2020年02月28日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山本場FU・初日10R「A級初日特選」と、静岡記念(GV)2日目9〜12R「S級二次予選A」の超欲張り5箇レースヘボヘボ予想でした。

【和歌山FU10R「A級初日特選」】
号砲でB大野悟郎が飛び出してSを決め、H平尾一晃を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、九州2車−単騎のD田中孝彦−栃木2車−ライン3番手のE相澤政宏−近畿・中部3車の順。赤板HS(残り2周)からC市村昌樹が踏み上げ前団を抑えると、@磯田旭が追い上げて4番手に入る。やや流し気味だった市村は、ジャン過ぎ2センターから先行勝負に出る。そして最終2角7番手から平尾が捲り上げると、磯田も併せて発進。しかし磯田マークのF岡田泰地のけん制をかいくぐった平尾が、直線鋭く追い込んで1着になる。岡田はタイヤ差及ばずの2着で、磯田が3着に粘り込む。

<結果・払戻金>
 2車単 H→F 5620円
 3連単 H→F→@ 10080円

【静岡GV9R「S級二次予選A」】
号砲でD鷲田佳史が飛び出してSを決め、正攻法にG小森貴大を迎え入れる。周回中の位置取りは、福井2車−中部2車−北日本2車−西日本3車の順。青板3角(残り2周半)からC上田尭弥が踏み上げると、これを併せようと@浅井康太も前々踏み上げる。これに構わず上田が抑えてハナに立つと、正攻法の小森も突っ張り気味に踏み上げ4番手を確保。上田はジャンから徐々にペースを上げ、最終HSから全力スパート。後続は一本棒も、最終2角から小森が先に捲りを仕掛けると、最終3角6番手から浅井が捲り追い込みに出ると、そのままの勢いで直線伸びて1着になる。浅井マークのF志智俊夫が2着に続き、小森が3着に粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 440円
 3連単 @→F→G 11500円

【静岡GV10R「S級二次予選A」】
号砲でC藤田勝也が飛び出してSを決め、H伊藤信を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿2車−南関3車−九州2車−群馬2車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からE矢口啓一郎が踏み上げると、正攻法の伊藤を抑え、これにD中本匠栄も続く。中本は赤板1センターからさらに踏み上げると、これを切り替え追走したG菊池竣太朗がジャン前BKで中本を叩いて、そのまま先行勝負に出る。後続は一列棒状となるも、菊池番手のA渡邉雄太は車間を切って後続をけん制。最終BKの進入から矢口が6番手捲りを仕掛けると、渡邉も番手捲りで対応。しかし矢口の勢いを借りて後捲りに出た伊藤が、直線で渡邉を捉えてそのまま1着になる。渡邉は2着になり、伊藤マークの藤田が3着に続く。

<結果・払戻金>
 2車単 H→A 1640円
 3連単 H→A→C 8450円

【静岡GV11R「S級二次予選A」】
号砲で内枠3車が飛び出し、積極的に誘導を追ったB白戸淳太郎が正攻法に収まり(記録上はS)、G近藤夏樹−F松坂洋平を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、南関3車−東日本2車−ライン3番手のC山内卓也−西日本3車の順。赤板HS(残り2周)からD竹内翼が踏み上げて、正攻法の近藤を抑えると、近藤はスンナリ車を下げる。竹内は徐々にペース上げると、竹内の動きを追ったH鈴木竜士と下げた近藤が中団4番手で内外並走となる。ジャン過ぎ2センターで鈴木は近藤をキメつつインをすくうと、竹内マークのA阿竹智史を捌いて番手を奪い取る。競り負けた阿竹は5番手まで下げさせられるも、最終3角から捲り追い込みに出る。これを見た鈴木が、最終2センターから番手捲り気味に竹内を差し交わして1着になる。鈴木マークの@佐藤慎太郎が2着に続き、自力に転じた阿竹が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 H→@ 550円
 3連単 H→@→A 1920円

【静岡GV12R「S級二次予選A」】
号砲直後の若干けん制状態からD郡司浩平が誘導を追いかけ、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、東日本3車−四国2車−近畿2車−北日本2車の順。赤板HS(残り2周)からG根本哲吏が上昇を見せると、ここへB古性優作、さらにE小川丈太も続く。赤板過ぎ1センターでハナに立った根本は、後続をけん制するべく中バンクに車を上げると、空いたインをすくって郡司が巻き返しに出て先頭を奪い返す。しかしこれに構わず古性が外を踏み上げて郡司を叩くと、さらに小川が叩き返して先行勝負に出る。叩かれた古性は3番手、郡司は5番手を確保し、一列棒状で最終HSを通過。最終1センター過ぎから郡司が先捲りに出ると、最終3角から小川番手A香川雄介の捲りも構わず、最終4角で先頭に躍り出る。結局、郡司が1着になり、マークの@岡村潤が2着に続く。切り替えて続いた古性が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→@ 250円
 3連単 D→@→B 700円

和歌山FUのA級初日特選は、シリーズリーダーの磯田が3着に敗れるという波乱で、意外な好配当となりました。もう1人のシリーズリーダー・平尾の捲り返しも好スピードで、岡田の抵抗も乗り越えての見事な1着でした。しかし磯田の100点レーサーとしての強さが目立ったシリーズでもありました。
雨の中行われた静岡GVの二次予選Aは、各レースとも主力級が車券に絡んで、3着穴こそありましたが平穏な結果に終始しました。
9Rは浅井が捲り追い込みで快勝でした。小森の捲り返しからの粘り込みも見事でしたが、それ以上に浅井の立ち回りが巧みでした。準決でも高橋和マークから自力に転じて快勝、さらには決勝では南関4車ラインを粉砕する捲り追い込みで完全優勝を果たしました。SS班陥落と落欠明けで迎えた浅井の20年シーズンでしたが、全日本選抜の負け戦から数えて6連勝中。本来の浅井の動きが返ってきたように感じます。
10Rは渡邉の番手捲りの抵抗にも負けず、伊藤が捲り追い込みを決めました。このレースも渡邉の番手捲り濃厚というメンバー構成と展開でしたが、現状の調子の良さを見せつけました。ところが準決では立ち遅れてしまい9着敗退。まだまだ上位戦では厳し戦いを強いられている伊藤ですが、この日のように展開が向けば、まだまだ上位級と互角に戦えるというのを証明したレースでした。
11Rは、鈴木の臨機応変ぶりに驚かされました。近歴、総力戦になるケースが多い鈴木ですが、この日も巻き返しを図りつつ、インから追い上げマークに変化技に転じました。しかも阿竹を捌いて番手確保から早めの抜け出しで1着通過。ただ決勝は単騎戦だったこともあり、浅井の捲り追走も直線迫れずの4着に終わりました。今後は徐々に自在戦にシフトしていくのでしょうが、まだまだ自力戦で頑張ってくれるのを期待したいと思います。
12Rは郡司の強さだけが際立っていました。イン切り合戦にはなりましたが、小川の先行ならいつでも捲り返せるという自信にあふれたレース内容でした。ただ決勝のレースぶりはいただけません。渡邉雄が積極的に駆けて、あとは番手捲りのタイミングだけでしたが、小松崎を捌いた直後に浅井が飛んで来ると抵抗できずに後塵を拝しました。素直に番手捲りで出て行けばVをつかめていたかもしれない、もったいない3着でした。4車ラインの番手である以上、車券の人気も背負ってましたし、仮にラインで決められなくても勝たなければならない展開でした。この敗戦を次に活かしてもらいたいと思います。

さて今週の番組も「山本ディレクターの競輪トピックス」をお送りします。新型コロナウイルスの影響で、競輪は全国的に本場は無観客で開催、場間場外発売やサテライトなどの専用場外売り場は「当面の間」中止となりましたが、今後の影響などについてお話しします。また和歌山競輪場での場外発売中止に伴い、当ブログでの奈良記念10〜12R「S級準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想のアップは、お休みさせて頂きます。悪しからずご了承下さい。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コロナに競輪が潰れる?政府の自粛要請に潰される?
ネット投票だけとなり奈良記念は3日間終わって売上11億ちょい。目標が53億やから酷過ぎます。昭和のギャンブル好き高齢者は現場(場外含む)でワイワイ言ったり選手を野次ったりして楽しんでるのが顕著に表れました。この世代が減少する中で今後どのように競輪事業を進めたらよいかを考えさせられるいい実験と思いたい。
元締めは頭を使う前に現実を感じて欲しいです。
Posted by 岸和田オヤジ at 2020年03月01日 09:50
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。
まさにオヤジさんがおっしゃる通りで、奈良記念の最終的な4日間の売上17億6千万円というのが、今の競輪の電話・ネット投票の基礎体力であると考えて良さそうです。
つまり売上の大多数を場外発売に頼っているという結果から考えると、いかに本場・場外に来場してもらえるようにするかが改めて問われていますし、いま来場している中心世代(高齢者)が先細りしていく中で、競輪自体の行く末をどのように考えていくのかも改めて問われていると思います。
やはり中・若年層の来場促進が、電話・ネット投票の促進につながり、その逆もまた同様だと言えます。
中央競馬が既に電投・ネット中心で、今回の本場・WINS休止に伴うダウン幅が13%程度で済んでいるのとは訳が違います。ただパイが大きいでしょうから、それでもJRAにとっては厳しい話なんでしょうけど。
Posted by 山本D at 2020年03月02日 12:49
幸いに 登録メールで情報はいただいてるので、今日の和歌山F2参戦します。11Rは稔真選手アタマに決まり(^-^)。
Posted by F1コタカ at 2020年04月04日 09:47
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
ブログはお休みを頂いていますが、ファンクラブのメルマガご愛読ありがとうございます。伊藤稔真のアタマ勝負でドカンと取られましたか?むしろ最終レースの穴車券はいかがでしたか(ちょっとだけ自慢)?
早くコロナウイルス禍が収まって、無観客処置が終わってほしいですね。
Posted by 山本D at 2020年04月05日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187209238

この記事へのトラックバック