2012年01月08日

1/9 「和歌山グランプリ」(GV)2日目11R・優秀競走「熊野古道賞」 予想

今日は、「和歌山グランプリ」ブログ予想4連戦の第2弾の臨時号として、あす(9日)2日目の11R・優秀競走「熊野古道賞」のヘボヘボ予想をお送りします。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】
●和歌山グランプリ(GV)・2日目

《第11R S級優秀「熊野古道賞」》

本線 穴
▲ ◎ 1 浅井康太(三重)
  × 2 合志正臣(熊本)
◎   3 兵藤一也(群馬)
  ☆ 4 鈴木 誠(千葉)
○ ▲ 5 市田佳寿浩(福井)
  ○ 6 五十嵐力(神奈)
×   7 木暮安由(群馬)
    8 有賀高士(石川)
☆   9 十文字貴信(茨城)

並び ←E4 52 @8 F39
(山本Dの現地取材と和歌山競輪HPによる)

初日特選3箇レースはいずれも波乱。優秀競走は徹底先行不在で、混戦の様相だ。
コメントから想定されるラインは、各地区ごとにスンナリ分かれそうな感じだが、A合志が「D市田さんへ」としたことで、4分戦になりそうだ。
展開は、ラインの先頭がいずれも徹底先行ではなく、捲りに持ち込みたいと思っている選手ばかりだ。その中でもライン3車のF木暮が腹を括ってカマシ気味にハナを切り、@浅井やD市田、E五十嵐が捲り合戦になりそうな流れか。勝ち上がりに関係のない優秀戦の傾向として、メチャメチャな流れになるか、スンナリ一本棒となるか、2つに1つと見たい。明日は後者になると見て、木暮番手から伸びるB兵藤を本命視する。今日の初日特選は、木暮の捲りを追走すると、ゴール前で捉えて差し切った。前回競輪祭では、初日特選での落車が尾を引いたのか、準決敗退でSS班から陥落。その後の広島GVを欠場して、新年初戦の今回に備えたことが、今日の差し切りにつながったか。明日も木暮の仕掛けに乗って今日の再現といきたいところだ。対抗はD市田。前検日では「SS班陥落で、色々考えさせられたこともあった」と率直に2011年を反省していた。ただSS班落ちが決まってからの伊東温泉・佐世保のGVは、いずれも優参。伊東の決勝では厳しい展開にもかかわらず2着に突っ込んで見せた。今日の初日特選では2着に終わったものの、脇本雄の先行を受けてしっかり番手の仕事をこなした。明日は自力戦となるが、切れ目からの一発捲りでアタマまで突っ込んでくるか。
穴にならない穴軸は@浅井を指名。前検日の取材では、GP11の敗戦はあまり気にしておらず、普段通りのひょうひょうとした感じが印象的だった。今日の初日特選は、捲った感じは重く見えたが、合志正から再三のブロックを受けながらも3着を確保したところに、SS班の意地と力強さを感じた。明日もG有賀を従えての自力戦だが、タイミング良く仕掛ければ、中部ワンツーも十分。一瞬の切れ味でチャンスをつかむE五十嵐、逃げ粘るF木暮、混戦に強いA合志・H十文字・C鈴木にも妙味がある。

<本線予想> 3=5 3=1 3→7 3→9
<穴予想> 1=6 1=5 1→2 1→4

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53012858

この記事へのトラックバック