2019年02月01日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、松阪記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲でポンと飛び出した@山本伸一がSを決め、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、近畿3車−南関3車−中部2車−単騎のB野田源一の順。青板3角(残り2周半)からE皿屋豊が上昇していくも、併せようとA渡邉雄太も前々踏み上げる。これを見て最後方の野田がインをすくって、近畿ライン後位へと切り替える。皿屋・渡邉両者が仕掛けるタイミングを計り合うのを見て、ジャン前BKから山本が突っ張り気味にペースアップ。皿屋は前に出られず、渡邉も最終HSで一旦ハナに立つも、盛り返した山本に主導権を奪い返される。後続がその後もつれる中、結局、山本番手を回ったD村上博幸が、直線で差し交わして1着になる。最終3角手前から捲り追い込んだ野田が2着に突っ込み、さらに野田後位に切り替え直線伸びたC大塚玲が3着に飛び込む。

<結果・払戻金>
 2車単 D→B 1830円
 3連単 D→B→C 32550円

【11R】
号砲直後、若干けん制状態の後、B神田絋輔が誘導を追いかけ、C川村晃司を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿2車−関東3車−中部3車−単騎のE掛水泰範の順。赤板HS(残り2周)からA柴崎淳が上昇して中団の吉田を抑えると、さらにジャン前BKで踏み上げてハナに立つ。しかし吉田がジャンからカマシ気味に巻き返しに出ると、最終HSで柴崎を捉えて先頭へ躍り出る。すると柴崎は吉田番手の@武田豊樹に飛び付くも、武田がこれをしのいで番手を死守。もつれた3番手位置には掛水が捲り気味に追い上げてはまり込む。これで関東ワンツーと思いきや、掛水を目標に捲り追い込んだ川村後位から、直線中バンクを伸びた神田が突っ込み1着になる。2着には吉田を差した武田が入り、3着には吉田が粘り込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 9480円
 3連単 B→@→F 33820円

【12R】
号砲直後のけん制状態から、押し出されるように@浅井康太が誘導員を追いかけ、D竹内雄作を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、中部3車−西日本3車−北日本3車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)でC阿部拓真が上昇して正攻法の竹内を抑えるも、竹内はスンナリ車を下げる。ここへF井上昌己も切り替え、竹内は7番手まで下がる。するとジャン前2角過ぎから井上が阿部を叩いてハナに立つと、叩かれた阿部がインに粘って、井上マークのH小倉竜二に競りかける。このもつれを見て、竹内が最終HSから捲り返しに出ると、あっさりとライン3車が出切って主導権を奪い返す。最終BKは一本棒で、後続からの仕掛けはなく、結局、浅井が竹内を差し交わして1着、竹内が2着に粘り、ライン3番手のE舛井幹雄が3着に続く。

<結果・払戻金>
 2車単 @→D 190円
 3連単 @→D→E 2090円

松阪記念の準決勝は、10・11Rが3着穴や第3ラインの選手が飛び込んでくるなどで中波乱となりましたが、12Rは地元の大本線がライン上位独占を決めて結果を残しました。
10Rは、山本の主導権取りへの気迫が、村上の勝利につながりました。皿屋や渡邉は、一旦インを切って中団取り含みの仕掛けでしたが、山本が突っ張ったことでレースプランに狂いが生じました。そのため、中部と南関ラインは勝負所を前に空中分解することになり、より村上に有利にレースが進んで行きました。まさにラインの力による1着でした。さらに、これが決勝で見せた捲り追い込みでのVにつながりました。まさに完全復活を宣言する完全優勝でのVゴール。層の厚い近畿勢の追込み勢の中心として、今後の更なる活躍が期待できそうです。
11Rは、関東勢の完勝かと思いきや、神田が目の覚めるようなキレのある追込みを披露し、1着で決勝進出を決めました。追込みに転じてから安定した成績を残すようになった神田ですが、前場所の和歌山GVでは、準決勝で近畿4番手を回らざるを得ない番組面での不運もありましたが、ある程度まで引っ張ってもらえれば、あとは自らが活路を見い出せるというのを証明した走りでした。本来なら川村とのワンツーといきたかったでしょうが、見事なレースぶりでした。しばらくはFT戦線が続く神田ですが、きっちりV争いに絡んで行って、更なるステップアップを期待したいと思います。
12Rは、大本線・中部勢が有利になるように、勝手に進んで行ったようなレースでした。竹内がスパートするタイミングを計っている内に、井上がイン切りし、さらに井上番手の小倉へ阿部が競りかけるという、竹内にとっては「願ったり、叶ったり」の展開。あとは1周駆けですから、ライン3番手・舛井も難なく追走してのライン3車上位独占です。浅井も、交わすタイミングだけという流れで、安心して追走できたでしょう。昨年の前半戦はこの2車が大変苦戦しましたが、今年は大反撃になるのが間違いないと思います。竹内は高松GVを挟みますが、浅井ともどもGT・全日本選抜でも今回同様の活躍を見せてくれるでしょう。

さて今週の番組は、「明日のレースの見どころ&はりきり予想」をお送りします。明日の和歌山ガールズFU・12R「A級初日特選」の見どころをご紹介します。なお、高松記念10〜12R「S級準決勝」と合わせて、ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185473629

この記事へのトラックバック