2009年11月27日

「ラジオまつり」にたくさんのご来場ありがとうございました

先週ご案内しました、11月23日(月・祝)の「WBSラジオまつり」にたくさんのご来場、誠にありがとうございました。「和歌山競輪PRコーナー」にも、多くの皆さんにお集まりいただき大盛況でした。
ここでは、その「ラジオまつり 和歌山競輪PRコーナー」の様子を少しだけご紹介します。

開会は午前10時。その少し前に設営が完了しました。
ブースの設営完了!

開会と同時に子供たちに囲まれたのは、マスコットキャラクターの「わかちゃん」。抱きつかれたり、記念写真に納まったりと、大活躍でした。
わかちゃん大人気!

今回のメインの一つは、来年和歌山競輪場が60周年を迎えることにちなんだ「和歌山競輪60年の歩み展」でした。写真や資料がズラリと並べられました。
ズラリと並べられた写真&資料

そしてもう一つの目玉は、布居寛幸選手をゲストにお招きしてのトークショー。「また大きな舞台に立てるよう、頑張ります」と宣言してくれました。
布居選手&山本ディレクター トークショー

さらに恒例の「1着選手当てゲーム」もやりましたよ。当日は「競輪祭」最終日のCS中継を放映。2R・3R・8R・9Rの4個レースを対象に実施。対象レースで布居選手と山本が予想対決。わたくし山本が、2つ的中・1つは予想選手が2着と、絶好調!この調子が車券に活きれば…。
1着当てゲーム
モニターを食い入るように見つめる車券ゲーム参加の皆さん

会場には、西野卓也・日本競輪選手会和歌山支部長や、来年1月に97期生としてデビューが予定されている稲毛健太選手も遊びに来てくれました。
西野卓也支部長も飛び入り
来年デビューの稲毛健太選手も飛び入り

ラジオまつりの生放送特別番組では、和歌山放送自慢の美女2人(左・五十嵐利恵アナ、右・きよちゃん)がリポーターとしてブースにやって来ました。
ラジオまつり特番の美人リポーター2人も遊びに来てくれました

そして、ラジオまつりのフィナーレ「餅まき」では、わかちゃんが皆さんに餅をまきました。付き添い役のわたくし山本も餅をまきました。
ラジオまつりのフィナーレ「餅まき」には、わかちゃん・山本ディレクターも参加

また来年も「WBSラジオまつり 和歌山競輪PRコーナー」でお会いしましょうね!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33891540

この記事へのトラックバック