、早目のスパートでアタマ勝負まで突っ込んでくるか。
穴軸は@小野を指名。近歴は、昨秋の共同杯Vの勢いを駆って、FT戦では連続優参。しかし前回熊本ダービーでは準決まで進出したものの、準決では持ち味を活かせずに敗退した。今回は西勢の自力型に苦労することはないが、明日は前を任せる佐藤友頼みとなる分、信頼性にやや難があるが、ワンチャンスをものにして好配演出となるか。カマシ先行で逃げ切り狙うA浅井やH稲垣、総力戦のB佐藤も決して侮れない。

<本線予想> 5=7 5=2 5→9 5→1
<穴予想> 1=3 1=9 1→5 1→4

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54382869

この記事へのトラックバック