2019年01月25日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、大宮記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲でポンと飛び出したF渡邉晴智がSを決め、G野口裕史を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、南関2車−北日本2車−西日本2車−関東2車−単騎のC田中誠の順。ジャン前2角(残り2周過ぎ)からE矢野昌彦が上昇して野口を叩いてハナに立ったところでジャン。ここへ田中が追走し、さらにA村上義弘、D山崎芳仁も付いて行く。先頭の矢野が徐々にペースを上げようとすると、最終HS前の4角山おろしから野口が一気にカマシ捲りに打って出ると、最終1センターで矢野を捉えて先頭に躍り出る。矢野マークのH岡光良が田中をけん制して矢野を3番手位置に迎え入れるも自らは踏み遅れ、田中に矢野後位へ割り込まれてしまう。このもつれを見て最終BKから村上が先捲りに出るも前団に迫り切れない。後続のもつれを尻目に直線で踏み直した野口が逃げ切りの大金星を挙げ、2着には2センターから捲り追い込んだ矢野が突っ込む。横一線の3着争いは矢野後位から突っ込んだ田中が制し、大波乱の決着となる。

<結果・払戻金>
 2車単 G→E 23210円
 3連単 G→E→C 345580円

【11R】
号砲でD志智俊夫が積極的に誘導を追いかけ(記録上はS)、F吉田敏洋を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、中部2車−ライン3番手のA橋本強−近畿2車−南関3車−単騎のE土屋壮登の順。赤板過ぎの1センター(残り2周過ぎ)からB郡司浩平が上昇、ジャンで正攻法の吉田を抑えると、さらに山田が踏み上げてハナに立つもペースはスロー。すると山田を追走した土屋が最終HSでインを切り先頭に立つと、これを目標に吉田が一気にペースアップ、土屋を叩いて先行勝負に出る。吉田のカカリはまずまずで隊列一本棒とするも、最終BKから郡司が捲り返しに出る。しかし山田がこれを見て併せながら前々踏むと、脚色が合って2車並走の捌き合いとも前に迫れない。結局、吉田番手のD志智俊夫が差し交わして1着になり、志智後位の橋本が2着に続く。3着には郡司マークからインの空いたコースを伸びたH海老根恵太が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 D→A 2700円
 3連単 D→A→H 29650円

【12R】
号砲で飛び出した@神山拓弥が誘導員を追いかけSを決め、B平原康多を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、関東3車−単騎のF黒田淳−近畿・中部3車−単騎のG石塚孝幸−単騎のC安部貴之の順。ジャン3角でA古性優作が上昇して正攻法の平原を抑えるも、単騎勢は切り替えず、平原は難なく4番手位置を確保する。これを見て、古性は波を作り(蛇行すること)ながら平原の動きをけん制するも、平原は最終1センターから捲り返しに出る。古性は最終2角で自ら平原にブロックに行くも、平原はこれを乗り越えて最終BKで先頭に躍り出る。前団のもつれを確認した黒田が後捲りで参戦し、3番手位置まで追い上げる。結局、平原が後続の追撃を寄せ付けず1着になり、マークの神山が2着に続く。3着には3番手位置を確保した黒田が流れ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 260円
 3連単 B→@→F 1390円

大宮記念の準決勝は、500バンクということもあり、最後まで激しいしのぎの削り合いとなりました。10Rでは大波乱となったものの、12Rは地元の大本線がしっかり結果を残しました。
10Rは、野口の積極先行が実を結びました。予選・一般戦は結果を残せていたものの、GVの準決となると全くの未知数で、百戦錬磨のベテラン勢に最後は後塵を拝すると見られていました。ところがHSからのカマシ先行はFTクラスのレベルではなく、Gレース上位級と遜色ないもので、しかも番手追走の渡邉も付きバテで離れてしまうほどでした。35歳で中堅からベテランへ移りつつある野口ですが、南関の遅咲きスターの誕生に期待したいと思います。
11Rは、吉田のハラを括った先行が、志智の1着をもたらしました。実質「徹底先行不在」でしたが、最終HSからの仕掛けは徹底先行時代の動きを見るようでした。志智も3番手の橋本も近年までタテ脚含みの自在戦をしていたことから、早めの仕掛けをすればライン決着も十分という流れに持ち込みました。最後は失速し、直前に切り込んできた海老根とハウスして落車滑入という憂き目に遭いましたが、吉田らしい気持ちの入った走りを見せてもらったように思いました。
12Rは、平原が力を見せつけました。このレースも徹底先行不在の超細切れ戦。古性が先行しながらのけん制を見せましたが、平原がバランスを崩しながらもこれを切り抜けると、神山が「強すぎる」と脱帽した位の走りを披露。残念ながら優勝こそ逃しましたが、このシリーズは、まさに地元・平原の独壇場でした。落欠明け復帰戦というのも気にならない、SS班らしい強さを出し切ったと思います。高松GVを経て、別府・全日本選抜へ進んで行きますが、今年最初のGTも平原を中心に回って行きそうな予感がしました。

さて今週の番組は、「明日のレースの見どころ&注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の松阪記念10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。なお当ブログへのアップは、今週も都合によりまして、明日(26日)朝9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185428535

この記事へのトラックバック