2012年01月21日

1/22 いわき平記念GV・11R「いわき市復興レース」、12R・S級優秀「いわき海竜賞」予想

今週のブログ予想は、あす(22日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、いわき平記念(GV)2日目の11R「いわき市復興レース」、12R優秀競走「いわき海竜賞」のWヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】
●いわき平記念(GV)・2日目

※明日は11Rで「いわき市復興レース」が行われるため、S級優秀は12Rで行われます。前売り車券購入・電話投票の際は十分ご注意下さい。

《第11R S級「いわき市復興レース」》

本線 穴
○   1 山崎芳仁(福島)
  ○ 2 園田 匠(福岡)
◎ × 3 小嶋敬二(石川)
☆   4 坂上樹大(石川)
  ▲ 5 飯嶋則之(栃木)
    6 谷津田将吾(福島)
× ◎ 7 木暮安由(群馬)
  ☆ 8 坂本亮馬(福岡)
▲   9 岡部芳幸(福島)

想定並び ←@96 GA B4 F5
※あくまでも想定ですので、並びは明日のスポーツ紙・専門紙・選手紹介などでご確認下さい。

被災地・いわきの再興を願って、輪界トップが激突。地元勢有利だが、波乱の目も。
ライン構成は4分戦だろう。地元福島勢は@山崎が前回りでH岡部が番手、E谷津田が3番手になりそう。福岡両者もG坂本が自力宣言すると見た。石川勢、関東2車はいつもの並びだろう。展開としては、@山崎やF木暮のカマシ先行も考えられるが、直線の長い当地だけに無理駆けはかえって墓穴を掘るか。ならば昨秋以来の好調を維持しているB小嶋を本命視したい。前回は年末年始の千葉FTだったが、厳しいレースの連続も、3連勝の完全Vで2012年のスタートを飾った。その前は昨年末の広島GVで優勝と絶好調だ。明日は直線が長く、やや重さの残るいわきバンクだけに仕掛けどころは難しいだろうが、持ち前のパワー全開でゴール勝負までもってくると見たい。対抗は、地元の意地を見せる@山崎。前回の和歌山グランプリは、準決で“お約束の8番手”で捲り不発に終わった。しかも最終日の特選では、地元・椎木尾に飛び付かれるという危ういレース運びだった。競輪GPをはじめ、一発勝負での山崎は結果が今一つ。ただ今回は、オールスター優勝を飾ったこともある走り慣れた地元バンクが舞台。自分のタイミングで駆けられれば、あとはVゴールへ突き進むのみだ。
迷った穴軸はF木暮を指名。前回和歌山記念では準決で果敢に先行も、浅井康に捲りを喰らい、差のある4着敗退を喫した。ただ翌日の特別優秀戦では、強風の中、川村晃の先行を捲り追い込んで2着と健闘した。明日は飯嶋を連れてのライン2車でカマシ先行策も考えられるが、持ち前のダッシュを活かして捲り追い込めば、直線の長さも味方するか。山崎の番手から直線勝負にかけるH岡部、木暮後位から突っ込むD飯嶋、混戦を待って直線突き抜けるG坂本−A園田の福岡コンビも差はない。

<本線予想> 3=1 3=9 3→7 3→4
<穴予想> 7=2 7=5 7→3 7→8

《第12R S級優秀「いわき海竜賞」》

本線 穴
▲ ▲ 1 成田和也(福島)
○ ○ 2 武田豊樹(茨城)
× ◎ 3 三宅達也(岡山)
    4 藤原憲征(新潟)
◎ ☆ 5 伏見俊昭(福島)
    6 武井大介(千葉)
    7 永澤 剛(青森)
  × 8 紫原政文(福岡)
☆   9 山口貴弘(栃木)

想定並び ←F51 6 A94 B8
※あくまでも想定ですので、並びは明日のスポーツ紙・専門紙・選手紹介などでご確認下さい。

こちらも地元勢が有利にレースを運ぶが、他派も黙ってはいない。G前は大混戦か。
ライン構成は3分戦。北日本はD伏見が永澤のハコを主張して、いつもの並びに収まるだろう。関東・西日本も想定通りか。動向が注目されるE武井は北の4番手か単騎回りの二者択一だろう。展開はF永澤が先手を取ってA武田とB三宅が捲り上げるという流れか。永澤がスンナリ主導権を奪えば、番手から余裕で抜け出すD伏見が有利と見て、本命の◎印を付けたい。前回和歌山記念では、準決で山崎芳と共倒れに終わった伏見だったが、最終日特選では早坂秀の先行を活かし、後方の動きもしっかりけん制して差し切った。今日の初日特選では、鈴木謙の捲り不発という厳しい展開から2着まで突っ込んできたが、WGP後に沖縄で合宿を行って体調も万全に整えた成果が現れていると見たい。明日は永澤を巧みに操縦して、地元ファンの前で、速さと巧さを兼ね備えた伏見本来の走りを披露するか。対抗はA武田。前回WGPで準優勝だけに、本命でも構わない武田だが、北日本の積極策の前に多少キツイ展開を強いられると見て、“あえて”評価を下げた。ただ中団確保の流れなら、タイミングを見計らっての一発捲りだし、永澤が出渋るようならカマシ先行も考えられる。どちらになっても持ち味を活かした剛脚で、首位争いを演じてくれるはずだ。
穴軸はB三宅を指名。前回の前橋FTでは、決勝で内側追い抜きによる痛恨の1着失格を喰らったが、調子そのものは全く問題なし。今日の初日特選も、鈴木謙を赤板過ぎから抑えてのジャン先行で3着と粘り込んだ。明日はライン2車だけに先行は厳しいだろうが、中団確保からの先捲りや、最終3角以降で混戦になった際の直線強襲などで活路を見出すか。車券に絡めば高配必至なだけに注意しておきたい。北の3番手から切れ味鋭い差し脚を繰り出す@成田、支線の番手ではあるが混戦から伸びるH山口・G紫原にも食指が伸びる。

<本線予想> 5=2 5=1 5→3 5→9
<穴予想> 3=2 3=1 3→8 3→5

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53223270

この記事へのトラックバック