2019年12月20日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、広島記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲でG藤田竜矢が飛び出してSを決め、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、関東2車−九州2車−単騎のE筒井裕哉−単騎のH坂口晃輔−B根田空史−(マークのF守澤太志と@諸橋愛の競り)順。赤板HS(残り2周)から根田が上昇、番手戦は一旦諸橋に軍配が上がる。しかしA松岡貴久が併せるように踏み上げると、正攻法の藤田も突っ張る構えを見せ、根田は再度後方に車を下げる。松岡が中バンクまで上がって根田の動きをけん制すると、筒井と坂口が空いたインをすくって中団まで上昇。これを見て最終HSから藤田が先行勝負に出るも、根田が一気に山おろしをかけてスパート。ところが坂口のけん制を受けた諸橋が離れてしまい、根田は単騎での先行となる。さらに最終1センターから坂口と守澤がインをすくって根田を追いかける。そして最終4角で坂口が追い付くと、その後位を回っていた守澤が直線鋭く伸びて1着になる。2着には根田が粘り、坂口が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 F→B 8490円
 3連単 F→B→H 77460円

【11R】
号砲直後のけん制状態から、A伊藤大志が@池田良を制して誘導を追いかけ、正攻法にC菊地圭尚を迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本3車−瀬戸内2車−ライン3番手のG近藤俊明−近畿2車−ライン3番手のF福田和也の順。青板3角(残り2周半)からB川村晃司が上昇すると、中団のD原田研太朗を抑え込む。川村はジャン前BKで再度上昇して菊地を叩くと、そのまま先行勝負に出る。最終HS一本棒の態勢から、原田が7番手捲りを仕掛けると、川村番手のH村上義弘のけん制も乗り越えて先頭に躍り出る。結局、原田がそのままの勢いで1着になり、番手マークの池田が2着に流れ込む。3着は、村上後位から直線伸びた福田が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→@ 330円
 3連単 D→@→F 2530円

【12R】
号砲でD南修二が飛び出してSを決め、@三谷竜生を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿2車−ライン3番手のA河野通孝−西日本3車−北日本・南関2車−ライン3番手のG関貴之の順。青板BK(残り2周半手前)からB管田壱道が上昇すると、正攻法の三谷を抑えようとする。三谷がスンナリ車を下げると、管田の動きを追ったC中本匠栄がジャン前BKで管田を叩いて先頭に躍り出る。中本はそれほどペースを上げず流していると、ジャンを合図に7番手から巻き返してきた三谷が、中本を叩き返して先行勝負に出る。しかし3番手の河野と中本が捌き合いでもつれると、これを見た管田が最終BKから捲り上げ、南のけん制を乗り越えて最終4角で三谷を捉える。しかし中本マークから最終2センターで車を外に持ち出して、鋭く追い込んだF橋本強が1着になる。管田マークから伸びたH岡村潤が2着になり、管田が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 F→H 8100円
 3連単 F→H→B 34050円

広島記念の準決勝は、11Rは本線ラインが結果を残しましたが、10・12Rは主力級が意外な苦戦を強いられ波乱の結果に終わりました。
10Rは根田が先行するセオリー通りの展開。しかし番手競り勝った諸橋が離れ、競り負けたはずの守澤が坂口のイン捲り気味の追い上げマークに乗って、さらに直線強襲しました。「競りは完敗」とレース後コメントを残した守澤でしたが、競り負けたのがジャン過ぎの2センター。まだまだ巻き返せるタイミングで、しかも坂口が仕掛けたのを見逃しませんでした。「最後は余裕があった」というのも、道中は意外と脚を使わなかった故でしょう。北日本の主力マーク陣の一角として、これからは捌きの上達が必要になってくるかもしれませんが、まだまだタテ脚も健在であることを証明したレースでした。
11Rは、持ち味のスピードを活かしたHS捲りで、原田が他派を一刀両断しました。川村の先行も悪くはありませんでしたし、番手回る村上のけん制を乗り越えた勢いはさすがのもの。番手に地元の池田を連れていたこともあって、気を遣って早めの巻き返しでした。それでも「余裕はありました」とのことで、さらに「イエローまで登ったら、(村上のけん制も)大丈夫」と思っていたようで、レースも見えています。ただ決勝は根田の先行の前に屈した訳ですから、そうそう何度も同じ手は通用しません。今後はさらに攻めのバリエーションも必要になってくるかと思います。
12Rは、三谷の先行を管田が捲り切ったと思いきや、そこへ切り替えていた橋本が直線鋭く伸びました。今や追い込みに完全にシフトした橋本ですが、最終2センターからの捲り追い込みは、自力時代に戻ったような鋭さがありました。もちろん「しっかりレースを作ってくれたから」と、前を任せた中本への感謝は忘れませんでしたが、驚くような伸び返しでした。愛媛以外にも四国勢の若手自力屋が成長を続けるという、橋本にとって嬉しい状況が続いていますが、この日のようにイザとなれば自分で仕掛けなければならない展開もある以上、奥の手のタテ脚への鍛練も忘れないようにしてもらいたいと思います。

さて今週の番組は「明日のレース見どころ&はりきり予想」をお送りします。明日(21日)開幕する伊東温泉記念の12R「S級初日特選」の見どころを紹介します。なおヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜8時半頃を予定していますまた、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186936907

この記事へのトラックバック