2019年12月06日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、別府記念(GV)の初日・12R「S級初日特選」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@渡邉一成が飛び出してSを決め、H岩本俊介を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本・南関3車−単騎のF木暮安由−単騎のG稲垣裕之−中部2車−単騎のA山田英明−単騎のD原田研太朗の順。赤板HS(残り2周)の進入からE不破将登が踏み上げ、正攻法の岩本を叩くと、木暮・稲垣・原田がここへ切り替え追走する。しかし、岩本が7番手に車を下げて隊列一本棒になると、ハナに立った不破がそのまま先行勝負に出る。しかし岩本はジャン過ぎ2センターから巻き返しに出ると、最終2角で前団を捉えて先頭に躍り出る。すると、このタイミングで岩本の仕掛けを追走した原田が最終BKから捲り返すと、最終2センターで岩本を捉え、そのまま1着になる。2着には原田の捲りに切り替え追走した山田、3着には山田の動きを追走した木暮がそれぞれ続く。

<結果・払戻金>
 2車単 D→A 2780円
 3連単 D→A→F 9260円

別府記念の初日特選は、最終2角以降の捲り合戦に最初に名乗りを上げた原田が、後続の追撃を封じ白星発進を決めました。
単騎勢が多く立ち回りの難しいレースでしたが、原田は最終2角から上がり11秒2の鮮やかな捲りを決めました。競輪祭直後で肉体的にも精神的にも厳しい開催でしたが、レース後「同期の松浦(悠士)がGT獲ったんで、モチベーション落とさずに走れた」とコメント。2018年は賞金ランク10位とSS班に手が届きそうなところまでいった原田ですが、2019年は18年と比べると今一つという感は拭えません。しかし同期のライバルが頂点に立ったのを見て、気持ちが高ぶってくるのは良い傾向です。素質は良いものを持ってますし、徳島に限っても太田竜や島川貴などを初めとする若手自力選手はタレント揃い。これでGレース中堅クラスでくすぶっていてはいけません。実際このシリーズは、二予Aで稲毛・岩本にレースをさせてもらえず敗退し、ファンの期待を裏切る結果になりました。2020年、原田がさらに一皮むけて飛躍する姿を見せてくれるのを期待したいと思います。

さて今週の番組は「明日のレース注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の佐世保記念10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186877673

この記事へのトラックバック