2019年01月19日

1/19 大宮記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、今日(19日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、大宮記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

※今回のブログは都合により、通常の1月18日(金)の配信ではなく、翌19日(土)午前の配信となりました。悪しからずご了承下さい。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●大宮記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
▲ ☆ 1 守澤太志(秋田)
○ ▲ 2 村上義弘(京都)
× ○ 3 園田 匠(福岡)
    4 田中 誠(福岡)
◎   5 山崎芳仁(福島)
    6 矢野昌彦(栃木)
☆ ◎ 7 渡邉晴智(静岡)
    8 野口裕史(千葉)
  × 9 岡 光良(埼玉)

並び ←G7 4 E9 A3 D1
※「Keirin.jp」による

C田中が「単騎で」というコメントで、ライン構成は4分戦+単騎1車と概ね想定通り。徹底先行のG野口が積極的に仕掛け、地元を連れたE矢野が巻き返し、他派が捲り返しという流れがセオリーか。◎印は迷ったが、D山崎の自力戦に期待。前回・立川GVは@・1・6・5と特選から2連勝も準決敗退。今節はここまでE・1の勝ち上がりで、二予Aは山ア賢の外を14秒1の2日目一番時計で捲り切った。マーク戦よりもまだまだ自力戦の方が持ち味を十分発揮できるだけに、今日も野口の先行を捲り切ってしまうか。対抗はA村上。静岡GPで落車し、立川GVを欠場。今回が復帰戦だが、初日特選は近畿3番手でやや動きも重く、6着に終わった。二予Aは古性優マークから、鈴木竜の捲りを併せつつ直線伸び切って快勝。今日は自力戦だが、野口・矢野の主導権争いを上手く誘って、中団確保から脚を貯めて突っ込んで来るか。穴軸はF渡邉。地元のGPシリーズは、決勝進出も「ハコ3」を喰らってしまった。続く奈良FTもA・3・Gと優参はしたものの、決勝は前を任せた北日本勢が捲り不発で大敗。今節は2・5の勝ち上がりで、まずまずといったところか。今日は徹底先行・野口の番手回り。司令塔として主導権取りを上手くコントロールできれば、アタマ取りも十分期待したい。村上後位から伸び勝負にかけるB園田、同様に山崎マークから大外伸び返す@守澤、矢野の仕掛けから混戦を縫って突っ込むH岡は、アタマでも考えなければならないか。

<本線予想> 5=2 5=1 5→3 5→7
<穴予想> 7=3 7=2 7→9 7→1


《第11R S級準決勝》

本線 穴
× ○ 1 山田久徳(京都)
  × 2 橋本 強(愛媛)
◎   3 郡司浩平(神奈)
    4 近藤 保(千葉)
☆ ◎ 5 志智俊夫(岐阜)
    6 土屋壮登(埼玉)
○ ▲ 7 吉田敏洋(愛知)
    8 高間悠平(福井)
▲ ☆ 9 海老根恵太(千葉)

並び ←F52 6 @8 B94
※「Keirin.jp」による

E土屋が「単騎で自力自在」を選択し、ライン構成は3分戦+単騎1車。捲り志向の選手が多いが、F吉田がハラを括って飛ばして行くか。ただB郡司の力が一歩リードでレースの中心に据える。前回・奈良FTは@・5・1と優参を逃したが、特選含め2勝を挙げた。その前の伊東温泉GVでは3連勝で優参し、決勝では男気先行で渡邉雄にVをもたらした。今節はここまで@・4だが、初日特選で見せた捲り追い込みは、脚を貯めて一気に突っ込んだ好内容。上がり14秒2も納得だ。今日はカマシ先行・捲りいずれにしても、持ち味のダッシュを活かした走りを披露か。対抗はF吉田。伊東温泉GV決勝7着の後は、松阪FTで優参(7着)も、いわき平FTでF・7・1と準決敗退。しかし今節は調子を取り戻したか、3・2の勝ち上がり。初日一予は「本来の脚じゃない」と言いながらも、捲って3着に粘り込んだ。二予Aでも最終3角から捲り追い込んだ脚勢は着以上だった。今日も自力戦だが、僚友・志智のガードを受けて逃げ切りまで期待したい。穴軸はそのD志智。12月豊橋FTでE・1・@でVを飾り、その後の久留米・岐阜FTはともに優参。好調をキープできているようで、今節の1・3の勝ち上がりに現れている。今日は、吉田の仕掛け次第だが、後続の捲りを上手く捌き切れれば、4角立ち上がりからの抜け出しで好配をもたらすか。中団が確保できれば好スピードで強襲する@山田、郡司の仕掛けから伸び返すH海老根、中部3番手からタテ脚繰り出すA橋本も上位陣と五分で侮れない存在だ。

<本線予想> 3=7 3=9 3→1 3→5
<穴予想> 5=1 5=7 5→2 5→9


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲ ○ 1 神山拓弥(栃木)
○ ▲ 2 古性優作(大阪)
◎   3 平原康多(埼玉)
    4 安部貴之(宮城)
× ◎ 5 西岡正一(和歌)
  ☆ 6 三宅裕武(三重)
☆ × 7 黒田 淳(岡山)
    8 石塚孝幸(神奈)
    9 神山雄一郎(栃木)

並び ←A56 4 F 8 B19
※「Keirin.jp」による

関東と中部・近畿の各3車はスンナリ並びは決まったが、C安部が「単騎で何か」、F黒田は「単騎戦」、G石塚も「自分で何か」とコメントし、2分戦+単騎3車という細切れ戦。そうなれば、自ずとA古性が主導権を奪って行く流れになるか。ただ単騎勢が近畿勢に加担したとしても、B平原がまとめて面倒見るか。静岡GPは落車再乗(8着)に終わったが、立川GVを欠場して万全を期しての地元記念参戦。初日特選こそ4着だったが、二予Aでは中西大の先行を原田研の捲りを併せながら伸び返して快勝。今日も同様の流れから、最後はSS班の脚を見せつけるか。対抗はA古性。立川GVブロックセブンでは、大本命背負うもまさかの2着。決して調子は悪くはなさそうだが、今節も初日特選では中団確保から捲り切れずに9着。ただ二予Aは格の違いを見せつけ2着で勝ち上がって来た。今日も主導権を求められるが、ペース駆けもできそうなメンバー構成で、番手・西岡のガードで後続を振り切るか。穴軸はそのD西岡。クリスマス開催の地元・和歌山FTで優参(E・1・C)も、3が日の岐阜FTで5・5・6と準決敗退。ただ今節は立て直して来たか、2・4の勝ち上がり。一予では吉田の捲りに離れながらも、直線盛り返して2着に飛び込んだ。今日は古性マークから、早めの踏み込みで筋違い決着まで期待したい。平原後位から伸びる@神山拓、単騎だからこそ捲りが恐いF黒田、近畿後位からの直線勝負で連日の好配提供のE三宅、印は回らなかったが3番手でも「レジェンド」の脚を披露するH神山雄は、2〜3着受けには押さえておきたい選手だ。

<本線予想> 3=2 3=1 3→5 3→7
<穴予想> 5=1 5=2 5→7 5→6


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 08:51| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
私には夢だった車券、10レースの園田選手と村上義選手の折り返し!確か過去に連携は無かったはずです。今日の大宮記念はそこだけ買いまーす。
Posted by コタカ at 2019年01月19日 11:21
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
村上−園田の連携は、コタカさんにとっては夢のような連携だったと思います。ただ、村上の最終3角からの捲り追い込みが不発になって共倒れ。優参ならずで残念でした。
Posted by 山本D at 2019年01月19日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185401941

この記事へのトラックバック