2019年09月13日

9/14 共同通信社杯GU 10〜12R「二次予選A」 予想

今週のブログ予想は、あす(14日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、「第35回共同通信社杯」(GU)の2日目10〜12R「S級二次予選A」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●共同通信社杯GU・2日目

《第10R S級二次予選A》

本線 穴
  ○ 1 村上博幸(京都)
◎ × 2 松浦悠士(広島)
× ◎ 3 金子貴志(愛知)
  ☆ 4 岡本 総(愛知)
▲   5 小川真太郎(徳島)
    6 渡辺十夢(福井)
○ ▲ 7 山ア賢人(長崎)
    8 松本貴治(愛媛)
☆   9 山本伸一(京都)

並び ←F34 GD2 H16
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

自動振り分け番組で行われる今大会は、ヘタすれば6〜8分戦という超細切れ戦になることもあるが、このレースに限ってはきれいな3分戦となった。ただB金子が「山ア君へ」とコメントし、九州+愛知という変則ラインになった。BK18本のG松本もいるが、13本のF山アもいて主導権争いは激しくなりそう。ただ松本が主導権取りを決めると見て、ライン3番手からA松浦の強襲劇を中心に据えたい。今日の一予は南潤を叩いた岩本俊の3番手を確保し、直線強襲で僅差の2着。準決へは5着権利だけに、まず明日は松本の主導権取りをアシストして、ラストは今日と同様の直線勝負でアタマ取りまで期待したい。対抗はF山ア。前回・武雄FTではC・2・Bで優参。決勝は柴崎淳を連れ出す形にはなったが、HS捲りの威力は十分だった。今日の一予でもジャン過ぎからの叩き先行で2着に粘り込むなど、好調ぶりは相変わらすだ。明日は3分戦になったことで、取り組みやすい流れになったか。自分のタイミングで仕掛けて力を出し切るか。穴軸はその山アマークのB金子。前回・広島FTはB・1・Fで優参。自力戦だった決勝は、思うような位置取りができず惨敗したが、ASでの落車後としてはまずまずだった。今日の一予は吉田敏の捲りを差し交わしての白星発進だが、明日も同様の流れから山アを交わす姿を見てみたい。山本の仕掛けから突っ込む@村上、松本番手から伸びるD小川、捲り上げるH山本のタテ脚にも警戒したい。

<本線予想> 2=7 2=5 2→3 2→9
<穴予想> 3=1 3=7 3→2 3→4


《第11R S級二次予選A》

本線 穴
▲   1 渡部哲男(愛媛)
  ○ 2 木暮安由(群馬)
× ◎ 3 村上義弘(京都)
  × 4 吉田敏洋(愛知)
○   5 中川誠一郎(熊本)
    6 高久保雄介(京都)
◎ ☆ 7 清水裕友(山口)
☆   8 取鳥雄吾(岡山)
  ▲ 9 諸橋 愛(新潟)

並び ←G71 2 E3 C 9 D
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

ラインができるのは瀬戸内3車と京都2車のみ。関東2車はともに「一人でやる」、C吉田・D中川も「単騎で自力」とコメントし、2分戦+単騎4車という超細切れ戦。BK本数13本のG取鳥が主導権を握るのが濃厚だが、9本のE高久保も後ろが村上だけに積極的に仕掛けて行くか。ただ取鳥の番手で展開を最大限活かせるF清水が有利であるのは間違いなく、本命に推す。前回・青森GVは腰痛で欠場したが、その前の小田原GVではE・1・3・Dで優参。決勝では南関作戦に後塵を拝したが、ハナを切ろうとする姿勢は見せた。今日の一予は、渡邉一の先行を3番手から捲り上げ、小川真の1着に貢献した。明日は取鳥の主導権取りへのアシストに全力集中して、ライン上位独占まで演出するか。対抗はD中川。富山GVは家事都合で欠場したが、ASはF・2・2・Eで優参し、シリーズ通じて力の違いを見せた。今日の一予も松本貴の捲りにややクチが空きながらも追走し、2着を確保した。明日は単騎戦だが、後方からの一発捲りになれば、ケタ違いのスピードで前団を一蹴してしまうか。穴軸はB村上。前回・ASはF・6・5・6と村上らしさを見せられずに終わった。今日の一予でも、野原雅の赤板先行を番手絶好マークながら、木暮安・成田和の強襲を喰らって3着に沈んだ。明日も高久保に前任せの展開だが、高久保が主導権取りに成功すれば、急所から番手捲り気味に抜け出してアタマ取りまで決めてしまうか。単騎戦だからこそ不気味なA木暮・H諸橋、タテ脚での一発勝負なら負けていないC吉田、瀬戸内3番手からの突っ込み要注意の@渡部など、伏兵陣も横一線だ。

<本線予想> 7=5 7=1 7→3 7→8
<穴予想> 3=2 3=9 3→4 3→7


《第12R S級二次予選A》

本線 穴
☆   1 坂口晃輔(三重)
× ☆ 2 宮本隼輔(山口)
  ▲ 3 和田真久留(神奈)
  ◎ 4 伊勢崎彰大(千葉)
○   5 浅井康太(三重)
  × 6 成田和也(福島)
▲ ○ 7 山田庸平(佐賀)
    8 櫻井正孝(宮城)
◎   9 平原康多(埼玉)

並び ←A7 G6 H D1 B4
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

H平原にラインができず、まさかの「単騎で自力」のコメントで4分戦+単騎1車の構図となった。やはりBK18本がの勢いが光るA宮本がハナを切り、他派が捲りを選択する流れになりそうか。しかし位置確保して仕掛けるのはA平原の得意とするもので、平原に◎印を付ける。前回・青森GVは準決でよもやの落車棄権で最終日欠場。「ダメージはない」として出場した以上結果が求められるが、今日の一予は高久保雄のHS叩きを余裕で退けたものの、その高久保にラスト逆襲を喰らって3着に終わった。明日は単騎戦だけに、中団確保なら先捲りで他派を蹴散らしてしまうか。対抗はD浅井。前回・富山GVはB・3・2・Eで優参。単騎戦となった決勝は、前団が混戦状態になったことでコースも空かず大敗を喫した。今日の一予は、注文通りの先行が決まった柴崎淳の番手からきっちり差し交わした。明日は自力戦だが、平原や和田などの捲りが発動する前に仕掛けられれば、坂口とのワンツーも期待できよう。穴軸はC伊勢崎。前回・青森GVは4・1・3・Fと優参も、決勝は北日本勢の前に多勢に無勢で見せ場すら作れずじまいだった。今日の一予は岩本俊のHSカマシを巧追走して快勝。明日は和田マークで、今日と同様の流れになりそうで、巧マークから差し脚を伸ばして来るか。仮に急所で和田不発でも、自らコースを見つけて直線強襲で突っ込んで来ることも。宮本番手F山田の縦横無尽のキメ脚、捲り上げるB和田の伸び脚、先行するA宮本の若さに任せての粘り脚、マーク巧者E成田・@坂口の捌きなどは、2〜3着受けでの軽視はできない。

<本線予想> 9=5 9=7 9→2 9→1
<穴予想> 4=7 4=3 4→6 4→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186554556

この記事へのトラックバック