2019年06月14日

6/15 「高松宮記念杯競輪」(GT)3日目 9〜12R「西日本・東日本 準決勝」 予想

今年も岸和田で東西の精鋭たちが激突!

「高松宮記念杯競輪」応援号PART3


今夜はブログ通常配信として、あす(15日)の岸和田競輪場「第70回高松宮記念杯競輪」(GT)3日目・9〜12R「西日本・東日本 準決勝」の欲張り4箇レースヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高松宮記念杯GT・3日目

《第9R S級西日本・準決勝》

本線 穴
○ ○ 1 三谷竜生(奈良)
    2 橋本 強(愛媛)
▲ ◎ 3 深谷知広(愛知)
  ☆ 4 東口善朋(和歌)
◎   5 清水裕友(山口)
    6 山口富生(岐阜)
☆ ▲ 7 吉田敏洋(愛知)
    8 不破将登(岐阜)
× × 9 小倉竜二(徳島)

並び ←G6 D92 B7 @4
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

中部4車は岐阜2車と愛知2車に分かれて、4分戦の構図。展開はG不破が、今日の白虎賞と同様、思い切ってハナを切っていくと見たが、ライン3車となったことでD清水も積極的に仕掛けていくことも考えられる。先行・捲りいずれの作戦にしても「打倒脇本」の1番手としてD清水に◎印を付ける。今日の白虎賞は、西ラインの先頭を務め、脇本の捲りに合わせて4番手から出たが、不破もカカっており前団に迫れず6着に終わった。ただ脇本の捲り対策は今節2走でつかめてはきたか。明日も不破の主導権取りからタイミング良く仕掛けて、きっちり捉えて見せるか。対抗は@三谷。初日特選で脇本を差し交わしたが、今日の白虎賞は脇本が不発になって7着に終わったが、展開が向かなかった故と度外視してもよさそうだ。明日は東口を従えての自力戦だが、位置取りに苦労したとしても、最後は総力戦で優参圏内を確保してみせるか。穴軸はB深谷。ナショナルチームの活動もあって、「競輪」参戦は川崎GV(準決敗退)・松戸ダービー(決勝9着)以来だが、今節予選2走はさすがの豪脚を披露。3・1の勝ち上がりはいずれもBKを奪う積極的なもの。明日は同地区の不破がいるが、流れ次第では、お得意のジャン前カマシで後続を千切ってしまうこともあるか。手負いの状態も初日予選でその深谷を気合いで差し切ったF吉田、清水後位からシャープに差し脚決めるH小倉、三谷後位から14年のこの大会優参の再現を期待したいC東口は、ここ一番の勝負強さを見せてもらいたい。

<本線予想> 5=1 5=3 5→9 5→7
<穴予想> 3=1 3=7 3→9 3→4


《第10R S級東日本・準決勝》

本線 穴
◎   1 平原康多(埼玉)
    2 新山響平(青森)
○ ○ 3 梁田一輝(静岡)
  × 4 内藤秀久(神奈)
× ▲ 5 渡邉一成(福島)
    6 神山雄一郎(栃木)
☆ ◎ 7 佐藤慎太郎(福島)
    8 神山拓弥(栃木)
▲ ☆ 9 木暮安由(群馬)

並び ←A(5・8)(7・6) B4 @9  ※( )内は競り
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

このレースは関東4車の並び順が注目されたが、G神山拓が「2着権利なので、チャンスを広げたい」と、北日本ライン分断策を宣言。変則3分戦+競りの構図となった。展開は実質先行一車のA新山が積極的に駆けるのがセオリーだが、競りを気にして行き渋るようなら、B梁田のカマシ捲りも飛び出すか。ただ混戦状態になるのは間違いなく、競りを横目に@平原が一気に捲り上げてしまうか。初日特選予選で落車して状態が心配された平原だったが、今日の二予は鈴木竜の捲り上げに乗って、小原太に絡まれながらも直線伸びきって快勝。心配を杞憂に終わらせた。明日は自力戦だが、競りが長引けば長引くほどチャンスはふくらんでくる。展開やメンバー構成利を活かして決勝へまっしぐらだ。対抗はB梁田。全プロ記念はH・8と散々だったが、西武園FTはB・1・Dで優参。今節は予選スタートから2・3での勝ち上がりだが、初日予選は吉田拓との中団つぶし合いから巧みに追い込み、今日の二予は田中晴の捲りを目標に追い込んだ。明日も今日と同様の流れが見込まれるが、2着権利だけに、早め早めの動きを見せることで平原らを封じることを期待したい。穴軸はF佐藤を抜てき。今節の2走は、いずれも福島ライン3番手を追走してのA・Bで、勝ち上がりに全く脚を使っていないようにも見える。明日は競りの3番手になるが、併走相手の神山雄を捌いて、イザとなれば奥の手のタテ脚を繰り出して他派への切り替え含みで優参圏内へ飛び込んで来るか。競りしのいで抜け出し図るD渡邉、平原後位から伸び見せるH木暮、梁田マークからコース見つけて飛び込むC内藤は、アタマ候補としても考えたい。

<本線予想> 1=3 1=9 1→5 1→7
<穴予想> 7=3 7=5 7→4 7→9


《第11R S級西日本・準決勝》

本線 穴
○ × 1 中川誠一郎(熊本)
×   2 南 修二(大阪)
▲ ◎ 3 金子貴志(愛知)
    4 坂口晃輔(三重)
◎   5 脇本雄太(福井)
  ▲ 6 竹内雄作(岐阜)
☆ ○ 7 松岡貴久(熊本)
    8 井上昌己(長崎)
  ☆ 9 柴崎 淳(三重)

並び ←E3 H4 D2 @F8
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

9Rと同様、中部4車が三重勢と(竹内+金子)に分かれ、ライン構成は4分戦となった。また九州3車の並びはF松岡が「中川さんへ」、G井上が「九州3番手」でまとまった。展開は、BK11本のE竹内が逃げイチで主導権取り濃厚で、D脇本や他派が早めに捲り返すという流れがセオリーか。ただドンガマシも手の内にありそうなD脇本が独壇場に近い流れを作ると見て、脇本に◎印。今日の白虎賞は前述の通り7番手からの捲りが不発で大敗したが、お祭りレースでもあるし、気にする必要もなかろう。明日は地元の南を従えてだが、竹内に主導権を握らせると他派のあおりも考えられ厄介になるだろうから、早めの巻き返しで決着を付けるか。対抗は@中川。今日の白虎賞は、西ライン番手からインを潜り込み3着まで突っ込んで来た。C・Bの勝ち上がり課程はやや物足りなさも感じるが、明日はライン3車の自力戦だけに、脇本の出番が来る前に仕掛けて、松岡らとともに決勝シートを確保するか。穴軸はB金子。全プロ記念は2・3と着をまとめ、競技会でもスプリントで準優勝するなど、ベテランの味を見せつけた。ただ前回・宇都宮FTは準決敗退した(C・8・1)ものの、今節の2・2の勝ち上がりに不安要素は見られない。明日は竹内の主導権取りが決まれば、番手から後続の動きをケアしながら抜け出してくることも十分だ。そのE竹内の逃げ粘り、中川マークから突っ込むF松岡の伸び、脇本マークくらい付く地元A南の気合い、総力戦から活路見出すH柴崎の立ち回りには、2〜3着受け以上の評価も必要か。

<本線予想> 5=1 5=3 5→2 5→7
<穴予想> 3=7 3=6 3→1 3→9


《第12R S級東日本・準決勝》

本線 穴
  ☆ 1 小原太樹(神奈)
  ◎ 2 諸橋 愛(新潟)
◎ ○ 3 新田祐大(福島)
×   4 坂本貴史(青森)
☆   5 芦澤辰弘(茨城)
    6 志村太賀(山梨)
○ ▲ 7 渡邉雄太(静岡)
    8 近藤隆司(千葉)
▲ × 9 和田真久留(神奈)

並び ←CB5 2 GF6 H1
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

南関4車が、神奈川2車とそれ以外の2車でそれぞれ別線。また関東追い込み型の3車は、A諸橋が「自分でやる」としたが、D芦澤は「北日本へ」、E志村は「同期・近藤君のラインへ」と分かれ、3分戦+単騎1車の構図となった。BK本数の多い自力型が勢揃いとなったメンバー構成で、ライン先頭はいずれも行きたがる流れになるだろうが、新田を背負うC坂本が積極駆けを見せそうで、それを受けて番手捲り気味に抜け出しそうなB新田を本命視。自力戦だった今日の青龍賞は、新山の主導権を許したものの、3番手内で渡邉雄との併走を自ら捌いて捲り上げ、渡邉一のアタマ取り&ライン上位独占に貢献した。明日は番手戦で、仮に坂本が主導権取りに失敗しても、自ら踏み込んで得意の直線強襲まで持って来るか。対抗はF渡邉雄。今日の青龍賞は、前述のように新田に捌かれ後退し8着に終わったが、あくまでも勝ち上がりに関係しないレースだけに度外視できそうだ。明日は近藤マークになるが、キレのあるスピードで駆ける近藤の仕掛けに乗れば、ヨコもできる器用さがあるだけに直線でズバッと差し込んで来よう。穴軸は単騎が不気味なA諸橋。初日特選予選は大量落車に巻き込まれたが、今日の二予は吉澤純マークから巧みなコース取りで内をもぐり込み勝ち上がりを確保した。明日は単騎戦だが、先手ラインの4番手位置さえ確保できれば、捲りラインを併せるなり、お得意のインをすくう動きなりでアタマ争いまで迫って来るか。今日の先行は好印象だったH和田、その和田マークから突っ込む@小原、粘り込み見せたいC坂本、新田後位追走から優参狙うD芦澤は、2〜3着受けでの見逃しは厳禁だ。

<本線予想> 3=7 3=9 3→4 3→5
<穴予想> 2=3 2=7 2→9 2→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186139498

この記事へのトラックバック