2019年03月15日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、松山記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲で内枠3車が飛び出し、枠順を活かした@太田竜馬が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、四国2車−広島2車−北日本2車−京都2車−単騎のC黒田淳の順。青板BK(残り2周半手前)から、D山田久徳が上昇を図と、これを追走したG飯野祐太が山田を叩いて正攻法へ収まる。しかし赤板HS(残り2周)からE佐伯辰哉が踏み込んで飯野を叩くと、山田が1センターで佐伯を叩き返して先頭に躍り出る。しかし外バンクでこれらの動きを見ていた太田が、ジャン過ぎ2センターからスパートに入り、山田を最終HSで叩いて先行勝負に出る。叩かれた山田は3番手位置を確保も、太田のカカリが良く、クチ(車間)が空いてしまい第二先行状態になる。結局、太田が後続を振り切って1着になり、番手マークのF橋本強が2着に続く。3着は山田マークから差し交わしたH村上博幸が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 520円
 3連単 @→F→H 1300円

【11R】
号砲直後、様子を見ながら誘導を追いかけたC三宅裕武が正攻法を確保し、E元砂勇雪を迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿・中部2車−茨栃2車−南関2車−西日本3車の順。このレースも青板BK(残り2周半手前)から動きがあり、D山田英明が上昇して正攻法の元砂を抑えると、元砂はスンナリ車を下げる。すると今度は赤板HS(残り2周)で、山田を追走した@郡司浩平が山田を抑え込み、さらに郡司を追走したF長島大介が郡司を抑え込む。するとジャン前2角で山田が長島を叩き返しペースアップを図ると、元砂がジャンで山田を叩いて先頭に躍り出る。叩かれた山田は3番手確保もやや車間が空き、これを見て最終HSから長島が捲り返しに出る。しかし長島は車が進まず、最終BKから山田が追い付きざまに捲り発進。これを目標に郡司が捲り追い込みに出ると、怒とうのスピードで前団に迫り、直線で前団を捉えて1着になる。2着には山田マークから交わしたA渡部哲男は突っ込み、山田が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→A 830円
 3連単 @→A→D 1650円

【12R】
号砲直後のけん制状態からB平原康多が誘導員を追いかけ正攻法に収まる。周回中の位置取りは、関東3車−単騎のE水谷好宏−四国3車−千葉2車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)から@根田空史が上昇して中団のD松本貴治を抑えると、松本は車を下げ後方と中団が入れ替わる。根田は中バンクで波を作って(蛇行すること)松本の仕掛けをけん制すると、ジャン前2角の山おろしを活かし平原を叩いてハナに立つ。これを追走した松本は、叩けないと見るや、3番手外並走で平原と位置争い。しかし平原は、ジャン過ぎ2センターと最終1角でブロックを入れると、松本はあえなく後退。そして平原が最終BKから捲り上げるも、根田番手のH中村浩士のけん制もあってなかなか前に出られない。結局、中村が直線で根田を交して1着になる。2着には直線で立て直した平原が突っ込み、中割りを仕掛けるも中村に阻まれた平原マークのF岡光良が伸び返してタイヤ差の3着に入る。

<結果・払戻金>
 2車単 H→B 1790円
 3連単 H→B→F 6100円

松山記念の準決勝は、出入りの激しいレースが続きましたが、いずれも主軸ラインが人気に応えて上位に入って平穏な結果に終わりました。
10Rは、太田が積極的なレースを取り戻して、橋本とのワンツーを決めました。予想ブログでは、本来の調子ではないと書きましたが、実際のレースでは「これぞ先行」という見事な走りでした。後続も追いかけるのに脚を使ってしまい、山田は完全に第二先行で「使われて終わり」になってしまいました。今年に入ってからの太田の積極駆けは目覚ましいものがあり、決勝でも果敢に先行して渡部の地元Vに貢献。四国勢にとって頼もしい存在になりました。ウィナーズC・松戸ダービーでの上位進出は十分期待していいと思います。
11Rは、郡司のスピードが光っていました。山田の捲り返しも決して悪くはありませんでしたが、それを捲り切ってしまうのですからさすがと言わざるを得ません。決勝では太田に見せ場すら作らせてもらえませんでしたが、シリーズ通しては良い動きを見せ続けました。こちらもウィナーズCを経て、地元地区になる松戸ダービーに参戦。ビッグ制覇から悲願のSS班に向けて、視界良好といったところでしょうか。
12Rは、根田の先行を受けての中村の熟練の捌きにため息が出ました。平原の動きを止め、さらに中割りを仕掛けようとする岡の突進をつぶしての1着。マーク選手の動きとしては100点満点でした。ただ惜しむらくは、根田を残せなかったことでしょう。根田を残せていたら決勝での戦い方も変わったでしょうが、これはこれで仕方のないこと。山口幸二氏に次ぐ「戦う支部長」として、更にビッグなステージでの活躍を期待したいと思いますし、今の状態なら可能でしょう。こちらの要注目です。

さて今週の番組も、「明日のレース注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の防府GV「国際自転車トラック競技支援競輪」10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185707389

この記事へのトラックバック