2009年12月29日

「わかちゃんファンCLUB会報」連動 年末特別企画 イケメンプロレスラーVSワイルド競輪レーサー スペシャルガチンコ対談一本勝負! そのB(最終回)

新世紀プロレス「ドラゴンゲート」のイケメンレスラー・B×Bハルク選手と、地元和歌山の若手競輪選手・中野彰人選手とのガチンコ対談を、今月12日と19日の2週にわたって放送しました。
番組で紹介しきれなかった若手ホープ同士の対談の全てを掲載する3回シリーズ。今回が最終回です。

対談収録の様子
収録中の様子


ハルク「子ども達に夢を与えたい」

B×Bハルク選手

山 今現在のお二人の、試合やレースでのこだわり、大切にしていることはありますか?

中野(以下:中) 今はレース内容を重視して、先行・主導権取りを心掛けています。でもドンと行かなければならないところで流して(スピードを緩める)しまって、主導権が取れなかったりするところを、師匠(池田智毅選手)に厳しく注意されます。

ハルク(以下:ハ) 体と体のぶつかり合いを意識した、自分らしい試合ですね。凶器攻撃なんかは嫌いですから。あとは技のキレとか華麗な動きなどをこだわってやってます。自分の心の中にタイガーマスクを留めて、それをB×Bハルクとして表現できればいいなと思います。

山 タイガーマスクは、凶器攻撃なんかしないもんね。

ハ そんな事したら、ちびっ子ファンが泣きますよ。そして僕がタイガーマスクから夢をもらったように、僕もレスラーとして子ども達に夢を与えられるような試合をしたいですね。


目標は「ベルト」「GT制覇」

山 お二人の将来の目標を伺いましょうか?

ハ やっぱりドラゴンゲートの「オープン・ザ・ドリームゲート」というチャンピオンベルトを獲りたいですね。今のベルトは、あくまでもアメリカのベルトなんで、ファンの皆さんも日本のベルトを期待されていると思うんで、結果を出したいです。

山 今「オープン…」は、同じユニットの土井成樹選手が持っているんですよね。

ハ キャリアでいえば、だいぶ先輩なんで、今いろいろ勉強させてもらっているところです。でもいつかは追い付いて、獲ることができれば良いなと思っています。

山 同じユニットという身近な存在というのが、燃える材料じゃないんですか?

ハ まあタッグを組む時は仲間ですが、シングルマッチの時は個人対個人なんで、思い切ってぶつかっていきたいです。

山 中野選手はどうでしょう?

中 僕は、GTタイトルを獲りたいですね。

中野彰人選手

山 それはイコール「『競輪グランプリ』に出場して、1億円への挑戦権を得る」ということですよね?

中 そうですよね。まずはS級1班に上がって、GT・GUの常連になりたいです。

山 今日は、お二方ともお忙しい中、どうもありがとうございました。

中 ありがとうございました。

ハ ありがとうございました。スマッシュ!


★プロフィール


B×Bハルク選手
【B×Bハルク(ビー・ビー・ハルク)】
■本名:石原輝政■S55年7月15日生まれ■北海道札幌市出身
■身長:178p、体重:81s■血液型:O型
■2005年3月デビュー■得意技:B×Bスマッシュ他
■オープン・ザ・フリーダムゲート(DRAGON GATE USA最高峰のタイトル)初代チャンピオン



中野彰人選手
【中野彰人(なかの・あきひと)】
■S62年7月12日生まれ■和歌山市出身
■身長:162p、体重:68s■血液型:A型
■2008年1月デビュー(岸和田12C)
■高3時、春の高校選抜とインターハイでケイリン優勝、岡山国体ではエリミネーション優勝。アジアジュニア選手権では個人ロード2位。
posted by wbs at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34448474

この記事へのトラックバック