2010年11月26日

「ラジオまつり2010・競輪PRコーナー」リポート(そのA)

「WBSラジオまつり2010 和歌山競輪PRコーナー」の様子をシリーズでお伝えしています。今回がPART2です。

「スピードチャレンジゲーム」には、ゲストのルーキー2選手にもペダリングのパフォーマンスを披露して頂きました。午前の部は高田大輔選手。記録は89q/hでした。

午前の部は、高田大輔選手がパフォーマンスを披露


午後の部は、中野智公選手が挑戦。記録は92q/hでした。

午後の部は、中野智公選手がモガキを披露


両選手とも、前日まで和歌山競輪場で行われていた近畿地区の若手選手強化合宿に参加していました。疲れもあったんでしょうか、思った以上にスピードが出ませんでした。
それを見ていたこの人が…

この脚は…


「お前ら、まだまだ修行が足りんわ!」とばかりに登場したのが、会場にプライベートで遊びに来ていた、中野智公選手の兄で来年1月からS級1班入りする中野彰人選手。

なんと、兄・中野彰人選手が飛び入りで挑戦!

飛び入り、しかも弟のフレームで私服姿だったにもかかわらず、95q/hをマーク。先輩・兄・S1の面目躍如でした。

会場のメインステージには、県内の「ゆるキャラ」が大集合。当然、和歌山競輪場のマスコットキャラクター「わかちゃん」も出番です。説明・介添え役の県公営競技事務所の山田修司さんともども登場です。

イベントステージに「わかちゃん」登場!


なんと「ラジオまつり」会場だからこそ、こんなツーショットも実現しました。地上デジタルTV放送のマスコットキャラクター「地デジカ」とのツーショットです。

ワオ!わかちゃんと地デジカとのツーショットです。


当然、会場内を「わかちゃん」が歩けば、子ども達に囲まれます。一緒に写真を撮ったり、抱き付きに来たり…。「わかちゃん」も嬉しそうです。

わかちゃんの周りは子ども達でいっぱい!


(そのBに続く)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41864856

この記事へのトラックバック