2019年08月16日

8/17 オールスター競輪GT・10〜12R「準決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(17日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、第62回オールスター競輪(GT)の4日目・10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●オールスター競輪GT・4日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
◎ ○ 1 中川誠一郎(熊本)
× ☆ 2 古性優作(大阪)
○ ▲ 3 新田祐大(福島)
  × 4 渡部哲男(愛媛)
☆   5 佐藤慎太郎(福島)
    6 大森慶一(北海)
▲   7 山ア賢人(長崎)
    8 坂口晃輔(三重)
  ◎ 9 松浦悠士(広島)

並び ←F1 H4 A8 B56
※サンケイスポーツ・曽山貴之記者の現地取材による

ライン構成は想定通りの4分戦。BK15本F山アの先行一車という構図なら、番手回る@中川にとっては盤石の体制築くと見て◎印。別府・全日本選抜、岸和田・高松宮記念杯と、既に今年GT2勝。今日の二予では、野口裕の先行を怒涛の捲り返しで2着通過を決めた。明日は山アが果敢に主導権を奪えば、後続の仕掛けをケアしながら番手から抜け出し決めるか。対抗はB新田。前回・高松宮記念杯は決勝2着で改めて存在感を示したが、GP出場権を確保し、日本代表に集中するためにも今節は優参が絶対条件だ。その今節は、ドリームR・シャイニングS賞ともに見せ場を作れずだったが、明日はライン3車と長さを活かした走りも可能だ。イザとなればカマシ先行含みの攻め上がりに期待したい。穴軸はH松浦。前回・玉野FTは好調だったにもかかわらず@・1・AでVを逃した。今節はライン3〜4番手でのライン固めの2走だったが、B・Aでの勝ち上がりは合格点を与えられる。明日は自力戦だが、山アの仕掛けを追走し、切れ目から得意の捌き捲りを見せれば、アタマ取りまでチャンスはふくらむか。F山アの逃げ粘り、A古性の総力戦、C渡部・D佐藤のコース取りは、無視は禁物だ。

<本線予想> 1=3 1=7 1→2 1→5
<穴予想> 9=1 9=3 9→4 9→2


《第11R S級準決勝》

本線 穴
× × 1 清水裕友(山口)
◎   2 深谷知広(愛知)
    3 小倉竜二(徳島)
▲   4 柴崎 淳(三重)
  ○ 5 管田壱道(宮城)
    6 松谷秀幸(神奈)
○ ▲ 7 平原康多(埼玉)
  ☆ 8 山崎芳仁(福島)
☆ ◎ 9 諸橋 愛(新潟)

並び ←A4 6 F9 @3 D8
※サンケイスポーツ・曽山貴之記者の現地取材による

E松谷が「単騎で」と話し、ライン構成は4分戦+単騎1車。BK7本だが存在感光るA深谷の実質先行一車。明日は押し切りで優参確保だ。松戸ダービーは決勝9着、高松宮記念杯は準決惜敗(4着)。しかし状態そのものは好調をキープ。今日の二予でも、ジャンから先行し、番手の柴崎淳に交わされたものの高回転の走りを披露した。明日は@清水がいるものの自力としての走りに支障はなさそうで、アタマ基本で期待だ。対抗はF平原。大垣GV決勝2着、西武園GV優勝と、こちらも相変わらず好調が続いている。勢いそのままに突入した今節はA・Bでの勝ち上がり。今日のシャイニングS賞は原田研の番手捲りを諦めずに追走した。明日も自力戦だが、GT準決勝の戦い方を心得ているだけに、ワンチャンスを活かして優参圏内を確保するか。穴軸はH諸橋。前回・地元弥彦GVを優勝したが、そこからGP出場権&SS班をつかんだ流れは一昨年と同じ。今節は特選予選から@・Cでの勝ち上がりに不安要素は見られない。明日は平原マークからシャープに伸びて、SSシート確保に一直線だ。今日の捲り再現のD管田、今日の差し脚再現のC柴崎、今日の心意気再現の@清水、今日の巧マーク再現のG山崎など、タレント揃いの一戦だ。

<本線予想> 2=7 2=4 2→1 2→9
<穴予想> 9=5 9=7 9→8 9→1


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲ ▲ 1 三谷竜生(奈良)
    2 新山響平(青森)
× ◎ 3 原田研太朗(徳島)
○   4 渡邉一成(福島)
  ○ 5 中村浩士(千葉)
    6 田中晴基(千葉)
◎   7 脇本雄太(福井)
  ☆ 8 橋本 強(愛媛)
☆ × 9 郡司浩平(神奈)

並び ←F1 A4 B8 H56
※サンケイスポーツ・曽山貴之記者の現地取材による

ライン構成は想定通りの4分戦。BK14本のA新山がF脇本にアタックする構図だが、他派も虎視眈々とスキを窺う。いずれにしても力的には一枚二枚上手のF脇本を推す。今日のシャイニングS賞は、単騎戦ということもあってか全く見せ場なく終わった(6着)。しかし初日のドリームRでは、深谷知の単騎カマシに慌てず番手に収まり、最終3角から番手捲りを決めた。明日も先にハナを切る新山を、得意のジャン前カマシで一蹴して、ウィナーズC・松戸ダービーに続くビッグ3勝目にリーチだ。対抗には予選から連勝のC渡邉を抜てき。前回・玉野FTはB・2・@でV。決勝は宮本隼のジャン先行を捲り返すなど、着以上の充実した内容だった。明日は新山に前を任せるが、イザとなれば番手捲りも辞さない非情の攻め見せて、日本代表の意地にかけても脇本に一泡吹かせたい。穴軸はB原田。2日目オリオン賞と、今日のシャイニングS賞ともに、清水裕の頑張りを受けて、こちらも連勝を決めた。明日は自力戦になるが、脇本や新山より先にイン切りなどで中団確保できれば、自分のタイミングで捲り返しを見せたいところだ。状態やや不安も脇本マークから抜け出す@三谷、総力戦で風穴開けたいH郡司、その郡司マークから差し脚披露するD中村、原田後位から優参への突進見せたいG橋本は、2〜3着受け以上の評価も。

<本線予想> 7=4 7=1 7→3 7→9
<穴予想> 3=5 3=1 3→9 3→8


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186431968

この記事へのトラックバック