2019年11月29日

11/30 別府記念GV・12R「S級初日特選」 予想

今週のブログ予想は、あす(30日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、別府記念(GV)の初日・12R「S級初日特選」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●別府記念GV・初日

《第12R S級初日特選》

本線 穴
◎ ▲ 1 渡邉一成(福島)
  ☆ 2 山田英明(佐賀)
○ × 3 浅井康太(三重)
×   4 大槻寛徳(宮城)
☆ ○ 5 原田研太朗(徳島)
    6 不破将登(岐阜)
  ◎ 7 木暮安由(群馬)
    8 稲垣裕之(京都)
▲   9 岩本俊介(千葉)

並び ←H@4 8 7 E3 D A
※「Keirin.jp」による

競輪祭が終わり早5日。決勝と同様、このレースも超細切れ戦で予断は許されない。
コメントから、ライン構成は2分戦+単騎4車の超細切れ戦となった。岩本後位に北日本2車、中部2車以外はいずれも「一人で」「単騎で自力」を選択した。競輪祭決勝と同じようだが、中部ラインが2車であることがやや様相を異なるものにさせている。ただBK本数11本で不破(10本)より上回るH岩本が、ラインの長さを活かして積極的に駆けるのが想定され、さらに番手から@渡邉が抜け出すと見て◎印を付ける。競輪祭は6・3・9・9・6で二予B敗退。自力戦を強いられる番組が続いたこともあって、思い通りに走れなかったようだ。明日は岩本マークからの組み立てとなるが、イザとなれば番手捲りも繰り出して、大槻も連れ込みワンツー決めてシリーズ初戦を飾るか。対抗はB浅井。SS班防衛がかかった競輪祭は8・3・5・6・3。こちらも二予B落ちで、8年間守り続けたSS班から陥落となった。しかし縦横無尽の攻めスタイルが変わる訳はなく、明日は不破に前を任せる以上、可能な限りのアシストを見せて中部ワンツーに向けて全力集中だ。
穴軸はF木暮。メンバー中唯一の競輪祭ファイナリストで、2・3・2・3・Dの着状況以上の走りを小倉バンクで披露した。決勝では関東3番手もあったが、自らの可能性を信じて単騎戦を選択。清水裕のかく乱もあって、攻め返しのタイミングを逸してしまったのはもったいなかったが、GT優勝まであと一歩であることは間違いないのを証明した。明日も単騎戦だが、持ち前の競走センスを別府バンクで見せつけてもらいたい。一発捲りなら負けないD原田・A山田のスピード、H岩本の逃げ粘り、北日本・南関3番手も関係ないC大槻の差し脚は2〜3着受け以上の存在だ。

<本線予想> 1=3 1=9 1→4 1→5
<穴予想> 7=5 7=1 7→3 7→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186863619

この記事へのトラックバック