2011年10月22日

10/23 京王閣記念GV・11R優秀競走「東京オーバル賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(23日)和歌山競輪場で場外発売が行われる京王閣記念(GV)の2日目11R・優秀競走「東京オーバル賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】
●京王閣記念GV・2日目

《第11R S級優秀「東京オーバル賞」》

本線 穴
▲   1 平原康多(埼玉)
  ○ 2 新田康仁(静岡)
◎ ☆ 3 後閑信一(東京)
    4 栗原厚司(静岡)
○ × 5 武田豊樹(茨城)
    6 石毛克幸(千葉)
☆   7 飯嶋則之(栃木)
  ▲ 8 稲村成浩(群馬)
× ◎ 9 浅井康太(三重)

想定並び ←@3 D7 A46 H8
※あくまでも想定ですので、並びは明日のスポーツ紙・専門紙・選手紹介で必ずご確認下さい。

関東別線が予想されるも、一本にまとまれば強力ラインの完成だ。他派の反撃は?
想定されるライン構成は、南関3車が一本にまとまり、関東5車が茨栃2車と埼京2車に分かれ、G稲村が空いているH浅井の後ろを選択しての4分戦になろうか。展開は、番手に地元のB後閑を従えている@平原の先制が有力か。関東別線のD武田も無駄な抵抗はせず、実質4人ラインにするなどして、むしろ協力態勢を取るか。となれば、最も展開有利に運ぶB後閑を本命視する。地元記念3連覇がかかる後閑だが、前回の玉野がんばろうFTでは決勝でジャン先行の逃げ切りVを決めるなど、それまでのイマイチ感がウソのようなパフォーマンスを披露した。今日の初日特選も、平原康追走からきっちり差し切って見せたが、明日も今日の再現が大いに期待できそうだ。対抗の○印はD武田に付ける。前回共同杯の決勝では4着だったものの、見事な先行策で深谷知を完封した。今日の初日特選も主導権は譲ったものの、最終BKから圧倒的な力で捲って川村晃をねじ伏せた。勝ち上がりレースの安定感は抜群だし、明日は優秀戦だが、関東の先導役、ライン固めのいずれになっても、最後は車券に絡んで来ると見た。
穴軸は、実質単騎で回れば面白いH浅井を指名。前回の準地元・松阪での共同杯は僅差の準V。疲れが出たのか「終了後に風邪を引いてあまり練習ができてない」と前検日に話していたが、今日の初日特選は、中団確保から最終2角からの先捲りで2着と元気なところを見せた。GT2勝の実績ゆえ、「穴」という評価は本人に対して失礼かもしれないが、明日のレースは関東勢が優勢だけに、車券に絡めば意外な好配を呼ぶかもしれない。近歴堅実で一発のスピードが光るA新田、逃げ残りもある@平原、ライン番手から突っ込むF飯嶋、G稲村にもチャンスはある。

<本線予想> 3=1 3=5 3→9 3→7
<穴予想> 9=2 9=8 9→5 9→3

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49210394

この記事へのトラックバック