2018年10月27日

10/27 豊橋記念GV・10〜12R「S級初日特選」 予想

今週のブログ予想は、今日(27日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、豊橋記念(GV)の初日10〜12R「S級初日特選」のトリプルヘボヘボ予想です。

★今回のブログは都合により、通常の10月26日(金)の配信ではなく、翌27日(土)午前の配信となりました。悪しからずご了承下さい。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●豊橋記念GV・初日

《第10R S級初日特選》

本線 穴
  ○ 1 小松崎大地(福島)
× ◎ 2 松谷秀幸(神奈)
◎   3 古性優作(大阪)
☆ ☆ 4 吉田敏洋(愛知)
    5 齋藤登志信(宮城)
    6 三宅達也(岡山)
▲ × 7 稲垣裕之(京都)
    8 近藤龍徳(愛知)
○ ▲ 9 渡邉雄太(静岡)

並び ←H2 @5 BF6 C8
※「Keirin.jp」による

E三宅が「近畿へ」とコメントし、概ね想定通りの4分戦。積極性に関して上回るH渡邉が先に仕掛ける展開になりそうで、残る3派は捲りに回るか。その中でも捌き含みで前々踏み上げるB古性を本命に推す。前回の熊本GVin久留米はE・2・8・1と準決敗退。さらに水曜日に近畿地区プロに参戦して、疲れが残っていないか懸念が残るが、タテ・ヨコの対応力はメンバー随一。スンナリ中団確保できれば、自分のタイミングで捲り返し、番手引き連れる稲垣とのワンツーも期待したい。対抗はH渡邉。前回・福井FTは@・1・Aの準V。決勝は先行も、番手奪われた天田裕に交わされた。明日は小松崎の抵抗も考えられるが、ライン2車でもあっさり主導権確保なら、松谷のアシスト受けて粘り込みも。穴軸はそのA松谷。追込み・番手戦に回る番組が多くなった松谷だが、前回・松戸GVの「ブロックセブン」(4着)では、牛山貴を背に谷口遼の先行をジャンから捲り返し、見せ場を作った。明日は渡邉の先行を活かし、しっかり番手の仕事ができればワンツーも夢ではない。古性の番手・F稲垣の復活差し、@小松崎の先行・捲り両面作戦、地元・C吉田の総力戦はアタマ候補としてもケアしなければならないか。


<本線予想> 3=9 3=7 3→2 3→4
<穴予想> 2=1 2=9 2→7 2→4


《第11R S級初日特選》

本線 穴
☆   1 橋本 強(愛媛)
◎ ☆ 2 武田豊樹(茨城)
  ▲ 3 園田 匠(福岡)
×   4 稲村成浩(群馬)
○ ○ 5 小川真太郎(徳島)
    6 松岡貴久(熊本)
  ◎ 7 山賀雅仁(千葉)
  × 8 大森慶一(北海)
▲   9 鈴木竜士(茨城)

並び ←HA4 F8 D1 E3
※「Keirin.jp」による

G大森が「山賀君へ」のコメントで北日本・南関ラインとなり、こちらも想定通りの4分戦。BK本数メンバー中最多20本のH鈴木の事実上先行一車で、やはり残る3派が捲り合戦を繰り広げる構図か。鈴木がスンナリ主導権取りを決めれば、番手回るA武田の必勝パターンで◎印。前回・親王牌はA・F・7で準決敗退し、最終日・特秀戦は最終4角で落車。「以前に折った骨盤に傷みが出た」と、やや不安の残る前検日コメントを残した。しかし出る以上は、状態いかんに関わらず結果を残せる自信があると見たい。鈴木の積極駆けからライン上位独占まで期待だ。対抗はD小川を指名。前回・熊本GVin久留米は「エボリューション」で4着。その前は別府FTでA・2・Cと優参。「少しずつマシに」という現状だが、107期・同期の鈴木との対戦でテンションも“アゲアゲ”になれば、状態以上の力も出て来ようか。穴軸はF山賀。前回・函館FTはE・7・9と精彩を欠いたが、親王牌では3日目補充から2・3と、青森GV優勝の勢いを感じさせた。明日は鈴木・小川の主導権争いを誘って、混戦状態になれば得意の一発捲りが炸裂、好配レースを演出するか。松岡マークから強襲するB園田、逃げ粘り見せるH鈴木、山賀追走から伸びるG大森、同じく小川後位から一気に追い込む@橋本は2〜3着受けには必要だ。

<本線予想> 2=5 2=9 2→4 2→1
<穴予想> 7=5 7=3 7→8 7→2


《第12R S級初日特選》

本線 穴
◎ ☆ 1 浅井康太(三重)
○ × 2 山崎芳仁(福島)
× ◎ 3 長島大介(栃木)
    4 池田憲昭(香川)
▲ ○ 5 金子貴志(愛知)
    6 早坂秀悟(宮城)
☆ ▲ 7 金子幸央(栃木)
    8 北野武史(石川)
    9 池田 良(広島)

並び ←F3 4 EA 9 @58
※「Keirin.jp」による

4分戦かと思われたが、C池田憲・H池田良がともに「一人でやる」とコメントし、3分戦+単騎2車の構図になった。BK本数ではE早坂が10本と最多だが、F金子幸の先行意欲が上回るか。いずれにしても地元のD金子貴を引き連れて早目の仕掛けを見せそうな@浅井に◎印を付ける。親王牌は優参するも、決勝では清水裕の仕掛けを追い切れず見せ場なしの9着に終わった。しかし賞金ランクでのGP出場権はほぼ確保できたし、あとはGPに向けてどれだけ状態を上げていくかになる。地元地区GVの今節はステップレースとして恰好の舞台で、明日は先捲りからの押し切りに期待だ。対抗はA山崎。前回・千葉GVin松戸では@・@で迎えた準決勝で、仕掛けるタイミングを逸し、捲り追い込むも5着に終わり最終日欠場。ただその追い込んだスピードを見ても、状態は決して悪くなさそうだ。明日は、早坂の先導からコース見極めて突っ込むことができれば、十分アタマ争いまで加われそう。穴軸はB長島を指名。前回・親王牌は4・3・7・5と二予B惜敗。しかし縦横無尽の攻めができるのは魅力で、今後の飛躍も期待できそうな前回の内容だった。明日は、金子幸の主導権取りをアシストして、他派の巻き返しに抵抗できれば、ワンツー決着&好配提供も期待できそうだ。そのF金子幸の逃げ粘り、ホームバンクで浅井後位D金子貴の突っ込み、印は回らなかったがH池田良の総力戦も侮れない。

<本線予想> 1=2 1=5 1→3 1→7
<穴予想> 3=5 3=7 3→2 3→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184780633

この記事へのトラックバック