2011年10月08日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、玉野・被災地支援「がんばろう日本」FTの初日12R「S級初日特選」のヘボヘボ予想でした。

初周は、正攻法に瀬戸内3車が付け、4番手に単騎同士のラインH笠松信幸−A有坂直樹が続く。そして6番手からは東日本3車、さらに最後方に単騎のE新井秀昭が位置して周回を重ねる。レースが動いたのは赤板HS(残り2周)。C根田空史が上昇して正攻法の@三宅達也を抑える。根田はジャン前BKから発進して先行態勢に入る。三宅は車を下げるが、根田ラインを追走した笠松と内外併走して5番手を奪い合う形になる。根田は最終HSから全速スパートするが、三宅は空いた内をもぐり込み、根田の番手で外をケアしつつ車間を切っていたF後閑信一を捌きに出る。すると三宅のイン突きが成功し、番手を奪取する。三宅がそのままの勢いで差しに構えるも、3番手を確保していたG坂本英一も中割りを見せて、内から根田・坂本・三宅が横一線となってゴールへ。結局、後方のもつれに乗じて根田が逃げ切りを決めて1着。2〜3着争いは、一瞬差し込んだ坂本を三宅が差し返して、三宅が2着、坂本が3着となる。

<結果・払戻金>
 2車単 C→@ 10900円
 3連単 C→@→G 227470円

根田が「逃げイチ」の有利さを活かして、見事な逃げ切りを見せました。車券の人気は岡山コンビに集中していましたが、良い意味で期待を裏切るレースぶり。二枚腰、三枚腰の先行が持ち味の根田ですが、調子落ちと見られて人気を落としていただけに、本来の力強い動きが見られただけでも収穫がありました。7月松戸GVで調子・結果のピークを迎えると、その後はダダ下がりという、根田の悪いパターンに陥っていましたが、今後の本格的な復活が待ち遠しいところです。
三宅は、最終HSで内が空いているのを見逃さず突っ込み、しかも後閑を競り落とすというあっぱれなレース。アタマだったら最高でしたが、先行するのは根田。中を割ろうとした坂本が一瞬車輪の先端を覗かせていたのを差し返しての2着確保ですから、それで良しとしたいと思います。ただライン戦という点からすれば、反省するべき事が多かったでしょうが、それも本命を付けられている選手ゆえ。捲り中心ですが、先行も辞さない男気のある自力屋という評価に違わないレースを今後も期待したいです。
そしていただけなかったのは、三宅に捌かれた後閑。外からの捲りや飛び付きをケアするべく、車間を切りながら外に目をやっていたのでしょうが、内から突っ込まれるとあっさりと番手を奪われる始末。不意打ちを食らったのは致し方なかったとはいえ、外帯線を外したままの追走で、しかも車間を切るための減速モード中なら競り負けるのも当然。「競りに厳しいマーク屋」の後閑らしからぬ失敗だったと思います。

さて今週の番組は、明日の「第27回共同通信社杯秋本番」(GU)3日目の注目選手ピックアップをお送りします。なお当ブログへの、準決勝3箇レースの見どころ&ヘボヘボ予想のアップは午後9時頃を予定しております。
そしていつもお願いしていますが、番組内容や予想・結果などについて、ご意見・ご感想などコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48337781

この記事へのトラックバック