2011年09月17日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、奈良記念(GV)の2日目11R・優秀競走「飛天ちゃん賞」のヘボヘボ予想でした。

初周は正攻法に中部3車が位置すると、4番手に近畿2車とライン3番手として@中村淳が続く。そして後方7番手に西日本2車とライン3番手としてG福田知也が上昇のタイミングを図る。一本棒の隊列が崩れたのは、早くも青板HS(残り3周)手前。C松川高大が上昇して正攻法のF深谷知広を抑えると、深谷は車を下げて前後が入れ替わる。そして今度は、松川ラインの上昇を追走したA川村晃司が、4番手位置で深谷を抑える形になる。中団2列並走の状態が続きジャン前BKに入ると、松川が意を決したかのように先行態勢に入る。中団の奪い合いは川村が制し、深谷は7番手まで下がる。最終HSから川村が捲り発進で踏み上げると、松川番手のE井上辰也と3番手の福田が蛇行して対応。この動きを見ていた深谷が後捲りで参戦。最終3角、追い付いた勢いでそのまま前団を一気に捲り去り、1着になる。2着には捲りを追走したD山口幸二が続き、3着には松川が逃げ粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 F→D 440円
 3連単 F→D→C 5880円

松川の先行策が成功したかに見えましたが、深谷がまさに怒濤の勢いで決着を付けました。川村が捲った際の出足が鈍かったとはいえ、深谷の強さを改めて見せつけられたレースでした。それも最終HSからのスパート。「どんだけ強いんや!」というため息がバンクを包み込んだのが、TV画面を通じて伝わってきました。
3着に敗れたものの、松川の逃げ粘りも光りました。深谷を下げさせてからスローダウン、全体の行き脚を鈍らせるとジャンで一気に発進。果敢な先行策に粘り腰。前回のASで九州の自力型の中核に成長した印象を持ちましたが、完全に九州を引っ張る「機関車役」になったと思います。今後の走りがさらに楽しみになりました。

さて今週の番組は、明日の松戸・取手代替記念2日目の優秀競走「助さん角さん賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。ブログへのアップは午後8時半頃を予定しております。
そしていつもお願いしていますが、番組内容や予想・結果などについて、ご意見・ご感想などコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47905024

この記事へのトラックバック