2019年04月12日

4/13 高知記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(13日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、高知記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高知記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
☆ × 1 田中晴基(千葉)
× ◎ 2 橋本 強(愛媛)
▲   3 岩津裕介(岡山)
    4 藤木 裕(京都)
  ▲ 5 佐々木豪(愛媛)
    6 桶谷明誉(広島)
○ ○ 7 吉田敏洋(愛知)
  ☆ 8 佐藤龍二(神奈)
◎   9 清水裕友(山口)

並び ←D2 F 4 H36 @8
※「Keirin.jp」による

四国・中国は別線で、F吉田が「単騎で自力」、C藤木が「流れ見て自在に」とコメントしたことで、3分戦+単騎2車の構図。D佐々木の実質先行一車で、残り2派と単騎勢の捲るタイミング次第で、混戦・波乱の要素も。ただ、復帰2場所目で状態の上積みが期待されるH清水がレースの中心か。別府・全日本選抜で落車し、復帰戦だった前回の大垣・ウィナーズCはC・4・3・4と二予惜敗。しかし4走中3走で最終BKを奪い、自力戦で状態を取り戻すという姿勢は垣間見えた。今節も、初日特選は4着だったが捲り上げのスピードは悪くなく、今日の二予Aも鈴木謙の捲りを併せつつ松川高の先行を一蹴。500バンクでも捲りの利かない特殊バンクだけに、明日は早めのスパートでアタマ取り決めるか。対抗はF吉田。前回・小倉GVは@・1・B。決勝では南潤の先行を3番手から追い込むも、交わす所までは至らず。今節はB・4での勝ち上がりだが、今日の二予Aではジャン2センターから抑えて、そのまま先行で粘り込むなど状態は悪くない。明日は単騎戦だが、むしろ後ろに気兼ねなく自分の都合で動けるのは、吉田にとってメリットが多いはず。穴軸はA橋本を指名。前回・豊橋FTはG・2・Aで準V。決勝では北津留マークから、永井清の捲りに切り替え迫ったが届かなかった。今節は予選スタートながらも2・4で準決進出。明日は初日一予と同様、佐々木との連携だが、早目の仕掛けが求められるだけに、主導権取り切れれば、今度こそアタマまで届くか。D佐々木の逃げ粘り、清水マークB岩津の伸び返し、南関勢@田中−G佐藤の総力戦は、アタマ候補としても考えておきたい。

<本線予想> 3=1 3=2 3→5 3→8
<穴予想> 5=9 5=7 5→1 5→3


《第11R S級準決勝》

本線 穴
☆ ◎ 1 諸橋 愛(新潟)
▲ ☆ 2 濱田浩司(愛媛)
○ ▲ 3 新山響平(青森)
    4 中井俊亮(奈良)
◎ × 5 松浦悠士(広島)
    6 大崎飛雄馬(愛媛)
    7 三谷将太(奈良)
×   8 取鳥雄吾(岡山)
  ○ 9 井上昌己(長崎)

並び ←G526 9 B1 C7
※「Keirin.jp」による

A濱田が「松浦君へ」、H井上が「決めず」のコメントで、ライン構成は変則3分戦+単騎1車。ラインの先頭3車はいずれも先行意欲が高く、BK本数も二ケタだが、ラインの長さを活かしてG取鳥が主導権を奪いに出るか。取鳥がハナを切れば、番手有利に進められるD松浦のレースになるのは必至で、◎印を付ける。前回・武雄GVは@・1・2・Aで準V。決勝は、山ア賢の捲りを追走し、最後は番手の荒井崇に迫ったが1/8輪届かなかった。中3日で参戦の今節も@・1で勝ち上がり、シリーズリーダー級の脚勢をいかんなく発揮している。明日も取鳥後位というこれ以上ないポジションが用意されているだけに、展開を上手く引き寄せ、ライン上位独占まで結びつけるか。対抗はB新山。前回・ウィナーズCはA・F・4・4で準決敗退も、その準決では太田竜の先行を3番手追走から優参まであと僅かまで迫った。明日はライン2車での戦い。敢えて先行勝負ではなく中団からの捲り返しになるだろうが、最終2角くらいからの仕掛けでG前迫って見せるか。穴軸は@諸橋。前回・立川FTではA・2・Aで準V。決勝では、関東3番手回りも河合佑の巧先行で、直線踏み込んだだけのレースになった。今節はF・6とギリギリの勝ち上がりだが、新山のスピードをもらって、3角から混戦状態の中バンクを突っ込んで来れれば、アタマ取りでの好配を期待したい。単騎だからこそ注意したいH井上の一発、松浦後位A濱田の伸び、松浦のガード受けるG取鳥の逃げ粘りにも食指が伸びる。

<本線予想> 5=3 5=2 5→8 5→1
<穴予想> 1=9 1=3 1→5 1→2


《第12R S級準決勝》

本線 穴
○ ○ 1 鈴木謙太郎(茨城)
◎ ☆ 2 太田竜馬(徳島)
☆ ◎ 3 村上博幸(京都)
    4 西岡拓朗(広島)
×   5 山中貴雄(高知)
    6 才迫 開(広島)
  × 7 鹿内 翔(青森)
    8 佐々木則幸(高知)
▲ ▲ 9 稲垣裕之(京都)

並び ←A58 E4 H3 @7
※「Keirin.jp」による

このレースは、想定通り4分戦のライン構成。BK本数最多26本で積極駆けが持ち味になってきたA太田が、E才迫の挑戦を退けてレースを動かして行くか。番手マークのD山中とは点数差も大きく、主導権取り決まればA太田の押し切りで良かろう。前回・松阪FTはA・2・Aで準V。決勝では、稲毛健の捲りを喰らったが、最終BKを奪う積極策は際立っていた。今節はBKこそ奪えていないが、A・1での勝ち上がりには余裕すら感じさせる。明日は3車というラインの長さを活かして仕掛け、地元勢とともに決勝シートを確保するか。対抗は@鈴木。前回・松山FTではB・1・Cと優参し、後半2走は最終BK奪う積極的な走りを見せた。今節は予選スタートから2・2だが、今日の二予Aでは清水裕に併せられたものの、清水の番手喰らい付いて勝ち上がりを決めた。明日は鹿内との東日本連係だが、自分のタイミングで捲り返して直線強襲見せるか。穴にはならないだろうが穴軸をB村上に据える。前回・小倉GVではC・1・Aで、決勝は南潤の捲りを追走して流れ込みの準V。「南が強かった」とのコメントも出たが、本調子なら差し交わしがあってもいいはず。明日は僚友・稲垣をマークするが、稲垣が復調気配だけに、中団からの仕掛けが決まれば、直線ズバッと突っ込んで来て京都ワンツーも。総力戦見せるそのH稲垣は当然だが、太田マーク離さないD山中、鈴木後位から伸び脚見せたいF鹿内あたりは、2〜3着受けから外すことはできない。

<本線予想> 2=1 2=9 2→5 2→3
<穴予想> 3=1 3=9 3→7 3→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185851276

この記事へのトラックバック