2022年11月25日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山競輪ガールズFU・12R「A級初日特選」と、富山施設整備等協賛GV・3日目10〜12R「S級準決勝」の欲張り4箇レースヘボヘボ予想でした。

【和歌山ガールズFU・12R「A級初日特選」】
青板2センター(残り2周半過ぎ)からB関根健太郎が前々踏み上げ、赤板HS(残り2周)で正攻法のC古賀勝大を抑えてハナに立つ。さらに関根の動きを追走したD松岡晋乃介が前々踏み上げ、関根を叩いて先頭に躍り出る。松岡は流し気味の先行状態でジャンを迎えるも、後方に下げていた古賀が叩き返しに打って出る。松岡も併せようとするが、古賀は最終BKで後方を4車身ほど千切って逃げを打つ。松岡は追い付いた勢いで捲り返そうとすると、松岡マークのE松田大が最終2センター過ぎから早目の差しに構える。結局、大外を伸びた松田が1着になり、ライン3番手のA笹倉慎也が2着に続く。関根が3着で入線するも、直線のイン突っ込みが内側追い抜きの判定で失格となり、松岡が3着に繰り上がる。

<結果・払戻金>
 2車単 E→A 1260円 当り!
 3連単 E→A→D 3520円

【富山GV・10R「S級準決勝」】
青板1センター(残り3周過ぎ)から前々踏み上げたH野口裕史が、青板3角で前団のE磯島康祐を抑えてハナに立つ。野口は徐々にペースアップし、後続を一列棒状にして先行態勢に入る。4番手位置に下がっていた磯島がジャン3角で巻き返しに出ようとするも、野口のカカリが良く前団に迫れず、最終1角で失速・後退する。すると磯島後位のA飯野祐太が最終BKから自力に転じ捲り上げると、最終4角で前団を捉えて1着になる。2着には野口が逃げ粘り、飯野後位のC泉慶輔が3着に続く。

<結果・払戻金>
 2車単 A→H 3820円 当り!
 3連単 A→H→C 20630円

【富山GV・11R「S級準決勝」】
青板HS(残り3周)過ぎの1角からF根本哲史が踏み上げ、3角で正攻法のD近藤隆司を抑える。根本の動きに乗ったE伊藤慶太郎が赤板HS(残り2周)で根本を叩いて先行勝負。しかし@竹内雄作の巻き返しも早く、伊藤が併せるのも構わず、叩き返しに出る。竹内雄が主導権を握るもマークのC宮越孝治が離れてしまい、番手に伊藤がはまり込む。するとジャン3角で一瞬空いたインをすくって宮越が番手を取り返そうと追い上げる、伊藤との捌き合いになり、これを見て根本が最終2角6番手から反撃の捲りを放つと、最終3角で竹内雄を捉え、後続の追撃をしのいで1着になる。根本マークのB竹内智彦が2着に続き、根本の捲りに切り替えて追い込んだD近藤隆司が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 F→B 1960円 当り!
 3連単 F→B→D 13070円

【富山GV・12R「S級準決勝」】
3周目3角8番手からC不破将登が前々踏み込むと、青板HS(残り3周)で正攻法の@北井佑季を抑え込む。しかし青板3角で突っ張って先頭を奪い返すと、北井はそのままペース駆けに持ち込もうとする。するとジャン過ぎ3角8番手からB山岸佳太が巻き返すべく一気に踏み込むと、最終HSで北井を捉えて最終主導権を握る。ところが山岸マークのH岡田泰地が追走に窮して離れてしまい、山岸番手には北井がはまる。最終BKから北井は番手捲りに打って出るも、山岸が自らけん制に出ると行き脚が鈍り、後方から追い込んで来たD伊藤旭が最終直線で前団を捉えて1着になる。伊藤マークのA大塚健一郎が2着に続き、北井が3着に逃げ粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 D→A 4850円
 3連単 D→A→@ 26380円

和歌山ガールズFUのA級初日特選は、概ね予想通り関根・古賀・松岡が斬り合い、叩き合いの展開となりましたが、古賀の先行を捲ろうとした松岡後位の松田が直線差し脚を伸ばして白星発進しました。古賀はこの先行で自信を付けたか、準決は逃げ切りで快勝し、福元啓太の番手回りの決勝では、車間を切ってギリギリまで貯め、佐野のイン突進も受け止めてVを飾りました。来期からのS級昇格に弾みが付いたことでしょう。
富山GV準決勝は、いずれも混戦ムードいっぱいのレースとなり、まずまず好配当の連続でした。
10Rは、野口がペース駆けの先行に持ち込みましたが、磯島の捲り不発を活かした飯野が直線強襲して優参一番乗りを決めました。3着に泉が続いたこともあって、意外な好配となりました。
11Rは、竹内が伊藤慶の先行に逆襲を仕掛けましたが、後位の宮越が離れてしまい、いわゆる「裸先行」になりました。しかも宮越がリカバリーしようと、インをすくって伊藤慶との競りになったことで、車間が短くなって根本が捲りやすくなるきっかけになってしまいました。番手回った選手にとって、地元も意地もあって番手を取り返そうとしましたが、むしろこれがアダになってしまいました。宮越は今後もこういった位置でのレースが考えられますので、これを良い教訓として今後に活かしてもらいたいと思います。
12Rは、北井が注文通りの先行策でしたが、他派の巻き返しも予想以上に早く、山岸に叩き返しを喰らう流れになりました。ところが山岸マークの岡田が離れたことで番手にはまり込み、3着に粘ることになりました。ただ北井の番手捲りは踏み出しが甘く、伊藤旭の捲りを誘ってしまったのは残念なところ。北井の立ち回りに一つ課題ができたかもしれません。

さて今週の番組も「明日のレース 注目選手ピックアップ」として、和歌山FT・2日目10〜12R「S級準決勝」の注目選手を紹介します。なお併売の小田原FT・準決勝を合わせた見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへの掲載は午後9時頃を予定しています。また番組内容や予想・結果に関するご意見・ご感想などがございましたら、遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189943151

この記事へのトラックバック