2020年01月31日

2/1 高松記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(1日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、高松記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高松記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
× ▲ 1 新山響平(青森)
◎   2 太田竜馬(徳島)
○ ○ 3 中川誠一郎(熊本)
  ◎ 4 菊地圭尚(北海)
▲ ☆ 5 池田憲昭(香川)
    6 八谷誠賢(福岡)
    7 三登誉哲(広島)
    8 津村洸次郎(福岡)
☆ × 9 齋藤登志信(宮城)

並び ←A57 @49 GB6
※「Keirin.jp」による

F三登が「四国へ」とコメントし、ライン構成はきれいな3分戦。ラインの先頭3車はいずれも先行意欲が高く、激しい主導権争いになるか。それでもBK10本のA太田がBK6本の@新山を抑えて先行し、番手・池田のガードを受けて押し切りと見て主軸に推す。20年初戦の前回・京都向日町FTはD・1・E。決勝ではHS先行も援軍が絡まれ、稲毛健の捲りに屈した。今節はH・2での勝ち上がりだが、今日の二予Aでは高久保雄の先行を捲って、香川雄の白星に貢献。明日は先行・捲りいずれになっても持ち前のスピードで他派を一蹴して、高松記念連覇にリーチをかけるか。対抗はB中川。前回・大宮GVはF・1・6・9で準決敗退。準決では林大悟の番手から岩本俊の捲りを併せるも、力及ばず敗退した。今節はここまでG・1。今日の二予A11Rは、新山と島川将の先争いの決着が付いたのを見極め、BK捲りで一蹴した。明日は津村の仕掛けに乗って、最後は得意の大外強襲で優参ロードをばく進するか。穴軸はC菊地。前回・大宮GVは1・7・8・9で二予A落ち。ただその二予Aは北ライン3番手で、黒沢−平原が相手だったのも不利に働いたか。3・2の勝ち上がりだが、今日前述の11Rで新山番手を巧追走。直線残し気味の差し交わしで勝ち上がりを決めた。明日も新山に前を任せるが、他派の仕掛けが遅れれば、自分のタイミングで抜け出し図って好配を提供だ。巧みなチェンジオブペースで逃げ切り図る@新山、太田番手から突っ込み見せる地元のD池田、北ライン3番手だからこそ不気味なH齋藤は、アタマ候補としても見逃すことはできない。

<本線予想> 2=3 2=5 2→1 2→9
<穴予想> 4=3 4=1 4→9 4→5


《第11R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 三谷竜生(奈良)
  × 2 松本貴治(愛媛)
☆ ☆ 3 武田豊樹(茨城)
    4 東龍之介(神奈)
▲ ○ 5 村上博幸(京都)
× ◎ 6 久米康平(徳島)
    7 村田雅一(兵庫)
    8 山形一気(徳島)
○ ▲ 9 吉澤純平(茨城)

並び ←A68 4 @57 H3
※「Keirin.jp」による

E久米が「松本君へ」と話し四国3車が結束。さらにC東が「自分で」と単騎戦を選択したことで、3分戦+単騎1車の構図となった。BK14本のH吉澤もいるがライン2車だし、BK17本のA松本が果敢に仕掛ける流れが濃厚か。ただ松本・吉澤の主導権争いを上手く誘って、好機をつかみそうな@三谷に◎印。前回・大宮GVはE・7・1・9で二予A落ち。その二予Aでは、宮本隼の先行を捲り上げるも、行き脚が若干鈍く岩本俊の後塵を拝した。今節はE・3の着状況。今日の二予A11Rは、島川貴の捲りを捌くのにやや苦戦を強いられた。明日は村上のガードを受けながら捲り返して、他派をまとめて面倒見るか。対抗はH吉澤。前回・伊東温泉FTはA・1・Dで優参。決勝は青板3角からの2周半先行を披露した。今節はここまでの2走がD・3で、今日の二予A12Rは最終2角8番手から捲り上げ、確定板まで突っ込んだ。明日は師匠・武田を引き連れてのレースで、多少早めの仕掛けが求められるが、持ち前の機動力と強気の捌きでレースを支配するか。穴軸はE久米を抜てき。前回・和歌山GVブロックセブンでは、仕掛ける機会すら与えられず末着に終わった。今節は2・5での準決進出。今日の二予A12Rは、今野大マークから混戦を巧みに立ち回って勝ち上がり権を確保した。明日はヤングGP覇者の松本に前を任せるが、イザとなれば番手捲りも辞さずの攻めを見せて波乱を演出するか。三谷マーク喰らい付くD村上、吉澤後位から差し脚伸ばすB武田、見せ場作って粘り込みたいA松本は、2〜3着候補以上の存在だ。

<本線予想> 1=9 1=5 1→6 1→3
<穴予想> 6=5 6=9 6→2 6→3


《第12R S級準決勝》

本線 穴
◎ ○ 1 松浦悠士(広島)
  ◎ 2 坂口晃輔(三重)
○ ▲ 3 和田健太郎(千葉)
☆   4 野口裕史(千葉)
  ☆ 5 不破将登(岐阜)
    6 近藤俊明(神奈)
▲   7 香川雄介(香川)
×   8 取鳥雄吾(岡山)
  × 9 柴崎俊光(三重)

並び ←G17 C36 D29
※「Keirin.jp」による

このレースもきれいな3分戦。BK14本のG取鳥と、21本のC野口とのマッチアップで、激しい先行バトルになるか。ただ地元地区のGVで、番手に松浦を従える取鳥のハナを切る意欲は高そうで、先行が決まれば番手回る@松浦の必勝態勢が整う。前回・和歌山GVでE・2・2・@のVを飾り、幸先の良い20年スタートを切った。今節も特選スタートから2連勝で、好調に加えて展開も言うこと無しだ。明日は今日と同様、取鳥に前を任せるが、タテ・横いずれの脚も問題はなく、取鳥が主導権さえ取れれば、首位は揺るがないか。対抗はB和田。前回・小倉FTはA・2・@で優勝。決勝は野口裕のトリッキーな動きもあってマーク離れたが、最後はX字攻撃からのイン強襲でVをつかんだ。今節はここまでA・4という成績。特に初日特選は、岩本俊の捲り不発から松浦後位に切り替えて2着に続いた。明日は野口後位からだが、位置確保しながらイザとなれば奥の手の自力発動も見せるか。穴軸はA坂口を指名。前回・地元四日市FTは、G・1・Aで惜しくもVを逃した。決勝は柴崎淳の捲り不発からコースを見極め、優勝した守澤太の後位に切り替え続いた。今節はここまでC・4。今日の二予A9Rでは、竹内雄の巻き返し不発から自らタテに踏み込んで、勝ち上がりを確保した。明日は不破に前を任せるが、中団確保からの捲り返しなら、今日と同様、最後は自分で空いたコースを飛び込んで来るか。地元GV優参へ負けられないF香川、主導権取りからの粘り込み見せたいG取鳥やC野口、中部3番手も直線強襲もあるH柴崎が波乱を呼ぶか。

<本線予想> 1=3 1=7 1→8 1→4
<穴予想> 2=1 2=3 2→9 2→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
合格点の予想素晴らしいです!
運休上昇気流ですね。
博幸は運があるようです。
松浦は 上手い選手ですね。
Posted by 岸和田オヤジ at 2020年02月01日 22:05
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。それと過大なお褒めの言葉もありがとうございます。
惜しむらくは、11RのD⇔Eが2着・3着になってしまったことです。でも松本の先行も強かったですし、そこを拾えなかったのは減点かも…。
それにしても松浦は、地元番組という点を差し引いても抜群の強さですね。明日の狙いも松浦からかな?でも瀬戸内別線で、松浦の番手が博幸なら、穴狙いは博幸からかも?
Posted by 山本D at 2020年02月02日 00:06
今日もバッチリちゃいますか?
ところで、MJが結婚と大々的に載ってるようですね。気合いを入れ直して頑張って貰いましょう!
おめでとうさん。
Posted by 岸和田オヤジ at 2020年02月02日 09:33
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。
松浦は3番手確保した時点で、半ば優勝決定の流れになりましたね。休んだのが一瞬だったんで、博幸も追いきれませんでした。
MJ結婚の話は、MVP表彰式の後で「早う、はっきりさせて落ち着きや」って言ったんですけど、こんなに早く決まるとは…。驚きとともに、ちょっと責任感じています。
Posted by 山本D at 2020年02月03日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187105972

この記事へのトラックバック