2019年09月27日

9/28 京都向日町記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(28日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、京都向日町記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●京都向日町記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
× ◎ 1 稲垣裕之(京都)
▲ ☆ 2 岩津裕介(岡山)
○ ○ 3 田中晴基(千葉)
☆ ▲ 4 飯野祐太(福島)
    5 渡部幸訓(福島)
    6 小泉俊也(岩手)
    7 勝瀬卓也(神奈)
  × 8 神田紘輔(大阪)
◎   9 松浦悠士(広島)

並び ←H2 C56 B7 @8
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

ライン構成は4分戦。注目された北日本3車の前後はC飯野が「前でやる」とコメントして落ち着いた。徹底先行不在だが、BK7本のE小泉がライン3番手なら、BK9本のH松浦が自力発動する流れになりそう。ただ初日特選で力強いジャン先行を披露し、頭一つリードで押し切りもあろうと見て、松浦を本命に推す。前回・共同杯は2・6・2・1で、二予A敗退と意外な結果。ただそれ以外の3走はいずれも連絡みで、さすがの走りを見せた。明日は前述の通り自力戦になるが、ライン2車でも思い切った仕掛けで岩津とのワンツーもあるか。対抗はB田中。前回の久留米FTではC・3・Eと優参。決勝では先行する坂本周の3番手から捲り上げ、中村浩のVに貢献した。今節は初日特選が郡司浩マークから差し交わして1着、今日の二予Aは捲り返すもやや伸びを欠き6着で、ギリギリの勝ち上がり。明日も自力戦だが、イン切り合戦からの中団取りなら、捌きもできる田中に有利で、そこからの捲り返しで直線強襲も。穴軸は@稲垣。近歴は可もなく不可もない結果が続くが、前回の共同杯も7・3・3・9と一予敗退。マーク戦の番組も多くはなってきたが、なかなか結果に結びついてこないのが歯がゆいところ。明日は自力戦だが、中団確保から先捲りを仕掛けて前団に迫れれば、アタマ取りまで期待できよう。松浦番手から差し脚見せるA岩津、一発大駆け見せたいC飯野、稲垣追走からコース衝きたいG神田は、2〜3着受けでも要注意だ。

<本線予想> 9=3 9=2 9→1 9→4
<穴予想> 1=3 1=4 1→8 1→2


《第11R S級準決勝》

本線 穴
  × 1 荒井崇博(佐賀)
◎   2 郡司浩平(神奈)
× ◎ 3 原田研太朗(徳島)
    4 稲村成浩(群馬)
☆ ▲ 5 黒田 淳(岡山)
    6 鈴木 誠(福島)
○ ☆ 7 木暮安由(群馬)
    8 中村 淳(栃木)
▲ ○ 9 佐藤慎太郎(福島)

並び ←B51 A96 F48
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

@荒井が「瀬戸内へ」とコメントして、きれいな3分戦。このレースも徹底先行不在で、展開は流れ一つになりそうだが、BK7本で機動力上位のB原田がハナを切り、A郡司・F木暮が捲り返しの展開か。自力・捌きいずれにしても動き活発なA郡司をレースの中心に据える。前回・共同杯は3・1・3・@で見事悲願のビッグ初制覇。決勝でも冷静に3番手を確保し、先に捲り上げた。今節は初日特選こそ捲って2着に突っ込んだが、今日の二予Aは島川将のジャンカマシに対応できず5着に沈み30万車券の片棒を担いだ。明日は中団確保がカギになるが、イザとなればカマシ先行も辞さない積極的な攻めを見せるか。対抗はF木暮。共同杯は1・2・7・4で準決敗退。その準決は落車を避けた後、踏むコースもなくなり完全な展開負け。今節はH・3での勝ち上がりだが、今日の二予Aは横山尚マークから、確実に勝ち上がり権利を確保した。明日は自力戦になるが、得意のトリッキーな動きで中団確保して、最後は直線強襲で優参圏内へ突っ込むか。穴軸はB原田。前回・共同杯は6・8・1・9と一予敗退で、AS時に比べるとやや乱調気味。今節は一予から1・5だが、今日の二予Aは野原雅の先行に手も足も出ず、何とか勝ち上がった。明日は先行を求められる流れかもしれないが、出切った時のスピードはGレース上位戦でも通用するだけに、黒田のガードを活かして、押し切りまで持って行きたい。木暮マークのH佐藤、原田番手のD黒田は当然だが、瀬戸内3番手から伸び勝負の@荒井にも食指が伸びる。

<本線予想> 2=7 2=9 2→3 2→5
<穴予想> 3=9 3=5 3→1 3→7


《第12R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 村上義弘(京都)
  ▲ 2 池田憲昭(香川)
○ ○ 3 管田壱道(宮城)
☆ ☆ 4 藤田竜矢(埼玉)
×   5 野原雅也(福井)
    6 近藤夏樹(千葉)
  × 7 阿部力也(宮城)
    8 長田祐弥(神奈)
▲ ◎ 9 井上昌己(長崎)

並び ←D1 C E8 H2 B7
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

C藤田が「単騎で」とコメントし、4分戦+単騎1車のライン構成。展開は、村上を背負うD野原が今日と同様、積極駆けを見せ、他派が捲り返すというのがセオリーか。ならば番手抜け出す@村上が◎印になる。共同杯は3・3・4・2で準決敗退したが、前回る自力屋がいれば、番手から飛び出して直線勝負できる脚は健在というのを見せつけた。今節はここまでF・1だが、今日の二予Aも野原をギリギリまでかばってライン上位独占を決めた。明日は今日よりも早いタイミングでの抜け出しが求められるが、後続の追撃をしのげば地元ファンの後押しでアタマ取り見せるか。対抗はB管田。ASで決死の先行役を務め、新田祐Vに貢献したのが記憶に新しいが、共同杯は6・8・2・2と二予B敗退。GP出場権のボーダー線上かと思いきや、「10,11月はあっせん停止でGPはあきらめた」とのこと。それだけに、あっせん停止前の今節はVを飾って、松浦や郡司らに爪痕を残したいところか。そのためにも明日は自分のタイミングを大事にした走りで優参へ一直線だ。穴軸はH井上。前回は久留米FTでA・3・Cと優参。田中晴と同走だった決勝は、坂本健の捲り追い込みを追走もV争いには加われなかった。今節はD・2での勝ち上がりだが、今日の二予Aは松岡孔追走から自ら捲り上げた。明日は自力戦だが、混戦になれば持ち前のダッシュ力から大外強襲で波乱演出か。井上後位A池田の飛び込み、管田マークF阿部の強襲、単騎ゆえ不気味なC藤田の立ち回り、先行するD野原の逃げ粘りは押さえ漏れは厳禁だ。

<本線予想> 1=3 1=9 1→5 1→4
<穴予想> 9=3 9=2 9→7 9→4


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186612347

この記事へのトラックバック