2012年02月25日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山競輪FU開催・初日11R「A級初日特選」と、久留米記念(GV)2日目11R・優秀競走「B級グルメの聖地久留米賞」のWヘボヘボ予想でした。

【和歌山FU初日11R・A級初日特選】
@市本隆司が枠順を活かしてSを取り、正攻法位置に収まる。周回中の並びは、瀬戸内2車−福井2車−中部2車−単騎のH山本貴喜−九州2車の順。青板3角からG佐々木翔一が踏み上げて、ジャン前でハナを切る流れ。ジャンを迎えると、佐々木は流しながらもそのまま先行体勢に。最終HSで最後尾を嫌った山本が7番手位置に追い上げるが、後方からの仕掛けは見られず隊列は一本棒のまま。佐々木が快調に飛ばす中、最終2角8番手からF小堺浩二が捲り上げるも、マークのB滝川秀嗣が千切れてしまい、中団まで上がって来たところで、今度は3番手から@市本隆司が併せて後捲り発進。結局、市本がそのまま前団を捉えて1着、市本マークのE上田学が続いて2着、上田後位から流れ込んだA鷲田幸司が3着にそれぞれ入りました。

<結果・払戻金>
 2車単 @→E 1290円
 3連単 @→E→A 6720円

【久留米GV2日目11R・S級優秀「B級グルメの聖地久留米賞」】
号砲とともに@浅井康太・A小倉竜二・C加倉正義の3車が飛び出しS争いとなるが、枠順を活かした浅井がSを取る。正攻法からの並びは、中部・近畿3車−77期コンビ2車−関東2車−福岡2車の順。赤板HS進入でG紫原政文が上昇してインを切る。この動きにB小林大介が追走し、ジャン前で小倉も上昇したため、浅井は7番手まで車を下げる。紫原が最終HS手前まで誘導を使って先行体勢に入ると、浅井がカマシ先行に出て、小林も自らブロックしながら出て行こうとする。この主導権争いは浅井に軍配が上がるも、ライン3番手のF東口善朋がけん制のあおりで離れてしまい、小林が3番手位置に収まる。浅井の番手を回ったD村上博幸が、やや車間を空けながら後方の動きをけん制すると、最終BKから自力発動で捲り上げてきた小倉の動きを見て早目の差しに構える。結局、村上が後方からの追撃を振り切り1着に入る。2着には村上後位から伸びた小林が流れ込み、逃げ粘った浅井が3着を確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 D→B 4870円
 3連単 D→B→@ 17440円

和歌山FU・初日特選は3番手を確保した市本に流れが向きました。市本の一瞬の切れ味に分があったと言って良いでしょう。オッズは割れ加減でしたが、上位人気を背負った小堺は、道中、位置取りの動きや仕掛けがなく、8番手位置のまま。これでは勝ち目はありません。初日特選ゆえの油断だったのでしょうか?
久留米GV・優秀競走は、出入りの激しいレースとなりましたが、番手無風で回った村上に軍配が上がりました。ただ、浅井が見せたカマシ先行の威力が光っていました。小林のブロックを受けながらも、しっかりハナを切って自らも3着に粘る。さすがと言うほかありません。紫原の先行、小倉の捲り上げも、イザとなれば自力発動できるところをアピールできていました。その一方で、東口や長塚が勝負所で千切れて戦線離脱してしまったのは残念でした。

さて今週の番組は、明日の小田原「花月園メモリアル」GV・決勝戦の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは、併売場外が行われます岸和田FT2日目・10〜12「S級準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想と合わせて、夜9時頃になる予定です。いつも予定より遅くなりまして申し訳ありませんが、どうぞご容赦ください。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54084793

この記事へのトラックバック