2019年06月28日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、函館記念(GV)の初日・12R「S級初日特選」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲直後の若干のけん制状態からG内藤秀久が飛び出し、D渡邉雄太を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、南関2車−単騎のA諸橋愛−西日本2車−単騎のF芦澤辰弘−近畿3車の順。青板3角(残り2周半)からB古性優作が上昇して、赤板HS(残り2周)で正攻法の渡邉を抑えようとすると、渡邉も突っ張り気味に前々踏み上げる。古性がインを切ると、これを追走した@清水裕友が一気に踏み上げ、ジャン前2角で古性を叩いてそのまま先行勝負に出る。4番手位置を確保した古性は最終2角から捲り返しに出ると、一気に前団を最終3角で捉えて、そのままの勢いで1着になる。2着には古性後位のC南修二を捌いたE園田匠が突っ込み、近畿3番手から中バンクを伸びたH村上義弘が3着に飛び込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→E 10770円
 3連単 B→E→H 68150円

函館記念の初日特選は、清水が先行勝負するところを、古性が4番手から清水番手の園田に仕事をさせない一気捲りで決着を付けました。
古性が、地元・岸和田での宮杯で優参できなかった悔しさをぶつけたようなレースでした。赤板HSから前々踏み上げ、そのまま先行もあったでしょうが、清水が叩きに来たことで難なく4番手を確保。ただ「結構きつかった」のレース後コメント通り、清水のカカリも決して悪くはありませんでした。南−村上を従えていただけに、早く仕掛けて行きたかったでしょうが、清水を捲り上げられただけでも結果オーライでした。惜しくも優参は逃しましたが、準決では南の優参をアシスト。これができている以上は、近畿勢の古性への信頼は厚くなる一方です。サマーナイトF・オールスターへ状態をさらに上げてくれるのを期待したいです。
9着には敗れましたが、清水のハラの括った先行も目を見張りました。宮杯から中4日での参戦。体調も十分ではなかったでしょうが、渡邉や古性を差し置いての先行勝負。番手回った園田はアタマ取りこそなりませんでしたが、「頑張ってくれた」とレースを作ってくれたことに感謝のコメントを残しました。GTファイナリストで中4日での参戦あれば大事に行きたいところですが、特選ということもあって果敢に飛ばしていきました。これができているということは、状態も決して悪くはないでしょう。ただ清水も準決で藤根俊の若さの前に敗退。これからは、こういった若手の挑戦を受けることになります。SS班防衛のためにイバラの道が続きますが、「打倒脇本」の急先鋒であることは間違いありません。オールスターでの激突に期待したいと思います。

さて今週の番組は「明日のレース注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の久留米記念10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186184729

この記事へのトラックバック