2011年12月24日

12/25 佐世保記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(25日)和歌山競輪場で場外発売が行われる佐世保記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】
●佐世保記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
◎ × 1 井上昌己(長崎)
▲ ▲ 2 市田佳寿浩(福井)
× ◎ 3 菊地圭尚(北海)
☆   4 梶應弘樹(愛媛)
  ☆ 5 桐山敬太郎(神奈)
    6 篠原 忍(愛知)
○   7 坂本亮馬(福岡)
    8 内藤秀久(神奈)
  ○ 9 坂上忠克(石川)

想定並び ←F14 E9 2 D8 B
※あくまでも想定ですので、並びは明日のスポーツ紙・専門紙・選手紹介でご確認下さい。

地元勢がリードだが、他派も強力。X’masプレゼント車券をもたらすのは誰だ?
ラインは3分戦+単騎2人を想定した。今日の準決で上位独占した九州・西日本勢と中部勢は、そのままの並びだろう。南関はD桐山が前回りで、B菊地は南関3番手付かず離れずか単騎を選択すると予想されるし、A市田はハナから単騎回りとなるだろう。展開はライン2車でもE篠原が果敢に飛ばして行くだろう。あとは「3番手を誰が確保するか?」「先に捲り上げるのは誰か?」が焦点になる。今日の準決と同様F坂本が捲り上げると、最後は地元の意地で@井上が差すと見て、井上を本命視する。4場所前の当地FTでは@・1・@の完全優勝を決めたが、あくまでもFT戦。その後は大垣GVで準決敗退・最終日欠場、競輪祭では二予敗退と良い所が全く無かった。今節は地元の気合いで初日特選は捲り追い込みで1着、今日の準決でも坂本亮の早目の捲り返しを追走してゴール前きっちり差し切った。明日もメンバー的には今日の再現も十分アリだろう。対抗はそのF坂本。6月前橋・高松宮記念杯で落車後は、今年後半は9月取手代替・松戸GVで優参しただけで本来の亮馬らしさは見られなかった。ただ今節に入ってからは尻上がりに上昇中だ。初日特選こそ4着に終わったがHBを取る積極的なもの。二予・準決は捲って2着と流れも良い。SS班奪回の来年につなげるためにも、明日は必勝態勢だ。
穴軸はB菊地を指名。3場所前の静岡GVでは、積極的なレース運びで僚友・明田春のGV初Vに貢献した。今節も@着・B着・2着と近歴の好調ぶりを証明するかのような結果を残している。明日は南関3番手または単騎で自在勝負になるだろうが、むしろ単騎で気楽に走る方が結果につながると見たい。E篠原先行を受けて番手から伸びるH坂上、切れ目からの伸び勝負なら負けないA市田、先捲りや自在捌きから突っ込むD桐山あたりも要注意だ。

<本線予想> 1=7 1=2 1→3 1→4
<穴予想> 3=9 3=2 3→1 3→5

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52364842

この記事へのトラックバック