2019年09月20日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、「第35回共同通信社杯」(GU)の2日目10〜12R「S級二次予選A」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲でポンと飛び出した@村上博幸がSを決め、正攻法にH山本伸一を迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿3車−F山ア賢人−マークの愛知2車−瀬戸内3車の順。青板BK(残り2周半)からG松本貴治が上昇すると、中団の山アを抑え込む。松本は赤板HS(残り2周)過ぎでさらに踏み上げハナに立つも、ジャン前BKから山アが再度一気に踏み上げ、松本を叩いて先行勝負に出る。最終HSから山本が巻き返しを狙って踏み上げ、松本が叩かれて空いた4番手位置に割り込む。さらに松本マークのD小川真太郎が最終2角からこれを追いかけるように捲り返しに出る。結局、山ア番手のB金子貴志が直線で差し交わして1着になる。2着には最終3角から小川の捲りを併せて追い込んだ山本が突っ込み、山アが3着に粘りました。

<結果・払戻金>
 2車単 B→H 10290円
 3連単 B→H→F 52520円

【11R】
号砲で内枠3車が様子見しながら誘導を追いかけ、正攻法に付いた@渡部哲男がG取鳥雄吾−F清水裕友を迎え入れる。周回中の位置取りは、瀬戸内3車−単騎のA木暮安由−京都2車−単騎のH諸橋愛−単騎のC吉田敏洋−単騎のD中川誠一郎の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からE高久保雄介が上昇し、そのまま赤板HS(残り2周)で取鳥を叩いて先頭に躍り出る。この動きに諸橋−木暮−吉田−中川の順で切り替え、取鳥は7番手まで下がる。高久保はさらにペースアップして先行勝負を敢行すると、ジャン過ぎ2センターから取鳥が巻き返しに出る。しかし取鳥は最終1センターで高久保番手B村上義弘のけん制を受けて失速、後退。すると取鳥マークの清水が自力に転じて捲り返しを狙うと、村上が番手捲りで応戦し、村上に続いた諸橋・木暮が清水をけん制。結局、けん制した勢いで直線突っ込んだ諸橋が1着になり、木暮が2着に続く。3着には村上が粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 H→A 5980円
 3連単 H→A→B 43800円

【12R】
号砲で飛び出したE成田和也が南関勢とのS取り合戦を制して、正攻法にG櫻井正孝を迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本2車−南関2車−三重2車−西日本2車−単騎のH平原康多の順。赤板HS(残り2周)を迎え、D浅井康太が上昇するも櫻井が突っ張る構えを見せる。浅井は下がった際に中団のA宮本隼輔を抑えようとするも、宮本はこれを嫌ってインをすくって上昇を試みる。しかし櫻井にこれを阻まれ前に出られないところ、ジャンでB和田真久留がイン切り気味に叩き先頭に躍り出ると、ジャン過ぎ4角からそのまま先行。宮本も最終HSから捲り返しに出るも、和田もカカっており、宮本が捉えるのに窮する。前団のもつれを目標に最終BKから捲り返した平原に続いた浅井が、直線大外を強襲して1着になる。2着には宮本が突っ込み、平原が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→A 4450円
 3連単 D→A→H 14360円

共同通信社杯の二次予選Aは、5着権利という広き門ではありましたが、混戦レースの連続でSS班選手が敗退するなど思わぬ波乱が続きました。
10Rは、山アが大方の予想通り主導権を握り、番手を回った金子が白星を挙げました。いまや自在から追い込み選手に転じようとしている金子にとって、山アがスンナリ主導権を奪ったことでこれ以上ない絶好の流れとなりました。さらに山アを残しながらの差し交わしで、番手マーク選手の走りとしては満点。山アもレース後コメントで「競輪選手を目指したのは、金子さんがGP優勝した姿を見た時から」と、憧れの選手が番手に付いてくれたことを意気に感じての先行だったようです。地区違いでなかなか連携する機会がほとんどありませんが、これも自動番組の妙で、金子も山アの強さを再認識したようでした。
11Rは、単騎勢が京都コンビに次々と切り替え、取鳥は不発に追い込まれました。その取鳥を厳しくけん制し、捲ってきた清水を併せてさらに不発に追い込んだ村上の立ち回りはさすがの一言です。「取鳥君をけん制してから内がガラ空きになって、後ろから一気に来られそうだったんで」と番手捲りに行った理由を話していましたが、3着という結果はさておき、村上の凄みのある走りを見せてもらったように感じました。また賞金ランクでGP出場権がかかる諸橋のシビアな攻めも目を引きました。
12Rは、浅井・平原のSS班2車が力の違いを見せました。落欠後の平原は、このレースでは捲った動きはもう一息でしたが、前団の混戦を見極めての先捲りはレースが見えている証拠です。浅井も無理に捲り上げようとせず、平原後位にスイッチしての伸び返しはさすがでした。ただそれ以上に目を引いたのは、宮本のスピードでした。勝負所で櫻井と踏み合いになりましたが、それを二の脚・三の脚で振り切って2着まで飛び込んで来ました。若手選手を引き上げる共同通信社杯の企画意図からすれば、もっと宮本のような若手選手が上位に進出しなければいけないのでしょうが、今後の上位戦での活躍を予感させる走りでした。

さて今週の番組は「明日のレース見どころ&はりきり予想」をお送りします。明日から始まる和歌山本場・ガールズFUの12R「A級初日特選」の見どころを紹介します。併売場外が行われる岐阜記念・初日12R「S級初日特選」と合わせて、ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜8時半頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186575928

この記事へのトラックバック