2011年12月17日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、伊東温泉記念(GV)の2日目11R・優秀競走「いで湯賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲と同時に飛び出した@渡邉一成がSを取り正攻法に付ける。周回中の位置取りは、北日本2車−単騎のF大塚健一郎−東日本3車−近畿・中部3車の順。青板2角過ぎからB川村晃司が上昇し、渡邉一を抑えようとするが、渡邉一はスンナリ下げる。ただ大塚は、川村ラインの4番手に切り替える。赤板HS(残り2周)を迎えると、今度はG小林大介が上昇。小林はイン切り気味にハナを切って一瞬ピッチを緩めたところを、渡邉一が再度カマシ気味に叩いて先頭へ。下げた小林は難なく3番手を確保し、最後方を嫌った大塚がインをすくって再度上昇し、小林ラインに続く形を取る。ジャンから渡邉一は全速先行で、隊列は一本棒。そこを川村が最終HS手前から巻き返しに出るものの、小林番手のA渡邉晴智に大きくブロックされると外に膨らみ失速。最終2角3番手位置から小林が捲り発進すると、好回転で前団に迫る。結局、小林が渡邉一番手のD内藤宣彦のブロックをかいくぐり、そのままゴールを駆け抜け1着になる。2着には最終BKから内をすくって突っ込んだ大塚が入り、小林番手の渡邉晴が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 G→F 17540円
 3連単 G→F→A 52880円

実力拮抗の3つのラインに単騎の大塚が加わって、目まぐるしく展開が変わる激しいレースでしたが、穴候補筆頭で3番手を確保して突っ込んだ小林の巧さが目立ちました。
GTでも十分勝ち負けできる脚力を持つ小林ですが、飛び付きなどの奥の手を使わず、タテの脚でアタマを取った良いレースを見せました。力はある訳ですから、いつまでも穴候補ではなく、Gレース戦線の主役級に上がってくるよう、今後とも期待をかけたいと思います。
2着の大塚は、さすがSS班というレースでした。持ち味のタテ脚を活かしつつ、直線で捌きながら突っ込んできたのは、大塚の面目躍如といったところでしょうか。切り替えの連続で脚を使っているように見えながらも、ラストの伸びは素晴らしく、個人上がりタイム9秒6はレース中トップタイ。つくづく、SS班陥落がもったいなく感じます。無事に走り続けることができれば、またチャンスは巡ってくることでしょう。SS班復活の大塚を楽しみに待ちたいと思います。

さて今週の番組は、明日の広島記念・最終日「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、午後8時半頃の予定です。
そしていつもお願いしていますが、番組内容や予想・結果などについて、ご意見・ご感想などコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52026309

この記事へのトラックバック