2011年06月03日

「わかちゃんファンCLUB会報」連動企画 石田將剛選手インタビュー その@

デビュー10年目にして初のS級昇格を決めた、地元和歌山の石田將剛選手(87期)へのインタビューを、先週5月28日に放送しました。
番組やファンCLUB会報で紹介しきれなかったインタビューの全てを、今日から2回シリーズで当ブログで掲載します。今回は前篇です。

石田選手@


山本(以下:山)S級昇格おめでとうございます。

石田(以下:石)ありがとうございます。

山 デビュー10年目で初めてのS級昇格ですが、ご本人としては長かったですか?短かったですか?

石 昇格は遅かったと思いますね。S級の点数を取れそうなのが何回かあったんですけど、つい淡泊さが出てしまってなかなか成績が安定しなくて、チャンスを逃してしまいました。

山 その頃は、徹底先行で売ってたんですよね?

石 先行の時は、結構自分の気持ちを殺していたんで、窮屈な思いをしながら走ってたんですよ。性格的には一発狙いが好きなんで、今の戦法が合ってますね。


「流れに任せて前々」が好結果に


山 捲り差しに戦法をチェンジし始めたのはいつ頃?

石 去年ぐらいから徐々に捲りに回ったり、前を任せられる若い子を付けてくれる、といった番組(メンバー構成)が増えてきたんで、その辺りからですかね。

山 近歴を見ても、決勝進出がグンと増えてるよね。4月の地元和歌山FT・A級戦では鮮やかな捲りで優勝は見事でした。

石 やっぱり流れに身を任せて前々攻めて行ったり、マーク戦の時は前を信じて付いていく競走をしたりすることで、気持ちが前に比べて楽になりました。それが良い方向に流れるようになったんだと思います。

山 松戸SSシリーズのA級戦でも決勝に残って全国にアピールできたし…。おととし岸和田でSSシリーズがあった時も補充で出場してたね?

石 たくさんのお客さんの前で走れて気持ち良かったですよ。


競りはレースの中で磨きをかけたい


山 S級に上がっても、自力中心のスタイルでやっていくの?

石 先行はもういいけど…(笑)。S級では今のスタイルの延長で、捲りだけでなく前々攻めるやり方でいきたいですね。飛び付きとかもやっていきたいです。

山 横(競り)の練習って、普段やってるの?

石 特にしていないです。むしろレースの中で経験を積んで、磨きをかけていきたいです。

石田選手A

(そのAへ続く)
posted by wbs at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45696441

この記事へのトラックバック