2011年12月08日

「わかちゃんファンCLUB会報」連動企画 椎木尾拓哉選手インタビュー その@

デビュー3年半で初のS級昇格を決め、現在奮闘中の地元和歌山・椎木尾拓哉選手(93期)へのインタビューを、去る9月24日と10月1日に2回にわたって放送しました。
大変遅くなりましたが(苦笑)、番組やファンCLUB会報で紹介しきれなかったインタビューの全てを、今日から2回シリーズで当ブログで掲載します。今回は前篇です。

椎木尾拓哉選手A


デビュー時は焦ってばかり


山本(以下:山)デビュー3年半でのS級初昇格は、ご自身どう評価しますか?

椎木尾(以下…椎)もう少し早く(S級)上がりたかった、とは思います。

山 チャレンジレースの頃は、事故点が一杯付いたりして苦労したんじゃないの?

椎 失格が3回(内抜き2回・押し上げ1回)に、誘導員の早期追い抜きの重注が5〜6回あったりして、だいぶ損しましたね。

山 競走に慣れていないとかがあったのかな?

椎 主導権を取ろうと焦ってしまってばかりでしたね。最近は落ち着いて、考えを十分まとめてレースに臨めています。


S級初戦で力の差を痛感


山 S級初戦(7月4日京王閣FTナイター11R)は、勝ち上がりこそ逃したものの4着でした。

椎 ジャン前でハナを切ったんですが、金澤(竜二)君(福島・91期)に一気にカマされて主導権を取られてしまいました。

山 でもそのまま4番手を確保したし、前々踏んだ結果の4着だから、悪くはなかったと思うけど。

椎 前に逃がされた時の踏み方が、一気にトップスピードに持って行けてなかったですね。金澤君は同い年(25歳)ですけどS級経験もあるし、力の差も痛感したレースでした。

山 ただその前々という動きが、翌日2日目・9R選抜戦でのS級初勝利につながったと思うんですが。

椎 富永(昌久)さん(熊本・88期)の先行の3番手から捲って行きました。3番手に潜り込んだ瞬間に体が反応して、流れの中で取れた1着ですね。

山 これでS級でもやっていけるって思ったんじゃないの?

椎 確かに、1着が取れてホッとはしました。何かをつかんだようなきっかけではあったんです。でも最近、調子がイマイチで内容も悪いんで、胸の張れるような成績じゃないですね。


椎木尾拓哉選手D

(そのAへ続く)
posted by wbs at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51549121

この記事へのトラックバック