2019年05月24日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、宇都宮記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲で@村上義弘がポンと飛び出してSを決めると、正攻法にF稲垣裕之を迎え入れる。周回中の位置取りは、京都2車−関東単騎のC河合佑弥−マークの北日本2車−南関3車−単騎のG松岡篤哉の順。赤板1センター(残り2周過ぎ)からB和田健太郎が上昇すると、河合を抑えつつ発進のタイミングを探る。河合はジャンで7番手まで車を下げ、中団と後方が入れ替わる。後方の仕掛けがないのを見て、正攻法の稲垣が最終HSまで誘導を残して先行勝負に出る。これを見て番手マークの村上が車間を切ると、和田が最終BKから捲り発進。しかし和田は車が進まず、村上にけん制を受ける。するとその隙に和田マークのD小埜正義がインに切り込み、村上を捌こうとする。イン突っ込みを成功させた小埜が、勢いを活かして1着になり、小埜マークのH勝瀬卓也が2着に続く。直線で立て直した村上が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→H 3040円
 3連単 D→H→@ 17220円

【11R】
号砲で内枠3車が車を出し、積極的に誘導を追いかけたB管田壱道がSを決めると、正攻法にE坂本周輝を迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本3車−中部3車−関東3車の順。赤板HS(残り2周)からG伊早坂駿一が上昇すると、H竹内雄作が併せようとするのも構わず、ジャンで坂本を叩いてハナを切る。伊早坂はそのままさらにペースアップして、完全先行体勢に入る。車間が開いた坂本がジワジワ詰めて行くと、併せるように伊早坂マークのF長島大介が番手捲りて対応。しかし長島マークのA神山雄一郎が追走に窮すると、坂本マークのB管田壱道が切り替えて割り込みを仕掛ける。この混戦を見て、最終BKから竹内が捲りを仕掛けると、管田がけん制しつつ差し交わしを狙う。この時、竹内マークの@浅井康太が空いたインを突っ込み、長島と管田の間を割って直線伸びて1着になる。2着には長島が粘り、管田が3着に続く。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 890円
 3連単 @→F→B 3050円

【12R】
号砲で各車けん制状態になったところ、D園田匠が誘導を追い、正攻法にE戸田康平を迎え入れる。周回中の位置取りは、西日本2車−関東3車−南関2車−単騎のB稲川翔−別線単騎のC伊藤信の順。赤板1角(残り2周過ぎ)でA渡邉雄太が上昇する構えを見せるも、@平原康多が併せるように前々踏み上げ、戸田を抑えたところでジャン。戸田は車を下げると、再度巻き返しを狙った渡邉が平原を叩いて先行勝負に出る。ここへ稲川が追走し、叩かれた平原は4番手を確保する。すると戸田が、ジャン過ぎ2センターからたたき返しを狙うも、渡邉番手のH近藤隆司がけん制して戸田は失速。戸田の捲りに切り替え、乗っかって行った伊藤が最終BKでさらに外を踏んで捲り上げるも、平原が伊藤と近藤の間をすり抜けて、後捲りに出る。平原は一瞬ハナに立つも、渡邉が踏み直して平原を前に出させない。そして最終直線で外に車を持ち出した近藤が、中バンクを伸びて1着になる。逃げ粘った渡邉と、平原後位から伸びたF神山拓弥が2着を分け合う。

<結果・払戻金>
 2車単 H→A 1070円、H→F 3400円
 3連単 H→A→F 5840円、H→F→A 13870円

宇都宮記念の準決勝は、中割り・外伸びなど激しいレースの連続でしたが、第2ラインの健闘もあって、3レースとも車券的にはまずまずの結果に終わりました。
10Rは、和田の捲り追い込みを村上がけん制を入れるところまでは想定の範囲内でしたが、小埜が決死のイン突っ込みで1着になりました。「厳しいところを行ってくれた和田君のおかげ」とラインの結束を強調していましたが、空いたインに反応できたこと自体が好調の証です。腰などの不調が続いていましたが、ようやく自らも納得できる結果が出てきたことで、今後の走りが楽しみになってきました。一方、9着に敗れた河合は、和田が抑えてきたタイミングから考えれば、もっと早くに車を下げていれば、先行・捲りが仕掛けやすくなっていたはずですが、後方に下がったタイミングで稲垣がスパートすれば、巻き返しが苦しくなるのは明らか。Gレース上位級の走りはこういうものであることを痛感したでしょう。この敗戦を教訓にしたリベンジを期待したいと思います。
11Rは、管田と長島の仕掛け合いを見て、竹内が後捲り。さらにそれをマーク追走した浅井が、インを突いて見事な伸びを披露しました。「さすがSS班」と思いましたが、「もうちょっと良くないとGTは取れない」と、快勝にも気を引き締めていました。落欠明け2場所目で、状態はまだまだ完調でなかったでしょうが、一瞬の隙を突けるのは状態が上向いている証拠。高松宮記念杯に向けて視界は良好でしょうか。
12Rは、渡邉の思い切った仕掛けから、混戦を上手く見極めた近藤が1着になり、渡邉とのワンツーを決めました。ただ捲ってきた平原を止めたのは渡邉で、番手を神山に割り込まれそうになっていました。まだまだ番手戦に慣れていないのもあるでしょうが、ここはしっかり仕事をしてもらいたかったと思います。今後はますますこういった機会が増えてくるでしょうから、近藤はマーク戦への対応慣れが急務かもしれません。渡邉は2着ではありましたが、タテ・ヨコ自在の器用な走りをする渡邉ですが、このレースは両方の持ち味を活かした見事なレースでした。先行し、さらに自らのけん制で平原を沈めたということで、殊勲賞ものの走りでしょう。今後もこのような走りを期待したいしたいと思います。

さて今週の番組は、わかちゃんファンCLUB会報連動企画として「ルーキー3選手 数珠つなぎインタビュー」の1回目・古賀勝大選手篇をお送りします。なお、明日和歌山競輪場で場外発売される全プロ記念・初日10〜12R「S級優秀」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、都合によりまして、明日(25日)朝9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186039748

この記事へのトラックバック