2019年07月26日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、大垣記念(GV)の初日・12R「S級初日特選」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で内枠3車とD村上博幸が飛び出し、Sを決めたB浅井康太が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、浅井−マークのH佐藤慎太郎−近畿2車−関東2車−南関2車−単騎のG山田英明の順。青板3角(残り2周半)からA和田真久留が上昇して、赤板HS(残り2周)で正攻法の浅井を抑えると、浅井を追走した@平原康多がすかさずイン切り気味に前団を抑える。すると今度はジャン前BKでF古性優作が平原を叩いて先頭に躍り出るも、古性がペースを上げつつあるところを、ジャンで浅井が叩いて先行勝負に出る。しかし浅井が最終HSで先頭に出切ったタイミングで、7番手位置から山田が単騎で捲り返しに行く。山田は浅井番手の佐藤のけん制をくぐり抜けて最終3角で先頭に出ると、そのままの勢いで1着になる。2着には2センターから外に車を持ち出して伸びたC木暮安由が突っ込み、3着には捲り返しの古性を捌いた佐藤が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 G→C 8060円
 3連単 G→C→H 69630円

大垣記念の初日特選は、イン切り合戦のところをタイミング良く捲った山田が、佐藤のけん制を乗り越えて1着になりました。
山田の走りは、いわゆる「順番が回ってきた」ものではありますが、最終HSからの仕掛けはまさに「ハラを括って行った」走り。その分だけ佐藤のけん制にも対応できていました。しかしレース後コメントで「初日だけにならないように」と話していましたが、残念ながら二予Aで敗退。展開負けではありましたが、初日特選を制した勢いを見せて欲しかったです。ただ「自分でしっかり仕掛けていく」という課題はクリアーできたことから、オールスターを良い気分で迎えることができるでしょう。
5着に終わりましたが、こちらも「順番が回ってきた」浅井の先行に男気を感じました。後位は地区違いの佐藤ということもあって、捲りで十分だったかもしれません。しかしS級トップクラスの選手はイザとなれば1周先行くらいはできる、ラインで結束した以上はそれぞれでチームプレーを見せる、というところを見せてくれました。番手戦が多くなった浅井ですが、この攻めの姿勢がある以上は今後の自力戦での走りも期待できそうです。

さて今週の番組は「明日のレース注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の弥彦記念10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186325674

この記事へのトラックバック