2019年11月08日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、防府記念(GV)2日目9〜12R「S級二次予選A」の欲張り4箇レースヘボヘボ予想でした。

【9R】
号砲直後のけん制状態から、@渡部哲男がゆっくりと誘導を追いかけ、D宮本隼輔を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、瀬戸内2車−近畿3車−九州2車−南関2車の順。青板HS(残り3周)からF郡司浩平が上昇し、正攻法の宮本を抑え込む。しかし宮本は突っ張り再度前に出ると、郡司は後方に下げさせられる。宮本はペースをスローにして後続の動きを警戒する中、ジャン前2角から郡司がカマシ先行を狙って、一気にスパート。叩かれて3番手に下がった宮本は最終HS過ぎから再度巻き返しに出ると、郡司番手のC渡邉晴智のけん制をくぐり抜けて郡司に迫る。しかし郡司は再度踏み直してそのまま1着になる。2着には宮本マークの渡部が入り、宮本が僅差の3着となる。

<結果・払戻金>
 2車単 F→@ 630円
 3連単 F→@→D 1410円

【10R】
号砲でE芦澤辰弘が飛び出しSを決めると、B鈴木竜士を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、茨城2車−南関2車−京都・中部3車−徳島2車の順。青板HS(残り3周)からG島川将貴が上昇し、中団のH根田空史を抑える。赤板HS(残り2周)を迎え、島川がさらに前々踏み上げると、島川の動きを追走したC山本伸一が叩いて出ようとする。しかし島川も突っ張って抵抗すると、山本は叩き切れず外に浮いてしまう。島川のカカリは良く、後続が仕掛けられない中、最終2角過ぎ3番手から鈴木が捲る構えを見せたことで、番手のD原田研太朗が発進。結局、原田が後続を振り切って1着になり、先捲りを仕掛けた鈴木が2着に入る。最終3角から内をすくって伸びたA村上博幸が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→B 1640円
 3連単 D→B→A 6850円

【11R】
号砲でポンと飛び出したD植原琢也がSを決め、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、関東3車−近畿3車−単騎のA内藤秀久−西日本2車の順。レースの動きは早く、青板HS前の2センター(残り3周半過ぎ)からG取鳥雄吾が上昇し、正攻法の植原を抑えにかかる。しかし誘導待避で植原は突っ張る構えを見せると、E藤井昭吾が一気に前団を叩いてハナを切る。藤井番手の三谷が車間を切るところ、ジャン過ぎ2センターから植原が先捲りを仕掛ける。これを見て、三谷が最終1角で番手捲りで対応。しかし植原も譲らず、三谷番手のH松岡健介と併走となる。結局、三谷が後続を振り切って1着になり、マークの松岡が2着に続く。3着には植原が粘り込む。

<結果・払戻金>
 2車単 @→H 380円
 3連単 @→H→D 3950円

【12R】
号砲直後のけん制状態からA新山響平が飛び出し、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、北日本2車−中部2車−大阪2車−中国3車の順。青板HS(残り3周)を迎え、D清水裕友が踏み上げて新山を抑えると、新山はスンナリ車を下げる。ハナに立った清水は少しずつペースを上げると、清水の動きを追走したF竹内雄作とB伊藤信が中団を巡って併走する。そこで赤板HS(残り2周)から、車を下げていた新山がカマシ気味に前団を叩き、そのまま先行勝負に打って出る。叩かれた清水は3番手に収まり、最終HSから捲り返しに出た竹内を併せつつ、最終2角から捲り発進。清水は最終4角で前団を捉え、そのまま1着になる。清水番手の@桑原太志が2着に続き、新山が3着に粘り込む。

<結果・払戻金>
 2車単 D→@ 260円
 3連単 D→@→A 1260円

多少の紛れも考えられた防府記念の二次予選Aは、主力組がきっちりと上位を占め、順当な結果に終わりました。
9Rは、郡司のハラを括ったカマシ先行が見事に決まりました。郡司の立ち回りもさすがでしたが、執拗なけん制を受けながらも粘り込んだ宮本にこれからの活躍を感じました。捲り返すことはできませんでしたが、シリーズ通して動きの軽快さは強く印象に残りました。
10Rは、原田が冷静に番手捲りで決着を付けました。島川の根田を抑えた先行もカカリが良く、鈴木が迫って来ないのを見て、出るタイミングを遅らせました。「番手は難しい」とレース後に話していましたが、捲り勢が力のある選手だらけだったことですし、島川を残せなかったのはやむを得ないでしょう。しかし番組によって自力・マークの両面作戦が取れるのは、原田の大きなメリットの一つ。これを大いに活かして、これからのステップアップにつなげてほしいです。
11Rも三谷の番手捲りが迫力一杯でした。藤井が半ば「弾役」として先行している以上、植原の捲りを見たならば出て行かざるを得ません。好回転で迫る植原を退けたのはGPチャンプ・SS班の意地だったでしょう。また決勝でも、ジャンカマシというまさに奇襲作戦で3着に粘りました。決勝という大事な舞台で、こういった作戦が出るのは状態が良いという証拠。競輪祭が楽しみになってきました。
12Rは、新山に叩かれたものの、清水が先行含みの立ち回りで他を圧倒しました。新山の巻き返しがなければそのまま先行という流れでしたが、3番手に収まった瞬間に捲り上げるという、それ相応の力がなければできない走りを見せました。それでもなお「状態は良くない」と言った訳ですから、底が知れません。競輪祭・GPに向けて上昇一途の清水の走りから目が離せません。

さて今週の番組は「明日のレース注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の和歌山FT「西日本カップ デイリースポーツ杯」9〜11R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186775054

この記事へのトラックバック