2019年12月20日

12/21 伊東温泉記念GV・12R「S級初日特選」 予想

今週のブログ予想は、あす(21日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、伊東温泉記念(GV)の初日・12R「S級初日特選」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●伊東温泉記念GV・初日

《第12R S級初日特選》

本線 穴
◎   1 三谷竜生(奈良)
    2 武田豊樹(茨城)
  × 3 渡邉雄太(静岡)
× ◎ 4 原田研太朗(徳島)
▲   5 村上義弘(京都)
  ▲ 6 小川真太郎(徳島)
☆   7 木暮安由(群馬)
  ○ 8 管田壱道(宮城)
○ ☆ 9 柴崎 淳(三重)

並び ←@5 F2 B G CE H
※「Keirin.jp」による

特選メンバー中5人が広島から中4日の連戦。単騎も多く展開一つで波乱の目も。
近畿はスンナリの並びだが、関東2車は復帰戦のA武田が「木暮君へ」、徳島2車はC原田が「前で行けるところからしっかり」とそれぞれコメント。またB渡邉・G管田・H柴崎はそれぞれ単騎戦を選択。これで3分戦+単騎3車の超細切れ戦となった。展開は、BK11本のC原田もいるが、@三谷が積極的に仕掛けを見せ、他派や単騎勢が捲りに構える流れと見た。その上で近歴復活傾向大の三谷を中心に考える。前回・広島GVはC・1・6・3で準決敗退。しかしその準決では先行勝負を仕掛けて最終4角までレースを作るなど、復調著しいところを見せた。明日は後ろが村上だけに多少早めの仕掛けになるが、村上のガードを受けての押し切るか。対抗はH柴崎。前回・豊橋FTは腰痛で欠場したが、競輪祭では1・1・@・5・2と準決敗退。DMDレースまでは完璧な走りだったが、準決では好調だったが故の落とし穴にはまってしまった。今回は「競輪祭と同じフレーム」で走るそうだが、悩みの種だったフレームを解決できた19年を締め括るキレある走りを見せて欲しい。
穴軸はC原田。前回・広島GVは@・2・1・Hと優参。準決までの3走は完璧だったが、決勝はBK捲りを坂口晃に併されて不発で、不完全燃焼に終わった。競輪祭終了後も別府・広島とGVあっせんが続き、。体調面での不安もある。ただ明日は、小川を後ろに従えて前回りになるが、タイミング見計らっての一発捲りで近歴好調の勢いを見せてもらいたい。前回復帰戦・決勝2着のG管田の総力戦、番手回るD村上・E小川の立ち回り、一発捲りなら互角のF木暮のスピード、そしてこの大会連覇がかかる地元のB渡邉の自在戦、印は回らなかったが復帰戦となるA武田の意地と、2〜3着候補とするには失礼なスター達が揃った。まさにこのまま決勝でもおかしくない今年最後のGV初日特選だ。

<本線予想> 1=9 1=5 1→4 1→7
<穴予想> 4=8 4=6 4→3 4→9


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186939845

この記事へのトラックバック