2018年11月17日

11/17 武雄FT・9〜11R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、今日(17日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、武雄FT「S級シリーズ・西日本カップ 井上茂徳杯」の2日目9〜11R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

※今回のブログは都合により、通常の11月16日(金)の配信ではなく、翌17日(土)午前の配信となりました。悪しからずご了承下さい。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●武雄FT「西日本カップ」・2日目

《第9R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 伏見俊昭(福島)
☆ ◎ 2 大坪功一(福岡)
○ ○ 3 久米康平(徳島)
    4 佐野梅一(京都)
× ▲ 5 原口昌平(福岡)
  ☆ 6 古屋琢晶(山梨)
    7 西田雅志(広島)
    8 阪本正和(長崎)
◎ × 9 簗田一輝(静岡)

並び ←D28 4 B7 E H1
※「Keirin.jp」による

C佐野が「位置決めず」、E古屋が「単騎でも自力」とコメントし、ライン構成は3分戦+単騎2車となった。BK16本のB久米と15本のD原口が、先行ガチンコ対決濃厚だが、決まり手が先行オンリーの原口が主導権奪いそう。しかし先行争いが激化すればするほど、H簗田が一気に捲り返して行きそうでレースの中心に据える。前回の京王閣FTは2・1・Cで優参も、決勝は見せ場なく終わった。ただ昨日の予選は、野口正の先行をBK7番手から軽く捲り去った。明日も、S2ながらメンバー中競走得点最上位の格上的存在を十二分に見せつける強さを発揮か。対抗はB久米。前回・久留米FTは1・8・7で、久々の予選突破を果たした。昨日の初日特選は、ジャンでインすくって阿部拓と踏み合いを見せるなど、動きそのものは活発だ。今日は、簗田・原口が同期での先争いを誘って、捲り返しを決めたいところだ。穴軸はA大坪。前回・福井FTは、久々の予選スタートも3・4・5とまずまずの結果。昨日の初日特選は松岡貴の捲りを巧追走して、G前できっちり差し切って好スタートを切った。今日は原口の主導権取りをアシストし、連勝で優参一番乗り決めるか。そのD原口の逃げ粘り、簗田マーク@伏見の伸び、自力兼備E古屋の強襲も要注意だ。

<本線予想> 9=3 9=1 9→5 9→2
<穴予想> 2=3 2=5 2→9 2→6


《第10R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 横山尚則(茨城)
  ▲ 2 鈴木 誠(福島)
× ☆ 3 佐伯辰哉(広島)
    4 立花成泰(岡山)
▲ × 5 小坂敏之(栃木)
    6 鈴木幸紀(愛知)
☆ ◎ 7 佐藤朋也(秋田)
    8 藤田竜矢(埼玉)
○ ○ 9 三宅達也(岡山)

並び ←@58 6 B94 F2
※「Keirin.jp」による

E鈴木が「切れ目から」と話し、3分戦+単騎1車のライン構成。自力3車のBK本数が互角で、流れひとつで主導権をつかむ選手は変わって来そうだが、B佐伯がハナを切って行くと見たい。ただ、先行・捲りいずれになっても力を発揮する、@横山に◎印を打つ。前回・川崎FTは特選スタートからC・3・Hで優参。近歴は積極性がやや影をひそめたが、持ち味のダッシュ力を活かしたレース運びが目立つ。今日も流れに応じた立ち回りで、レースを支配するか。対抗はH三宅。前回・川崎FTは4・6・1で一予通過止まりに終わったが、前々回・豊橋GVは「前に付いて行っただけ」でB・B・6・8で準決まで進んだ。今日は佐伯に前を任せるだけに、捲り勢を止め切れれば佐伯とのワンツーも期待できよう。穴軸はF佐藤。前回・川崎FTは3・9・6で一予通過したが、前々回・熊本GVin久留米も3・1・9・2で準決進出とともに着をまとめるなど、平均競走得点100点台とは思えない堅実な走りを見せている。今日は佐伯よりも先に捲り返して、チャンスを広げたいだろう。佐藤後位から突っ込むA鈴木、粘り見せたいB佐伯、横山マーク喰らい付くD小坂は押さえておかなければならないか。

<本線予想> 1=9 1=5 1→3 1→7
<穴予想> 7=9 7=2 7→5 7→3


《第11R S級準決勝》

本線 穴
◎ ☆ 1 松岡貴久(熊本)
× × 2 近藤俊明(神奈)
  ▲ 3 伊藤正樹(愛知)
☆ ◎ 4 伊藤 信(京都)
    5 松崎貴久(富山)
    6 東矢昇太(熊本)
○ ○ 7 阿部拓真(宮城)
    8 大西健士(神奈)
▲   9 田中 誠(福岡)

並び ←E@9 F28 C35
※「Keirin.jp」による

このレースはきれいな3分戦。九州の前後はE東矢が「前で自力」。ラインの先頭3車はいずれも捲り志向だが、同県の先輩に任された東矢が積極的に駆け、他派が捲りに回るか。東矢の先制なら、番手捲り含みで有利となる@松岡を本命視する。前回・久留米FTはG・2・@でV。決勝では、4番手から渡邉雄の先行を捲り切った。昨日の初日特選は大坪功に交わされたものの、鋭い仕掛けでGレース上位陣の力を見せつけた。今日は、番手の仕事をこなしてライン上位独占まで期待したい。対抗はF阿部。近歴進境著しいが、前回・防府GVはE・5・4・1で二予敗退。昨日の初日特選は、107期同期・久米康との踏み合いになったが、ジャン前からハナを切るなど積極的な動きが目を引いた。今日は松岡の番手捲りが出る前に仕掛けて、優参につなげたい。穴軸はC伊藤信に期待。大阪に転籍後やや不満の残る結果が続く。前回・小松島FTでも、特選スタート活かせずG・7・9と散々だった。昨日の初日特選は、後方で脚を貯めてから突っ込んで4着。今日も同様に、前団の動きを見極めて伸び勝負に持ち込みたい。松岡後位でライン3番手から伸びるH田中、伊藤信マークからタテ含みの差し脚見せるB伊藤正、阿部番手に喰らい付いて強襲劇見せたいA近藤は、2〜3着受けだけでは足らない存在だ。

<本線予想> 1=7 1=9 1→2 1→4
<穴予想> 4=7 4=3 4→2 4→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184994088

この記事へのトラックバック