2018年09月22日

9/22 京都向日町記念GV・10〜12R「S級初日特選」 予想

今週のブログ予想は、今日(22日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、京都向日町記念(GV)の初日・10〜12R「S級初日特選」のトリプルヘボヘボ予想です。

★今回のブログは都合により、通常の9月21日(金)の配信ではなく、翌22日(土)午前の配信となりました。悪しからずご了承下さい。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●京都向日町記念GV・初日

《第10R S級初日特選》

本線 穴
▲ × 1 佐藤慎太郎(福島)
  ◎ 2 井上昌己(長崎)
○   3 金子貴志(愛知)
×   4 岩本俊介(千葉)
  ▲ 5 岩津裕介(岡山)
    6 三宅達也(岡山)
◎ ○ 7 菅田壱道(宮城)
    8 柴崎 淳(三重)
☆ ☆ 9 岡村 潤(静岡)

並び ←G3 C9 F1 A56
※「Keirin.jp」による

D岩津が「井上さんへ」とコメントし、想定通りの4分戦となった。徹底先行不在で、展開はライン先頭4車のハラ一つになるが、その中でもBK本数の多いG柴崎・C岩本のいずれかがカマシ気味の先行策となるか。ただ捲りに回りそうだが、イザとなれば先行も辞さないF菅田が相変わらず好気配で本命に推す。共同杯は1・6・2・8で二予A惜敗も、その二予Aで太田竜相手にHS先行を仕掛けるなど、気合い十分の攻めが目立った。先行策になっても、直線の短い向日町だけに、佐藤のガードを受けての押し切りも期待できよう。対抗にはB金子を指名。共同杯は一予敗退も、最終日に通算500勝となる1着で締め、今節につなげた。特選はその時と同様、柴崎という先導役がいる。ライン2車ではあるが、上手く柴崎をコントロールできれば、501勝目で選手キャリアとしての新しい一歩を踏み出すことになるか。穴軸にはA井上を指名。前回参加予定の函館ナイターFTは地震の影響で開催中止になり、さらにその前の高松FTは欠場。しかしその分、休養と練習に充てることができたようだ。特選はメンバー構成上、ハナから捲りに構えることができるし、後続が岡山勢ということで自分のタイミングだけに集中できよう。捲り返しが決まれば、好配必至だ。菅田番手から虎視眈々の@佐藤、仕掛け鋭いC岩本−H岡村の南関両者、井上マークから突っ込み見せたいD岩津は見逃すことはできない。

<本線予想> 7=3 7=1 7→4 7→9
<穴予想> 2=7 2=5 2→1 2→9


《第11R S級初日特選》

本線 穴
×   1 山田久徳(京都)
☆ ☆ 2 牛山貴広(茨城)
  × 3 堤  洋(徳島)
    4 成清貴之(千葉)
▲ ◎ 5 池田 良(広島)
    6 神田絋輔(大阪)
◎   7 清水裕友(山口)
  ▲ 8 杉森輝大(茨城)
○ ○ 9 村上博幸(京都)

並び ←@96 F53 4 G2
※「Keirin.jp」による

このレースはC成清が「一人でやる」とコメントし、3分戦+単騎1車の構図となった。BK本数メンバー中最多のF清水と、地元ラインとの先行ガチンコ勝負は避けられないか。しかし共同杯準Vの勢いそのままに、F清水が駆け抜けると見て◎印を付ける。自力型でありながら太田竜の番手を回るなど、共同杯はメンバー構成面でラッキーもあったが、それを結果に結びつけられたのは、ひとえに清水自身が成長しているから。特選は地元勢という強敵こそいるが、仕掛けるタイミング次第では、ライン上位独占まで期待したい。対抗はH村上。共同杯は4・3・4・3と準決敗退したが、状態は決して悪くなさそう。今節は、共同杯決勝で落車し、今節欠場を強いられた兄・義弘の分まで期待を背負うことになるが、今の状態なら前を任せる山田とのワンツーも夢ではない。穴軸はA池田。共同杯は4・6・3・4と二予Bで敗退。しかし負け戦2走は厳しいコース取りで着をまとめた。「状態は上向き」と話すなど気配は決して悪くないだけに、特選は清水の仕掛けをしっかり追走できれば、3番手・堤まで連れ込むことも期待したい。先行・捲り両面作戦で攻めるG杉森、その杉森マークから差し込み狙うA牛山、ライン3番手も持ち前のタテ脚で差し交わし注意のB堤、粘り脚見せたい@山田は、2〜3着押さえには絶対必要だ。

<本線予想> 7=9 7=5 7→1 7→2
<穴予想> 5=9 5=8 5→3 5→2


《第12R S級初日特選》

本線 穴
◎   1 三谷竜生(奈良)
☆ ◎ 2 園田 匠(福岡)
    3 小林大介(群馬)
×   4 近藤龍徳(愛知)
  ☆ 5 齋藤竜也(神奈)
    6 松川高大(熊本)
▲ ▲ 7 稲垣裕之(京都)
  × 8 山中貴雄(高知)
○ ○ 9 近藤隆司(千葉)

並び ←@F4 3 E28 H5
※「Keirin.jp」による

B小林が「単騎で決めずに」と話し、3分戦+単騎1車の構図。実質三谷の先行一車となり、他派が捲りに回る流れがセオリーか。そうなれば、番手回るF稲垣の現状に一抹の不安があり、@三谷の押し切りを中心に据えたい。共同杯は2・6・2・2と二予Aで敗退。しかし4走とも、GT覇者らしいレースぶりで、年末に向けて徐々に状態を取り戻しているのが見て取れる好内容だった。特選はまさに「地元番組」の典型となるメンバー構成だが、後続を気にしながらも、力強い踏み直しで逃げ切りも十分だ。対抗はH近藤隆。8・1・1・1となった共同杯だったが、一予の取りこぼしさえなければ優参級の内容だった。「前回よりは良いと思う」とのコメントを残しているだけに、向日町の皿バンクに脚を取られなければ、前団をひと捲りすることは決して難しくなかろう。穴軸はA園田。共同杯は1・8・6・4と二予A敗退となったが、展開負けだったこともあり、決して悲観する内容ではなかろう。「初日は37歳の誕生日。松川に祝儀もらう」と話すなど、リラックスした様子だったようだ。コメント通り、松川の惰力をもらって空いたコースを突っ込めば、好配は必至だ。近畿3番手のC近藤龍、タテ脚兼備のG山中、近藤隆マークのD齋藤は2〜3着押さえには当然必要だし、印は回らなかったものの好走した和歌山FTから中0日となるB小林にも食指が伸びる。

<本線予想> 1=9 1=7 1→4 1→2
<穴予想> 2=9 2=7 2→8 2→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
園田選手、お誕生日でしたか。
今日は見送るつもりでしたが、それなら買わないわけにはいきませんね。
Posted by コタカ at 2018年09月22日 14:37
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
園田選手、誕生日を1着で飾ることはできませんでしたが、鋭い突っ込みで3着。車券に絡むことができました。コタカさんのことですから応援車券で引っ掛けてたりして…
Posted by 山本D at 2018年09月22日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184482070

この記事へのトラックバック