2011年10月29日

10/30 観音寺記念GV・11R優秀競走「ちょうさ賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(30日)和歌山競輪場で場外発売が行われる観音寺記念(GV)の2日目11R・優秀競走「ちょうさ賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】
●観音寺記念GV・2日目

《第11R S級優秀「ちょうさ賞」》

本線 穴
  ▲ 1 小倉竜二(徳島)
▲ ☆ 2 村上義弘(京都)
◎   3 深谷知広(愛知)
    4 山口貴弘(栃木)
○   5 大塚健一郎(大分)
    6 大木雅也(静岡)
× ○ 7 佐々木則幸(高知)
  ◎ 8 香川雄介(香川)
☆ × 9 海老根恵太(千葉)

並び ←B5 F81 A4 H6
(観音寺競輪HPによる)

現在最強の若き怪物に、地元勢・ベテラン勢が挑む。包囲網は成功するのか?
ライン構成は、四国は@小倉が「3番手で良い」とコメントして、地元G香川が番手に収まった。そしてA村上がB深谷をライバル視する以上、中部・近畿連携はありえず、深谷の番手にはD大塚、村上の番手にはC山口がそれぞれ名乗りを上げた。
展開は「ライン2車と地区違いでもB深谷が主導権取りに出るのか?」に注目が集まりそうだが、先行・捲りいずれになっても力を十分発揮できるとして、B深谷に本命の◎を付ける。前回共同杯は、決勝で武田をはじめとする「深谷包囲網」に遭って9着と大敗した。ところが今日の初日特選は、菅田壱の突っ張りを早めのカマシ先行で粉砕するなど、持ち味の積極的な走りと超人的な脚力が爆発した。明日も佐々木則の抵抗が予想されるが、ライン2車でも果敢に飛び出していけば、D大塚とのマッチレースもあろう。対抗はそのD大塚。9月奈良GVで落車・途中欠場して、青森GV欠場明けの松阪・共同杯も初日特選で失格と流れが悪かった。しかし前回の千葉GVでは決勝3着に入り、今日の初日特選も坂本亮の先行を受けて2着と、体調も流れも急速に戻りつつあると見て良かろう。明日はこれ以上望めない機関車役がいる。番手の仕事さえできれば、アタマまで期待できそうだ。
穴軸は、地元記念に力が入るG香川を指名。最後のGVになるかもしれない当地は、過去にも優勝・優参経験を豊富に持つ好相性のバンク。GVも2度のVを誇る。「自分は選手として頑張るだけ」と前検日にコメントするなど、今回の観音寺GVには並々ならぬ意欲を見せる香川。今日の初日特選でも、佐々木則の捲りに食らい付き3着を確保するなど、十分仕上がっている。最後のGV覇者となれば、ある意味「歴史に名を残す」訳で、準決フリーパスの優秀戦でも必勝態勢で臨むはずだ。F佐々木・@小倉の残り目、捲り上げて突っ込んできそうなA村上・H海老根にも要注意だ。

<本線予想> 3=5 3=2 3→7 3→9
<穴予想> 8=7 8=1 8→9 8→2

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49572834

この記事へのトラックバック