2011年03月17日

和歌山競輪場で救援物資の収集が行われています

「東日本大震災」の被害に遭われた地域の皆様におかれましては、衷心よりお見舞い申し上げます。本日は、競輪開催や番組のない木曜日ではありますが、「東日本大震災」救援物資呼びかけのために、ブログ臨時号を配信します。

@和歌山競輪場で救援物資の収集

和歌山競輪場・無料休憩所で、今日(17日)から19日(土)まで、県庁福祉保健総務課の呼びかけで「東日本大震災」の救援物資の収集が行われています。
被災された方々が、今緊急に必要としている物資を収集しているもので、集められた物資は大阪府で収集された物資と合わせて、岩手県内に向けて送られます。
一つでも多くの物資が被災地に送られるよう、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

■収集する物資:飲料水、カップ麺、ウェットティッシュ、使い捨てカイロ

■持ち込みの際の注意:
 ・全て新品の物で、搬送に便利なように箱単位でご持参頂くようお願いいたします。(郵送による提供はご遠慮下さい)
 ・被災地で仕分けしやすいように、箱に中身は1種類とし、品物名・数量を側面全てに明記していただくようご協力お願いいたします。


■集積日時:平成23年3月17日(木)〜3月19日(土)
      いずれも午前9時〜午後5時45分まで


■集積場所:和歌山競輪場無料休憩所(この他にも、海南保健所、那賀振興局、橋本保健所、有田振興局、御坊保健所、西牟婁振興局、東牟婁振興局で受付が行われています)

A今後の開催日程

東日本大震災の影響を考慮して、3月中の競輪の開催は全国的に中止となりました。和歌山競輪場でも、下記の開催の中止が決まっています。
 ・3/19(土)〜22(火)…岸和田記念場外
 ・3/23(水)〜25(金)…福井FT場外
 ・3/24(木)〜26(土)…本場FU開催
 ・3/26(土)〜29(火)…松山記念場外

これに伴い、的中車券の払い戻しを下記の日時で行っています。
 ・3/25(金)までの午前10時〜午後3時
 ・3/28(月)〜29(火)の午前10時〜午後3時

なお払い戻しを希望される方は、払い戻し機を稼働させる必要があるため、事前に和歌山競輪場・073−431−1019へご連絡をお願いいたします。


今回の大震災は「1000年に一度」級の大地震という未曾有の大災害ではありますが、津波の映像を見るたびに、海に近い和歌山県も決して他人事ではないと感じています。幸いなことに、被災地の宮城県・福島県の競輪選手は全員無事が確認されたそうです。ただ被災地の皆さんに「ガンバレ」とか「今が辛抱だ」などという言葉は、軽々しく言うものではないのかもしれません。
競輪ファンにとっても、全国的な自粛休催によって、別の意味で寂しい思いをしていることでしょう。中央競馬のようにレースを開催して売上金や賞金の一部を義援金に回すことは、競輪でもできるかもしれませんが、輪番停電など電力消費抑制策がもう一方にある以上は、開催中止はやむを得ないと思います。
ならば、今、競輪ファンにとってできることといえば、被災地を「義援金」という形でバックアップすることではないのでしょうか。「やっぱり金か?」と言われるかもしれませんが、現地のニーズも考えずにやたらめったらと品物を送るのではなく、地元の自治体や被災者が自由に使える「義援金」が一番喜ばれるのです。言葉が悪くてご批判を受けるのを承知で申し上げると、「車券で負ける(かもしれない)」「車券で儲けた(つもり)」のお金を、一部で良いから「つもり貯金」ならぬ「つもり義援金」として、被災地にお金と気持ちを届けてあげて頂きたいと思います。
和歌山放送でも、遅ればせながら義援金の募集を始めさせて頂いております。下記のアドレスにアクセスして頂ければ、振込の要領などが分かるようになっております。皆様からの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

和歌山放送ニュース「WBS災害募金スタート」
http://www.wbs.co.jp/news.html?p=26941

和歌山放送ニュース「県民からの物資受付始まる」
http://www.wbs.co.jp/news.html?p=26933

ちなみに私は、19日(土)のPM1時半頃に救援物資(水と携帯カイロ)を届けに行くつもりです。

和歌山放送ラジオ「夕暮れわかちゃんCLUB」担当 山本靖貴
posted by wbs at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
兄貴、お疲れ様です。
和歌山競輪の救援物資の収集のニュースを
テレビで見ました。
何か持って行こうか考えましたが、
往復の電車賃で十分な金額になるので、
こちらで出来る分を募金しました。
ボランティアの皆さんも
疲れてしまわない程度に頑張って下さいね。
また競輪が開催されたら
再会できることを楽しみにしています。
Posted by ぽぽらじ at 2011年03月23日 10:27
ぽぽらじさんへ

コメントありがとうございます。実際、私が持ち込んだ際も、救援物資を持ち込んで来られる方が、次から次へといらっしゃいました。中には神戸ナンバーの車もありましたし、ボランティアや人助けとは縁遠そうな(失礼!)若者グループも来られていました。
和歌山競輪場や競輪そのものが、こういった形で社会のお役に立てたことに、競輪に携わる端くれとして、すごく嬉しく誇らしく思います。被災地は、復興までまだまだ道遠しだとは思います。しかし支援物資・義援金を出して「ハイ終わり」ではなく、私達が日々できることを積み重ねていくことが、復興への足がかりになると信じています。
ちなみに、nacker氏制作の和歌山競輪場のブログに、支援物資の箱に貼り付けられた私の激励メッセージの写真が掲載されています。ちょっと恥ずかしいですけど…(ぽぽらじさんだったら筆跡で分かるかな?)
Posted by 山本D at 2011年03月23日 11:19
頑張ってまんな〜。
Posted by 間木『yrbの放送禁止用語』啓史郎 at 2014年06月18日 00:31
間木『yrbの放送禁止用語』啓史郎さんへ

おおっ間木くん、元気にやってまっか? 倉敷で開業していると聞いてますが、なかなかそちらも頑張ってらっしゃるようで。

まぁ私は、こんな感じで趣味と仕事を兼ねたやつを好き勝手やらせてもらってますゎ。もちろんメインは、他の仕事(ラジオCM・番組制作)ですけど…。さすがにあの頃と違って、放送禁止用語を叫ぶ訳にはいきませんが…。

また玉野競輪に行く機会があるようなら、一度ゆっくり会って、あの頃に戻って放送禁止用語を叫び合いましょう(!)
Posted by 山本D at 2014年06月19日 04:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43887112

この記事へのトラックバック