2018年09月07日

9/8 岐阜記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(8日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、岐阜記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●岐阜記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 野原雅也(福井)
  ▲ 2 小松崎大地(福島)
× × 3 桑原大志(山口)
  ☆ 4 金子幸央(栃木)
○   5 松浦悠士(広島)
    6 吉田裕全(埼玉)
◎ ○ 7 志智俊夫(岐阜)
    8 内田英介(東京)
☆ ◎ 9 佐藤慎太郎(福島)

並び ←@7 C86 D3 A9
※「Keirin.jp」による

ライン構成は4分戦。展開は、ライン3車のC金子がいるが、BK13本の@野原が思い切って駆けるか。そうなれば番手回る地元・F志智にチャンスが巡ってくると本命視する。ベテランの域に達してからも長く活躍の志智だが、近歴もASで二予進出、小田原GVでは優参と存在感を出している。ただ意外に地元記念のVはまだで、気合入るところ。今節はA・Cとまずまずの勝ち上がりで、今日の優秀戦もゴチャ付いた展開を上手く捌いた。明日も威勢の良い野原が前で、優参のチャンスは十分だ。対抗はD松浦。前回・静岡FTは@・3・@で見事V。ASも3・4・4・4と着をまとめ、こちらも好調キープか。トリッキーな動き・捌きと、タテ脚の両面作戦が決まれば、展開いかんに関わらず突っ込めるのが松浦の特長。明日も今日と同様、かく乱作戦で位置確保しての直線強襲劇もあるか。穴軸はH佐藤。地元戦だったASは二予落ちも、C・5・2・3と負け戦で健闘。数揃った北日本の自力型の番手を常に回れるだけに安定した成績は当然だろうが、自身の好調によるところも大きい。明日は連携経験豊富な小松崎に前任せ。勢いもらって直線ズバッと突っ込めれば、意外な好配をもたらすか。@野原・A小松崎の残り目、B桑原の突っ込み、C金子の粘り脚も要注意だ。

<本線予想> 7=5 7=1 7→3 7→9
<穴予想> 9=7 9=2 9→3 9→4


《第11R S級準決勝》

本線 穴
× ◎ 1 神山拓弥(栃木)
▲   2 椎木尾拓哉(和歌)
  ☆ 3 坂口晃輔(三重)
    4 川口聖二(岐阜)
☆ ○ 5 和田真久留(神奈)
    6 中野彰人(和歌)
  × 7 山賀雅仁(千葉)
◎   8 南  潤(和歌)
○ ▲ 9 吉澤純平(茨城)

並び ←G26 H1 C3 D7
※「Keirin.jp」による

このレースも4分戦のライン構成。C川口・H吉澤もいるが、BK18本が光るG南の主導権取りは揺るがないか。今節の2走見る限り南のスピードは戻っていると見て、G南に◎印を付ける。ASは後続のアシストに恵まれなかったこともあって、7・4・9と案外な結果に。前回の久留米FTも3・4・1と優参を逃したが、3走とも最終BKを奪ったことで、何がしかの手応えをつかんだようだ。今節の2・2の勝ち上がりも、きっちり先行した結果のもので、状態への心配は払しょくされたか。明日は椎木尾がしっかり追走さえできれば、和歌山ライン上位独占まで期待したい。対抗はH吉澤。ASはH・9・3・7と二予敗退。自力・マークとレースごとに役割が変わったことで、動きにチグハグな所があったか。ただ今節の走りを見ると、調子はイマイチのようにも見える。明日は神山を従えての自力戦だが、イザとなればタイミングを計っての一発捲りで決着を付けるか。穴軸はその@神山を指名。ASは一予敗退も5・1・1・3と、負け戦3走で結果を残した。追込み戦もすっかり板に付いて、成績も安定飛行だ。今日の二予では伊早坂のジャン先行を活かして、きっちり差し切った。明日は連携実績もある吉澤マークだが、番手の仕事をこなせば差し交わしも十分。一発捲りならお任せのD和田、南番手は渡さないA椎木尾、スピードもらってさらに強襲見せるF山賀・B坂口にも食指が伸びる。

<本線予想> 8=9 8=2 8→1 8→5
<穴予想> 1=5 1=9 1→7 1→3


《第12R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 竹内雄作(岐阜)
○ ▲ 2 山崎芳仁(福島)
  ☆ 3 池田憲昭(香川)
    4 神田絋輔(大阪)
▲ ○ 5 北野武史(石川)
    6 中田健太(埼玉)
☆ ◎ 7 大槻寛徳(宮城)
    8 片折亮太(埼玉)
× × 9 東口善朋(和歌)

並び ←@594 G6 3 A7
※「Keirin.jp」による

B池田が「中近4人並ぶなら決めずに」と話し、3分戦+単騎1車の構図。G片折の積極策もあるが、やはりライン4車の厚みは何物にも代えがたく、@竹内のパワー先行優勢と見て、レースの中心に据える。ASは前年のリベンジ優参を果たすも、脇本雄の前に後塵を拝した。しかし勝ち上がり段階での力の差は歴然で、今節の@・Aもさすがのところ。明日は、片折が先行バトルの相手になるが、先行・捲りいずれになっても簡単に退けて優参決めよう。対抗はA山崎。前々回・福井GVで決勝3着と復調傾向だったが、地元開催のASは一予敗退。しかし9・1・1・4と負け戦の着をまとめて、今節につながる走りを披露した。今節はH・1の勝ち上がりで、今日の二予は恩田淳のジャン先行をBK捲りで一蹴。当地GVは相性が良く、65・66周年を連覇しているし、竹内の対敵として期待したい。穴軸には山崎マークのF大槻を指名。ASは6・7・3・1と一予敗退も4走目で白星。前々走・弥彦GV準決での落車が尾を引いたか。今節はG・1の勝ち上がりだが、今日の二予は小松崎の先行を十二分に活かした完勝だった。明日は山崎マークからだが、山崎不発なら持ち味のタテ脚含みの切り込み策で活路を見出すか。竹内番手D北野の差し脚は当然だが、中部3番手から突っ込むH東口、単騎戦だからこそ不気味なB池田にも注意を払いたい。

<本線予想> 1=2 1=5 1→9 1→7
<穴予想> 7=2 7=5 7→9 7→3


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
11レース、着よりは調子上向きとみていた南選手に乗る椎木尾からアタマで。番手大名のここは負けられないレース、期待を込めて。
2-8一本勝負と言いたいところですが、2-91-918は必要ですね。
Posted by at 2018年09月08日 09:21
すみません、名前 入れるの忘れてました。
10・12レースはパス、代わりに9レースの7-12は思い切りいけそうなんで そこを。
Posted by コタカ at 2018年09月08日 09:28
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
南は他の自力型からマークされている分、仕掛けるタイミングを逃したら、なかなか厳しいですね。これが上で戦っていくための試練なんでしょうね。
Posted by 山本D at 2018年09月09日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184363201

この記事へのトラックバック