2019年12月06日

12/7 佐世保記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(7日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、佐世保記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●佐世保記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
×   1 高原仁志(徳島)
☆ ◎ 2 山田久徳(京都)
▲ ○ 3 吉田拓矢(茨城)
    4 小川勇介(福岡)
○ ▲ 5 小倉竜二(徳島)
    6 戸田康平(香川)
  ☆ 7 澤田義和(兵庫)
    8 高木 翔(岩手)
◎ × 9 和田健太郎(千葉)

並び ←E51 4 B9 G A7
※「Keirin.jp」による

H和田が「吉田君へ」とコメントし、C小川とG高木が単騎戦を選択。これでライン構成は3分戦+単騎2車となった。BK11本のE戸田がライン3車の長さを活かして先陣を切り、BK12本のB吉田などが捲りに回る流れになるか。そうなれば戸田後位のD小倉が有利になるが、あえて吉田後位から伸びるH和田に◎印を付ける。競輪祭は7・1・3・2・Eと優出し、決勝では捲り追い込んで見せ場こそあったが、V争いには加われずに終わった。今節はC・2の勝ち上がりだが、今日の二予Aでは山中秀の捲りを追走して僅差の2着で、良い状態をキープしているようだ。明日は吉田に前を任せるが、先行・捲りいずれにしても仕掛けを巧くアシストして、ワンツーを決めてくるか。対抗はD小倉。競輪祭は5・6・5・3・7と二予Bで敗退し、小倉らしさを見せられずに終わった。今節は一予スタートということもあって1・3での勝ち上がり。初日は工藤文の先行を活かして快勝、二予Aは太田竜のイン詰まりを見て切り替え伸びた。明日は積極的な攻め見せる戸田マークだが、後続の捲り返しを巧みに捌いてアタマ取り決めて決勝進出だ。穴軸はA山田。競輪祭は7・3・6・1・1と、こちらも二予B敗退を喫したが、負け戦で2連勝と気を吐いた。最終日・特秀戦では、三谷竜のジャン前先行をしっかりマークして南修とのワンツーを決めた。今節はF・3での勝ち上がりだが、好調はキープしていると見えた。明日も今日と同様自力戦になるが、タイミングを見計らっての一発捲り繰り出せば、好配を呼び込むか。B吉田の粘り脚は当然だが、@高原の強襲、F澤田の喰らい付きも、2〜3着候補として押さえなければならないか。

<本線予想> 9=5 9=3 9→1 9→2
<穴予想> 2=3 2=5 2→9 2→7


《第11R S級準決勝》

本線 穴
▲ ☆ 1 村上義弘(京都)
○ ▲ 2 太田竜馬(徳島)
× × 3 藤根俊貴(岩手)
☆   4 高橋陽介(青森)
◎ ○ 5 古性優作(大阪)
    6 蓮井祐輝(香川)
    7 荒井崇博(佐賀)
    8 柿澤大貴(長野)
  ◎ 9 濱田浩司(愛媛)

並び ←A96 8 B4 D17 
※「Keirin.jp」による

F荒井が「近畿の後ろへ」、G柿澤は「一人でやる」と話し、ライン構成は3分戦+単騎1車。ラインの先頭3車は当代きっての強力自力型が揃ったが、ライン2車でもB藤根が仕掛け、A太田・D古性が捲り返すというのがセオリーか。ただ捲り勢も早めの巻き返しが求められそうで、流れ一つで大きく展開も変わって来そうだ。その中でも力上位のD古性に本命の◎印を打つ。競輪祭は7・3・8・2・1で二予B敗退だったが、負け戦2走がいずれも連対で存在感をアピール。今節はA・6でギリギリの勝ち上がりだが、初日特選では流れの中で飛び付きを見せるなど、持ち前のセンスの良さを見せた。明日も自力戦だが、村上を引き連れる以上、攻める姿勢も求められる。それだけにチャンスつかめばワンツー決着も。対抗はA太田。近歴やや物足りなかったが、競輪祭では6・2・7・1・9と二予A敗退。ただ一予2でジャン先行2着に粘るなど、シリーズ通じて好気配を見せ続けた。今節はD・5の着状況だが、初日特選ではジャン前から仕掛けるなど、先行意欲は高そうだ。明日はライバルが強力だが、攻めの走りを見せればライン上位独占も。穴軸は太田の番手H濱田を抜てき。前回・別府FTはH・5・1と優参を逃したが、最終日・特選では先行する小森貴の3番手から内伸びて1着。今節は4・2の勝ち上がり。一予こそ大波乱の片棒を担いだが、今日の二予Bは先行する戸田康の番手喰らい付き、2着に続いた。明日も同様の流れになろうが、アタマ取りまで行った形で再び波乱の片棒を担ぐか。古性の引き出しで活きる@村上、カマシ決まれば粘り込むB藤根、その藤根後位からタテ脚伸ばすC高橋は、アタマ候補としても気になる存在だ。

<本線予想> 5=2 5=1 5→3 5→4
<穴予想> 9=5 9=2 9→3 9→1


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲ ☆ 1 園田 匠(福岡)
☆ ◎ 2 山中秀将(千葉)
    3 伊藤大志(青森)
    4 岡 光良(埼玉)
◎   5 井上昌己(長崎)
  × 6 佐藤朋也(秋田)
×   7 野原雅也(福井)
  ▲ 8 上原 龍(長野)
○ ○ 9 小松崎大地(福島)

並び ←F51 H63 A84
※「Keirin.jp」による

D井上が「野原君へ」、G上原が「同期の山中君へ」とコメントし、きれいな3分戦となった。地元を引き連れるBK12本のF野原が積極的に駆けそうだが、A山中・H小松崎がスンナリ捲りに回る流れになるか不透明。ただ野原番手を回るD井上が有利であることは間違いなく、レースの中心に据える。競輪祭は2・1・E・8・8と準決敗退にはなったが、DMRに進むなど地元記念につながる走りを披露した。今節の勝ち上がりも@・3と勢いそのままで、「調子は問題ない」と絶好調宣言。明日は実質逃げイチで、野原が注文通りの走りさえしてくれれば、イザとなれば番手捲りで抜け出しもあろう。4回目の地元GV制覇に向けて、取りこぼしは許されない。対抗はH小松崎。競輪祭は1・7・2・9・9と、こちらも準決敗退。しかし二予Bで見せたHSカマシは迫力十分。ただ今節はH・5と本来のシャープな走りが見られないが、明日は親王牌決勝で見せたイン粘りなど総力戦で、決勝進出への道を切り開くか。穴軸はA山中。上位進出が期待された競輪祭は8・1・8・2・5で二予A敗退するも、一予2で見せたカマシ先行は圧巻。今節は予選スタートも、このメンバー唯一の1・1での勝ち上がり。今日の二予Aでは太田竜を巧みにインに詰まらせ、2角捲りで快勝した。明日も小松崎との中団バッティングが考えられるが、今日と同様の動きを出せれば3連勝&優参も夢ではない。山中マークから差し脚伸ばすG上原、西日本3番手から突っ込む@園田、逃げ粘るF野原、小松崎マークから強襲劇見せるE佐藤あたりは2〜3着候補以上の存在感だ。

<本線予想> 5=9 5=1 5→7 5→2
<穴予想> 2=9 2=8 2→6 2→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
村上の今日の動きは良かった。昨日まではもう限界?と感じてしまった。
決勝は近畿から優勝が出るか?

明日はチャレンジファイナルの蓮君がどんな走りするかがメインです。
Posted by 岸和田オヤジ at 2019年12月07日 23:34
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。
決勝の近畿ラインは、山中を捌いて出たところまでは良かったですが、その時点でかなりの大混戦。脚を貯めた太田に有利になる流れでした。もう少し古性が早めに出ていたらとは思いますが、なかなか難しいですね。
チャレンジファイナルの蓮君は、流れを上手く引き寄せられなかったかな。切ってさらに切られて、叩かれてになるとイン詰まりになるし、最後もコースが空かなかったですね。これを良い薬にして、特昇目指してさらに頑張ってもらいましょう。
Posted by 山本D at 2019年12月09日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186888632

この記事へのトラックバック