2019年07月26日

7/27 弥彦記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(27日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、弥彦記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●弥彦記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
▲ ○ 1 内藤秀久(神奈)
☆ ☆ 2 大森慶一(北海)
○ ▲ 3 松本貴治(愛媛)
    4 藤原憲征(新潟)
× ◎ 5 坂本健太郎(福岡)
  × 6 萱島大介(大分)
    7 東龍之介(神奈)
    8 小林泰正(群馬)
◎   9 渡邉雄太(静岡)

並び ←B56 2 G4 H17
※「Keirin.jp」による

A大森が「単騎で」と話し、ほぼ想定通りの3分戦+単騎1車のライン構成。BK10本のH渡邉、7本のG小林もいるが、17本のB松本の積極駆けが見込まれる。それでも、展開を見てカマシ先行もできるH渡邉が力的に一歩リードで本命視する。前回・サマーナイトFは2・2・Aで準V。決勝では最終2角から捲り追い込んで、ラインを組んだ村上博のVに貢献した。今節もA・3での勝ち上がりだが、状態は良い方向でキープできているようだ。明日は松本と小林の動きを見ながら、タイミングを見計らって捲り返しを決めるか。対抗はB松本。前回・小松島FTはA・2・Gと優参。決勝では、森田優のカマシ先行の前に捲り返せず惨敗した。今節は予選からの2連勝だが、いずれも先行逃げ切り。圧巻は昨日の一予で、正攻法から突っ張り切って上がり11秒6で逃げ切り勝ちを決めた。明日は準地元の小林もいるが、仕掛けるポイントを見誤らなければ、主導権取りから押し切りも十分期待できよう。穴軸は、その松本の番手を回るD坂本。前回・奈良FTはF・1・Aの準V。単騎戦だった決勝では、山中秀の捲りを追走し、外々回らされ、あおりも受けながらも、2センターから伸ばして来た。今節は1・2での勝ち上がりで、今日の二予Aでは清水裕の捲り追い込みにしっかり喰らい付いて行った。明日は松本番手だけに、主導権取りが決まれば今日と同様にしっかり追走してゴール勝負にまで持ち込みたいところだ。渡邉番手@内藤の差し脚、単騎A大森の総力戦、記念初準決で勢いあるE萱島の突っ込みにも期待したい。

<本線予想> 9=3 9=1 9→5 9→2
<穴予想> 5=1 5=3 5→6 5→2


《第11R S級準決勝》

本線 穴
▲ ☆ 1 鈴木竜士(茨城)
  × 2 松尾信太郎(福岡)
☆ ◎ 3 柴崎 淳(三重)
    4 島川将貴(徳島)
×   5 中田健太(埼玉)
    6 坂本修一(岡山)
○ ○ 7 山田庸平(佐賀)
  ▲ 8 竹澤浩司(富山)
◎   9 諸橋 愛(新潟)

並び ←C6 @95 G3 F2
※「Keirin.jp」による

自力の決まり手のあるE坂本が「島川君へ」とコメントし、想定通りの4分戦。その島川はBK16本。主導権取りに積極的に出るところを他派が捲り返しに行く流れか。ただライン3車の長さを活かして@鈴木が早めの巻き返しに出れば、番手回るH諸橋にとって有利になろう。前回・和歌山FTは欠場し、その前の函館GVはC・3・2・Fと優参。自在戦だった決勝は、中団確保から新山響の捲りに切り替えようとしたが、守澤太に阻まれた。地元戦の今節は、2走とも関東自力型がセットされていてC・1での勝ち上がり。明日は前を任せた鈴木に気分よく走らせて、ゴール勝負・ライン上位独占まで持ち込むか。対抗はF山田。前回・サマーナイトFは6・5・1と予選敗退を喫したが、最終日に一矢報いた。今節は2・5での勝ち上がりだが、昨日の一予で大関祐の先行を落ち着いて捲って、坂本健とワンツーを決めた。明日は竹澤・鈴木がいるものの、位置取って先捲り決まればそのまま押し切ることも期待だ。穴軸はB柴崎。前回・豊橋FTはC・2・Aの準V。決勝では自力戦で、最終3角7番手から捲り追い込んで強襲した。明日は竹澤に前を任せるが、竹澤不発なら脚を貯めて自分で活路を見出してくることも。@鈴木の粘り込みは当然だが、G竹澤の強襲、A松尾・D中田のコース取りにも要注意だ。

<本線予想> 9=7 9=1 9→5 9→3
<穴予想> 3=7 3=8 3→2 3→1


《第12R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 清水裕友(山口)
☆ ◎ 2 野田源一(福岡)
○ ▲ 3 松井宏佑(神奈)
  × 4 芦澤大輔(茨城)
× ○ 5 岡村 潤(静岡)
    6 矢野昌彦(栃木)
▲   7 橋本 強(愛媛)
    8 安部達也(埼玉)
  ☆ 9 萩原孝之(静岡)

並び ←B59 @7 A E48
※「Keirin.jp」による

A野田が「ここも単騎で」とコメントし、3分戦+単騎1車の構図となった。やはりハナを切っていくのはBK13本のB松井が有力で、他派は早めの捲り返しになろう。しかし捲り返しならお手のものの@清水の気配が良く、レースの中心を担うか。前回・サマーナイトFは@・4・7と特選予選を制しながらも優参を逃した。しかし今節は初日特選から2連勝と力の違いを見せつけている。明日は、野田や矢野との中団争いになっても、自分のタイミングで捲り返して、後位の橋本と優参キップをつかむか。対抗はB松井。前回・松阪FTは1・3・Fと優参。決勝は最終BKこそ奪ったが、味方ラインが空中分解して結果を残せなかった。しかしそれも日本代表候補のスピードゆえであれば、ある意味致し方あるまい。今節もそのスピードを遺憾なく発揮して2・1での勝ち上がり。一予は先行逃げ粘り、二予Aは山岸佳の先行を上がり11秒0で捲り去った。明日は番手・岡村のガードを受けて、初日の再現を見せてもらいたい。穴軸はA野田。前回・和歌山FTはD・2・Fと優参。決勝は最終BKから捲り追い込むも、高木翔の先行に屈した。今節は4・1の勝ち上がりで、今日の二予Bでも佐藤将の先行を捲り返し、格上的存在を見せつけた。明日は単騎戦だが、自分の都合で仕掛けられる気楽さも走りに好影響を与え、好配を演出するか。清水マークのF橋本や松井番手のD岡村の差し交わしだけでなく、矢野の頑張りで浮上するC芦澤、南関3番手でも前回Vで勢いあるH萩原の突っ込みにも警戒したい。

<本線予想> 1=3 1=7 1→5 1→2
<穴予想> 2=5 2=3 2→4 2→9


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186332375

この記事へのトラックバック