2019年01月18日

「和歌山グランプリ」ブログヘボヘボ予想4連戦・計9レースの答え合わせ(結果)

「開設69周年記念・和歌山グランプリ」(GV)は、香川・池田憲昭選手の記念初優勝で幕を閉じました。当ブログでは開催期間中、臨時号も含めて連日ヘボヘボ予想を掲載しましたが、予想した4日間・合計9レースの結果を振り返ってみましょう。

○1/11(金)

【12R S級初日特選】
号砲でE小川真太郎が飛び出してSを決め、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、西日本2車−単騎のC和田健太郎−近畿3車−単騎のA武田豊樹−H新山響平−マークのG金子貴志の順。レースの動きは早く、青板BK(残り2周半手前)から武田が先に動き小川を抑えると、小川はスンナリ車を下げる。そして武田を追走した@三谷竜生が武田を抑えてハナに立つと、さらに三谷を追走した新山が赤板過ぎ1角で一気に踏み上げ、三谷を叩いて先頭に躍り出る。この時、抑えられた武田は近畿3番手・D椎木尾拓哉のインで粘り、ジャン3角で椎木尾を捌いて位置を確保すると、さらに最終HSの進入から叩き返すべく前々踏み上げる。しかし武田は車が前に進まず、三谷後位・F村上博幸のけん制を受けて失速・後退。新山はジャン過ぎ2センターから徐々にペースを上げて行くも、最終BKの進入で三谷が先捲りを敢行。3角で新山を捉えた三谷は後続の追撃を尻目にそのまま押し切って1着になる。2着には村上が続き、3着には内々もぐりこんで直線伸びた和田が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 780円
 3連単 @→F→C 7360円


○1/12(土)

【9R S級二次予選A】
発走不揃いで再発走となったこのレース。2度目の号砲直後、一呼吸おいてからD和田圭が誘導を追いかけ、正攻法に@新山響平を迎え入れる。周回中の隊列は、北日本3車−九州2車−単騎のF濱田浩司−東日本2車−単騎のC岡ア智哉の順。早くも青板HS(残り3周)からレースは動きを見せ、B簗田一輝が上昇して正攻法の新山を抑えると、新山は赤板HS(残り2周)で車を下げ、簗田が正攻法に入れ替わる。すると今度は、これを見てH中川誠一郎が前々踏み上げて簗田を抑えると、岡アがインを切り、さらに新山が一気に踏み込んでジャンから先行勝負に出る。叩かれた岡アは北ライン3番手のE阿部力也のインで粘り、阿部を捌いて位置を確保。しかし中川がこのもつれを見て最終2角から一気に捲り返すと、直線で新山を捉えて1着になる。新山番手の和田が交わして2着に入り、新山が3着に逃げ粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 H→D 590円
 3連単 H→D→@ 1150円

【10R S級二次予選A】
号砲でややけん制が入るも、誘導を追いかけたE阿部大樹が正攻法に収まり、C池田勇人を迎え入れる。序盤の位置取りは、埼玉2車−南関2車−近畿・中部3車−瀬戸内2車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)から@小川真太郎が上昇し、池田を抑えて先頭に躍り出る。小川は流し(ペースをスローに落とすこと)ながら後続の動きを警戒すると、ジャンを合図にD南潤が一気に叩き返しに出る。南は2センターで小川を捉えて先頭に躍り出ると、快調に先行していく。叩かれた小川は4番手に収まるも、後続からの仕掛けもなく、最終BKを一列棒状で通過。最終3角手前からB和田真久留が捲り追い込むも、前団との距離は遠く、結局、南番手のA村上博幸が残し気味の差し交わしで1着。南が2着に粘り、2センターからインをもぐって直線空いたコースを伸びたH岩津裕介が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 A→D 580円
 3連単 A→D→H 3590円

【11R S級二次予選A】
号砲直後は若干けん制状態となるも、D金子貴志が誘導を追いかけ、E長尾拳太を正攻法に迎え入れる。序盤の並びは、中部2車−近畿3車−単騎のG小岩大介−茨栃2車−ライン3番手のC小川勇介の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からA金子幸央が上昇すると、小岩もここを追走。抑えられた長尾は車を下げ、金子幸が先頭に立つと、そのままジャン先行。これを見て中団外並走だったB稲毛健太が最終HSから早くも捲り返しに出ると、金子幸番手のH武田豊樹が二度、三度とけん制を見せる。しかし稲毛はこれを乗り越え最終2センターで金子幸を捉える。しかしイエローライン外側から自ら捲り上げた金子貴が、直線一気に前団を飲み込んで1着になる。2着には稲毛が粘り、3着には武田後位から直線捌きながら伸びた小川が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 D→B 4230円
 3連単 D→B→C 59320円

【12R S級二次予選A】
このレースも号砲直後はお見合い状態。ここからH池田憲昭が誘導を追いかけ、B取鳥雄吾を正攻法に迎え入れる。序盤の位置取りは、瀬戸内2車−近畿3車−北日本2車−南関2車の順。青板BK(残り2周半手前)からF和田健太郎が上昇し、中団の@三谷竜生を抑えると、これを見てG佐藤博紀が赤板HS(残り2周)でインを切って、一旦先頭に躍り出る。すると下げていた三谷が佐藤を叩いてハナに立つも、ペースは上げず流し気味。するとジャンから一気に取鳥が踏み込んで、三谷を叩いて先行勝負。三谷は叩かれるも3番手を難なく確保し、最終BKの進入から一気に捲り上げると、3角で取鳥を捉えて先頭へ。結局、このまま三谷が押し切って1着になり、2着にはマークのD東口善朋、3着には離れながらも喰らい付いた3番手のE藤田勝也が流れ込み、ライン上位独占を決める。

<結果・払戻金>
 2車単 @→D 260円
 3連単 @→D→E 1370円


○1/13(日)

【10R S級準決勝】
号砲でC池田憲昭がポンと飛び出してSを決め、H小川真太郎を正攻法に迎え入れる。初手の周回は、四国2車−近畿4車−単騎の@武田豊樹−北日本2車の順で並ぶ。青板3角(残り2周半)を迎え、F新山響平が上昇してD稲毛健太を抑えると、新山を追走していた@武田豊樹がイン切り気味に前団を叩いてハナに立つ。さらに新山が武田を叩いて先頭に躍り出るも、仕掛けるタイミングを探っていた稲毛が、ジャンで新山を叩いて一気に先行勝負に出る。その際にややクチ(車間)が空いていたE佐野梅一を捌いて、武田が近畿4番手に割り込み、新山はインに詰まって抜け出せない。このもつれを見て最終2角から小川が一気に捲り返しを見せると、東口のけん制を乗り越えて4角で稲毛を捉える。結局、小川が後続を振り切って1着に入り、マークの池田も2着に続く。そして3着は東口が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 H→C 1110円
 3連単 H→C→A 4240円

【11R S級準決勝】
号砲で一瞬けん制状態になったが、F中川誠一郎が飛び出して正攻法に収まる。周回中の並びは、九州2車−単騎の@岩津裕介−南関・北日本2車−近畿4車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からA南潤が上昇する素振りを見せるも、中団のB和田健太郎が波を作って(蛇行すること)けん制し、南は前に出られない。それでもなお南は1センターのからの山おろしを活かしてペースアップし、前団を叩いて先行勝負に出る。しかし和田は近畿3番手のG中村一将のところへ飛び付いて捌き切ると、中村はたまらず後退。南が快調に飛ばして行くも、最終2角から中川が一発捲りを放つと、南番手のH村上博幸はけん制できず捲りが成功する。結局、中川が後続の追撃を許さず1着になる。2着にはマークのC小川勇介、3着には九州勢を終始追走した岩津がそれぞれ流れ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 F→C 750円
 3連単 F→C→@ 3400円

【12R S級準決勝】
号砲でD簗田一輝がポンと飛び出して(記録上はS)、正攻法に収まる。周回中の隊列は、南関・北日本2車−近畿3車−西日本2車−中部2車の順。青板3角(残り2周半)から@三谷竜生が上昇して、正攻法の簗田を抑え込む。簗田は車を下げ、三谷が正攻法に入れ替わる。仕掛ける動きがないのを見て、最後方に車を下げていたA金子貴志がジャンからカマして先行勝負に打って出る。叩かれた三谷は3番手に収まると思いきや、最終HSから早くも巻き返しに出る。しかし三谷は金子番手・H北野武史のけん制を受けて出切れず、三谷後位のB椎木尾拓哉に迎え入れてもらう形で3番手に戻る。そして三谷が最終BKから再度捲り返すも車の伸びが今一つで、椎木尾が最終3角から空いたインに切り込む。結局、直線鋭く伸びた椎木尾が1着になり、最終4角から再度盛り返した三谷が2着に入る。3着には最終3角8番手から捲り追い込んで大外伸びた簗田が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 510円
 3連単 B→@→D 3640円


○1/14(祝・月)

【12R S級決勝】
号砲で@三谷竜生がポンと飛び出してSを決めると、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、近畿3車−単騎のG簗田一輝−九州2車−瀬戸内3車の順。レースの動きは早く、青板BK(残り2周半手前)からF小川真太郎が前々踏み上げ、正攻法の三谷を迎えると、三谷は車を下げて正攻法が入れ替わる。赤板HS(残り2周)を迎えるも大きな動きはなく、一列棒状が続く。小川真はジャン過ぎ2センターまで誘導を使い、三谷も車間を切って仕掛けるタイミングを計り続ける。そして小川真が最終HSの進入で意を決して先行勝負に出ると、三谷も早目に巻き返すべく前々踏み上げる。しかし三谷は瀬戸内3番手・B岩津裕介のけん制を受け、そのまま岩津をインにキメ込もうとする。ところが、小川真番手のC池田憲昭と岩津の間のアンコ(3車並走の真ん中)になってしまい、三谷はやむなく後退。これを見て近畿3番手のH東口善朋が、最終BKでインをすくって瀬戸内ライン後位に切り替える。さらに最終2角8番手からA中川誠一郎が捲り返しに出るも、後退して来た三谷にあおられ前団に迫れない。結局、番手無風の絶好の流れをつかんだ池田が、直線シャープに伸びてGV初優勝を決める。そして東口と自ら捲り追い込んだ三谷マーク・D椎木尾拓哉との激しい2着争いは、1/8輪差こらえた東口に軍配が上がる。

<結果・払戻金>
 2車単 C→H 38310円
 3連単 C→H→D 167020円

比較的平穏なレース結果が続いた「和歌山グランプリ」でしたが、決勝で池田が優勝し、今シリーズの最高配当を出しました。その決勝に絞って、感想を述べさせて頂きます。
池田は自身初のGV優勝ではありますが、近歴の状態の良さがもたらした、ある意味当然の結果だったと思います。追い込み一辺倒から、自力含みの自在戦法に戻したことで成績が安定。直近6場所で2度のFT優勝、佐世保GVエボリューションでも1着と絶好調でした。直前の岸和田FTで惨敗したことで心配されましたが、「セッティングなどを元に戻した」ことで好調を取り戻しました。四国の若手が急成長している中、次走が地元・高松記念で注目度もアップ。今年の更なる飛躍が期待できそうです。
東口と椎木尾の2着争いは、ヘルメットをぶつけ合いながらの激しいもので、見応え十分でした。優勝こそ届きませんでしたが、和歌山勢最先着を目指す2人の意地のぶつかり合いが垣間見えました。これだけ地元勢の戦力が充実している以上、今後もWGPの地元選手出場枠を争うことになりますし、決勝ということでもありますので、たとえ地元同士であっても一歩たりとも引けないのは当然です。「地元のエース」の称号をかけた戦いが、むしろ和歌山勢全体の底上げにつながってくれることを期待したいと思います。
7着には終わりましたが、小川真のハラの括った先行に拍手を送りたいと思います。捲り・カマシ志向の小川真にとって抑え先行となったことで、攻めにくくなったのは確かでしょう。ただ三谷の追い出しがあったにも関わらず、それを最終的には正面から受け止めて三谷の巻き返しを封じ、最終的には池田の優勝につなげました。まさにライン戦の先頭として、精一杯のレースを見せました。こういったレースを見せることで、ライバルに対するプレッシャーも増すでしょうし、自身の攻め幅も広がります。今後の小川真のさらなるステップアップに期待したいと思います。
その一方、8着に終わった三谷の攻め方には、やはり疑問符が付きます。「地元を連れていながら先行しなかった」などと、レース直後ファンから罵声を浴びていましたが、GPチャンピオンユニフォームを着用して出場する以上、着(車券)に絡むレースが求められるだけに、ある意味仕方がないかと思います。ただ「敗れても、ファンが納得するレース」というのは、そうそうできないのも事実です。ただ、ライン戦を意識していないように思われる攻めを選んだ以上、確定板を外すことは許されません。罵声を受けたのも無理もありません。これがGPチャンピオンとしての苦難の道の一里塚かもしれませんが、常時1番車の重みを感じながら今後のレースを戦ってもらいたいと思います。

さてさてヘボヘボ予想4連戦は、今年は9レース中7レース的中。ただ本命レースが続いただけに、回収率は74.6%と、去年のWGP予想とは全く逆の結果に終わりました。ただ2日目11Rの穴軸・金子貴から◎→○で2車単4千円台は我ながらヒットだったと自負しています。ただ決勝はもう少し突っ込んだ予想をしていれば、池田に◎印を付けられてたかもと、ちょっぴり反省です。ただ個人戦は、最終日・終盤レースで連続ヒットが出て、4日間トータルは何とかプラスで終えることができました(うわっ、自慢してる…)。まぁ個人戦は置いといて、これからも皆様のご期待に添えることができるような予想をして参りますので、今後とも当ブログをどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて今週の番組は、「和歌山グランプリ」の決勝を実況録音で振り返りながら、今シリーズのまとめを私が感じたままお話ししたいと思います。なお明日の大宮記念(GV)3日目10〜12R「S級準決勝」のブログヘボヘボ予想のアップは、都合によりまして明日の朝9時頃の予定です。
またいつもお願いしていますが、番組内容や予想・結果、さらに今回は競輪中継に関するご意見・ご感想などについても、コメント・ご意見がございましたら遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185394135

この記事へのトラックバック