2018年12月14日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、広島記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲でポンと飛び出したF大森慶一がSを決め、H山崎芳仁を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本2車−関東3車−単騎のE二藤元太−B稲垣裕之−マークの山陽2車の順。青板2角(残り3周過ぎ)から稲垣が上昇して、正攻法の山崎を抑え込む。山崎がスンナリ車を下げると、稲垣の動きを追走したD吉澤純平がジャン前1センターで稲垣を叩いてハナに立つ。しかし稲垣はインをすくって吉澤に抵抗を見せると、前団が混戦状態になり、これを見た山崎がカマシ先行に打って出る。この3番手に稲垣を退けた吉澤が切り替え、稲垣は関東3番手のC尾崎剛と位置を巡って、ツバ競り合いを繰り広げる。すると最終2センターから吉澤が捲り追い込みに出て、外バンクを伸びて1着になる。吉澤後位からインを突っ込み、北日本2車の中を割って強襲した@諸橋愛が喰い込み、3着には山崎が逃げ粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 D→@ 690円
 3連単 D→@→H 2760円

【11R】
このレース号砲直後若干けん制状態になり、内枠2車が誘導を追いかけ、枠順を活かした@小松崎大地が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、北日本2車−九州2車−山陽3車−近畿2車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からF中西大が上昇すると、G竹内翼らが併せるのも構わず、ジャン前1センターで先頭に躍り出る。竹内は3番手を確保する。中西はやや流し(ペースを十分上げないこと)気味で後続の動きを警戒するも、ジャンを合図に踏み込んできた小松崎が最終HSで中西を叩いて先行態勢に。竹内は小松崎の仕掛けを追いかけ再度3番手位置を確保。すると最終2角からA中川誠一郎が捲り発進すると、マークのD大塚健一郎はたまらず離れてしまう。中川は直線で小松崎を捉えると、そのままの勢いで1着になる。2着には小松崎が逃げ粘り、小松崎マークのB和田圭が続いて3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 A→@ 550円
 3連単 A→@→B 1020円

【12R】
けん制気味のスタートから、@松浦悠士が誘導員を追いかけ、D三谷竜生を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、三谷−マークの瀬戸内3車−関東3車−福岡2車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からE原口昌平が上昇して正攻法の三谷を抑えようとするも、三谷が突っ張る構えを見せる。原口は1センターで三谷を叩いてハナに立つも、これを見たH山岸佳太がジャン前2角から踏み上げ、原口を叩いて先行策に出る。叩かれた原口が最終HS4番手から徐々に離されていくのを見て、6番手位置の三谷が一気に捲り返しに出る。山岸番手のA神山拓弥が三谷を厳しくけん制すると、三谷マークから車を外に持ち出して直線伸びた松浦が1着になる。2着はけん制をこらえた三谷、3着にはけん制の勢いから直線伸びた神山がそれぞれ確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→D 270円
 3連単 @→D→A 1350円

広島記念の準決勝は、各レースの主軸選手が危なげない走りを披露した結果、本命戦が連続しました。
10Rは、山崎のカマシ先行という予想外の展開となりましたが、稲垣の突っ張りを退けた吉澤が冷静に山崎を追走し、捲り追い込みで白星を挙げました。稲垣の突っ張りが「見えていなくて踏み遅れた」と振り返った吉澤でしたが、慌てず騒がずの3番手から追込んで決着を付けた所はさすがでした。元々自在脚の傾向のある吉澤でしたが、こういったレースを見せられると、いかにして今の吉澤をつぶすのが難しいかが分かります。諸橋とは現地集合のようなワンツーでしたが、それぞれ持ち味を活かした結果でした。
11Rは、中川の一発捲りのスゴさを改めて思い知らされました。最終2角からの発進はやや距離のある後方からでしたが、そういった心配を一蹴してしまうほどのスピードで、まさにツボにはまった走りでした。完全優勝のかかった決勝は、三谷の男気先行を追走しなかったことで、最終BKの中団の揉み合いに巻き込まれてジ・エンド。結果的に松浦の地元Vに花を添えることになりましたが、見せ場なく終わってしまい、期待したファンを裏切ってしまいました。まだまだ自力で結果を残せるだけに、今後も持ち味のダッシュを活かした走りを見せ続けてほしいと思います。
12Rは、松浦の執念がさらに直線で後押ししたような結果でした。神山のけん制も決してミスはありませんでしたが、外を踏めただけ松浦に余裕と勢いがありました。前年のこの大会で準決敗退したことから、「今年は前に踏もうと決めていた」というレース後のコメント。ただ「池田さんを連れ込めなくて」と反省も忘れませんでした。ただ決勝も三谷の男気あふれる先行のおかげで、番手から抜け出すだけというこれ以上望めない展開でGV初V。なかなかつかめなかったGV優勝を決められたことで、今後もさらなる飛躍が期待できるでしょうし、中四国を代表する自在選手としてGT・GU優勝までを見据えて頑張ってもらいたいと思います。

さて今週の番組は、「明日のレースの見どころ&注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の伊東温泉記念10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。なおヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185183639

この記事へのトラックバック